CANDY GO!GO!、リリース記念ワンマン公演は熱狂のソールドアウト!そして8月、12月とバンドを従えたワンマンライブ連続開催を発表!

CANDY GO!GO!、リリース記念ワンマン公演は熱狂のソールドアウト!そして8月、12月とバンドを従えたワンマンライブ連続開催を発表!

活動を始めてから8年目。これまで何度もワンマン公演は重ねてきた。最近では、バンドを従えてのイベント/ワンマン公演も行い続けている。彼女たちが掲げた「IDOROCK」という言葉も、グループの意識の変化と共に意味も変わり始めてきた。前へ進むごと、誕生した当初といろんな面で変わるのは当たり前。夢を掲げ進み続ける以上、変化/進化しないことのほうが嘘になる。
4月8日(日)、CANDY GO!GO!はTSUTAYA O-NESTを舞台に、信頼出来るバンドメンバーを背負いワンマン公演を行った。この日は、会場/配信限定シングル『HONEY TRAP』の発売も兼ねていた。彼女たちがどんな想いを胸にステージに立っていたのか、その様をここに伝えたい。

彼女たちと一緒なら、僕らは強く生きていける。

『before daylight』の演奏に導かれ登場したメンバーたち、上がる歓声。演奏が激しく唸ると同時に、『ハイボールの制約』が飛び出した。ハートのエンジンを一気に回転させ、場内を埋めたファンたちを熱くけしかける彼女たち。パーティへの呼びかけに、ファンたちも昂る想いをぶつけていた。場内に響く拍手も、どんどん激しさを増してゆく。
爆発したい感情に火を付けようと、CANDY GO!GO!は『Yes-Yes-Yes』を歌唱。「もっともっと欲しいんだろ」と煽るメンバーたち。「強く生きろ」の歌声が、気持ちを熱く奮い立たせた。「どこまでもいける君となら」の言葉通り、彼女たちと一緒なら、僕らは強く生きていける。そのエネルギーを糧に、もっともっと気持ちを滾らせられる。
 軽快に走る演奏に合わせ突き上がる無数の拳。「もっとイケるでしょ」の煽りに触発され、さらに昂る声。胸が嬉しくはしゃぎだす『神様のイジ悪』の登場だ。間奏では、絶叫をぶつける観客たち。その声に対し、「こんなもんじゃないでしょ」と煽り返すメンバー。身勝手に感情をぶつけるんじゃない。一緒に士気を高めあってゆく。それがCANDY GO!GO!のライブ。「僕ら歌い続けるよ、終わらない歌を」。その言葉が、今日は嬉しく胸に突き刺さった。
セクシーに、でも激しさをまといながら、CANDY GO!GO!は『JACK!』を突きつけた。場内から沸き上がる熱した声と手拍子。前後に揺れるメンバーの動きに合わせ、フロアーでも大勢の観客たちが前へ後ろへと大きく波のように揺れ動く。「全員躍れー」の声に触発され、大きく手を振りはしゃぐ観客たち。今宵の祭り、凄まじい熱気を産み出しそうだ。

一緒に楽しい世界にワープしましょう。

                      
「人生初ワンマンをみんなと一緒に過ごせるのがとっても嬉しいです」(杉本莉愛)、「ステージ上では先輩も後輩も関係ないので、思いきり熱くぶつかっていきたいと思います。今日はみんなにHONEY TRAPを仕掛けちゃうぞ」(永瀬りか)、「今日は熱い気持ちでロックなライブをやりたいと思います」(高城しおり)、「CANDY GO!GO!としては10回目のワンマンライブになります。今までのCANDY GO!GO!の人生を賭けて楽しみたいと思います」(磯野未来)、「CANDY GO!GO!へ向けてる熱い思いは誰にも負けない。ラストまで駆け抜けたいと思います」(菜月アイル)、「今日ステージで初めて言いたいことがあります。リーダーのカリスマなぎさりんです。今日はここが世界て一番最高に楽しい。そんな空間をみんなで作っていきたいなと思います」(なぎさりん)。

「一緒に楽しい世界にワープしましょう」。なぎさりんの言葉を受け、明るく開放的な演奏に乗せ飛びだしたのが、カリスマシンガーなぎさりんがリードを取った『BORDERLESS』。いろんなしがらみも枠組みも取っ払い、一緒に無邪気な心で楽しもう。それが、CANDY GO!GO!の目指すボーダレスな音楽スタイル。それを示すように、大勢の人たちがはしゃいでいた。まさに、「人生に祝福を」な気分だ。
『ヴァイオレット』の登場だ。この歌は、気持ちを無邪気な少年少女に変えてゆく。共に眩しい輝きの中で戯れたい。同じ空の下、一緒に声を張り上げる、なんて心開放される瞬間だ。『ヴァイオレット』は、魂まで空へと連れだしてゆくようだ。

初めて出したオリジナルナンバーであり、今もCANDY GO!GO!のライブを支え続けているのが『そしてまた逢えると云うよ』。これまで以上に凄まじい熱を持った声が飛び交う場内。舞台上の6人も、ほとばしる情熱をダイレクトにぶつけ、この瞬間を忘れられない記憶の景色として描いてゆく。互いに求めあう、その関係は昔も今も変わらすに続いてきた。それは、これからもけっして消えないライブの風景だ。間奏ではメンバーがサークルを描き、くるくるとまわれば、フロアーにも巨大なサークルが誕生。おなじみの光景?!。でも、それを求めたくて、僕らはCANDY GO!GO!のライブへ足を運ぶのも事実。

今を後悔しないように、生きて。

 中盤には、アコースティックコーナーを設置。「みなさん、心から信じられる人はいますか。わたし、信じては裏切られを続けてきたことで、誰も信じられません。それでもわたしがCANDY GO!GO!のステージに立てているのは、この一瞬でも、私たちのことを信じてくれているみなさんがいるからです。今日はみなさんのことを信じようと思います。こんな弱いわたしでも、みんなには受け入れてもらえてる。そう信じて歌います。」(なぎさりん)
なぎさりんがアカペラ始まりで披露したのが、切ないバラードの『未練タランティーノさん』。「君なしじゃ生きられない」「泣いて過去を流せば変われるかな」「わたしに教えてよ、強くなる明日を」と、今の素直な気持ちを彼女は歌に乗せ届けてきた。
 その想いを受け継ぐように、なぎさりんは「夢の中今でも僕の声聞こえてますか」と『事件File.055』を歌いだした。信じて欲しい気持ちと、裏切られた中で抱いた想い。2曲を重ねながら、打ちひしがれ生きる意味さえ見えなくなる心や、絶望の淵にたたずむ気持ちを、今にも感情が壊れそうな歌声を持って響かせた。
その歌に対し、菜月アイルが返答するように「今を後悔しないように」「生きて」と『Borderless』を歌いだした。哀愁味を帯びた演奏の上で、菜月アイルもまた、壊れそうな気持ちをぐっと堪え、届かぬ人へ想いを届けようと、哀切な歌を優しく響かせてゆく。その声が、胸をギュッと締めつけた。
3曲の流れを通し、CANDY GO!GO!は強いメッセージを投げかけた。彼女たちは、隠していた心の傷に光を当て、改めて人として生きる意味を問いかけてきた。それが、今のCANDY GO!GO!の歌うべき姿勢だと伝えるように。菜月アイルの「生きたい」と繰り返し歌う声が、涙腺を痛く刺激し続けてゆく。最後の「愛してるよ」の言葉が、胸に悲しく染みてきた。

超悩殺チューン『HONEY TRAP』が誕生!!!!!!

セクシーさ満開なMVの上映に続いて、演奏は最新ナンバーの『HONEY TRAP』へ。メンバーらもセクシーな姿に着替え、満員の観客たちへHONEY TRAPを仕掛けだした。「CLUB CANDY」の開店だ。ファンキーでゴージャスなパーティ系ブラスロックチューンの上で、セクシー…どころじゃない、エロエロにモーションをかけてゆくメンバーたち。普段でさえ色気ムンムンなのに、ボディコン姿で妖艶にせまられちゃ、甘い誘惑に応じないわけがない。CANDY GO!GO!の中へ、超悩殺チューンが誕生。その魔力ぶりを存分に感じさせた色気ムンムンなステージングだった。
妖艶な流れを受け継ぐように、菜月アイルが熱唱。演奏は、ファンキーでパーティなダンスソウルチューン『JUMP×JUMP』へ。彼女たちの明るくも挑発的な煽りに触発され、フロアー中の人たちが大きく手を振り、宴の中で一緒に溶け合ってゆく。演奏が進むにつれ、上がるテンション。このまま熱狂のトラップにはめられたまま、イクところまで楽しくイッちゃいたい。

夢を信じてる彼女たちを、僕らもずっとずっと信じ続けている。

ふたたび衣装を戻し舞台へ戻ったメンバーたち。届けたのが、活動初期からずっとCANDY GO!GO!のライブへ、夢中ではしゃぐ熱狂の風景を作り続けてきた『Weare!!!!』だ。「いつまでもこの場所から輝き続けてるよ」の歌詞通り、彼女たちは、何時だってCANDYカラーと呼ばれるオレンジの輝きを守り続けてきた。この歌と一緒に、満面の笑顔で会場を沸かせてきた。もちろん今宵も、会場中の一人一人が大声を張り上げ、思いきり跳ねながら輝きを放っていた。
熱狂は加速してゆく。『絶対加速少女C』へ飛び乗り、声を張り上げ、嬉しく荒ぶる観客たち。その様へ、「もっともっと」と熱狂を倍加させるように熱くセクシーな煽りを重ねるメンバーたち。激しく一体化した興奮が、たまらない。滾る情熱がどんどん加速していく。互いにどこまでイキきれるか、嬉しい熱狂のバトルが、ここには生まれていた。
演奏は、一気に唸りを上げて駆けだした。凄まじい絶叫が飛び交う会場、『Cinderella Call』が、沸き立つ感情を熱く熱く滾らせる。熱した心のエンジンを、限界までアゲてくれ。もっともっと唸りを上げ、眩しい世界の中で一緒に騒ぎ続けたい。挑発するように歌い躍るメンバーたち。「わたしだけを見て すべてを注いで」、その歌詞通りの想いを、誰もが熱狂の声と拳に変え彼女たちへ捧げていた。「夢を信じてる」と歌う6人。そんな彼女たちを、僕らもずっとずっと信じ続けていく。その関係を途切れさせたくないからこそ、誰もが大声を上げていた。

「これからも、この6人で過去最高と呼ばれるCANDY GO!GO!を作っていきたいと思います。CANDY GO!GO!,守っていくよという決意の曲です。これからも一緒にCANDY GO!GO!を守っていきましょう」。なぎさりんの誓いの言葉に続き、最後にCANDY GO!GO!は『CANDY』を届けてくれた。数多くの出会いと別れを経験。約8年間の中、たくさんのメンバーやファンたちの卒業を彼女たちは見送ってきた。だからこそ「私たちは、みんながまた戻ってこれる場所を守り続けるから」と、この歌へ想いを詰め込んだ。彼女たちは、何時だってオレンジの光輝くこの場所で歌い続けてゆく。その強い決意を『CANDY』を聴くたびに感じ、胸が熱くなる。会場中の人たちが6人と一緒に歌い叫んだその声は、一緒にCANDY GO!GO!という場を守り続けると誓う約束の声にも聞こえていた。

1006個のパズルのピースの1000個は、君たちだから。

アンコールは、昂った気持ちをもっともっと明るく開放するように、ポップでキャッチーな疾走ナンバー『YOU』からスタート。彼女たちが、観客たちが、手にしたタオルを大きく振りまわし、場内に熱風を巻き起こす。『YOU』に触れていると、気持ちがカラッと晴れてゆく。いろんな心のわだかまりを、彼女たちの笑顔と晴れ晴れとした歌声が彼方へと吹き飛ばす。手にしたタオルを大きく振りまわし、軽快に弾む楽曲に合わせ、幸せの中へ無邪気に溶け込みたい。
 
 ここで大切なお知らせが。8月26日にTSUTAYA O-Crestで、12月25日には渋TSUTAYA O-WESTでバンドを従えたワンマンライブの開催が決定。さらに、暴走したなぎさりんが「過去最高動員を記録しながらも、目標としていた千人動員には届かなかった赤坂BLITZでのワンマン公演。今のCANDY GO!GO!のメンバーなら、この目標が達成出来ないわけがない。だから、TSUTAYA O-WEST公演の先には、絶対に赤坂BLITZでのリベンジ公演を行い千人動員を達成させたいです。みんなと一緒にこの夢を必ず叶えさせてください」と発言。これは、彼女が勝手に口走ったこと。でもCANDY GO!GO!のことだもの。TSUTAYA O-WEST公演が成功した先には、かならずや赤坂BLITZでワンマン公演を行うはずだ。そのためにも今年は、改めての勝負のためにも大切な年になるのは間違いない。

「また素敵なお知らせが出来ますように」と願いを込め、CANDY GO!GO!は『大切なお知らせ』を届けてくれた。とても開放的な楽曲だ。すべてのわだかまりを綺麗に消し去る演奏の上で、彼女たちは強い気持ちを胸に、開放的な歌声を場内へ響かせた。
先に誓った想いを現実に変えるには、まだまだ足りない欠片が今のCANDY GO!GO!にはたくさんある。その欠片を一つ一つはめ込みながら、彼女たちは約束の場にかならず立ってくれるはずだ。そのときまでに、どれだけ描く絵の欠片を埋められるか。もちろん、1006個のパズルのピースの1000個は、君たちだから。
 「世界一幸せな時間を本当にありがとう」。その声へ届けられたたくさんの拍手。その想いを感じながら、メンバーたちは『The Sun Also Rises』の演奏を背に、舞台を降りていった。

55年定年グループCANDY GO!GO!のように、まだまだ先の歴史は長いので、ご安心を。

止まない声を受け、三たびンバーたちは舞台へ姿を現した。最後にCANDY GO!GO!は『endroll』をプレゼント。会場中の人たちが、彼女たちと一緒にこの歌を抱きしめ、声を響かせ、共に作りあげた気持ちを分かち合っていた。「目指した道迷わずに突き進んでいくから」「手に込めた誓いどんなときも僕ら一つだってこと」。CANDY GO!GO!は、いつも僕らを求めている。僕らも、彼女たちの存在を求めて続けている。どちらかが欠けてもいけない。いや、欠けさせたくはない。オレンジの光の元へ集う幸せを知ってしまったら、あなたも一生CANDYSTだ。何度卒業しても構わない。彼女たちはずっとオレンジの光を守り続けている。だから、何時だってその光の元へ集まればいい。55年定年グループCANDY GO!GO!のように、まだまだ先の歴史は長いので、ご安心を。

TEXT:長澤智典

★INFORMATION★

NEXT ONEMAN LIVE
8月26日 TSUTAYA O-CREST
12月25日 TSUTAYA O-WEST

オフィシャルサイト 
http://one2one-agency.com/
CANDY GO!GO! twitter
https://twitter.com/onecandygogo

なぎさりん@Rin_rorigao
菜月アイル@aiaichan20
磯野未来@mikichi0223
高城しおり@sioritakazy0
杉本莉愛 @smile_riaivi
永瀬りか @rika_nagase                                  

CANDY GO!GO!
「HONEY TRAP」RELEASE ANNIVERSARY GIGS
 2018.04.08 / O-NEST
―セットリスト―
『before daylight』
『ハイボールの制約』
『Yes-Yes-Yes』
『神様のイジ悪』
『JACK!』
『BORDERLESS』
『ヴァイオレット』
『そしてまた逢えると云うよ』
『未練タランティーノさん』
『事件File.055』
『Borderless』
『HONEY TRAP』
『JUMP×JUMP』
『Weare!!!!』
『絶対加速少女C』
『Cinderella Call』
『CANDY』
-ENCORE-
『YOU』
『大切なお知らせ』
『The Sun Also Rises』
-W ENCORE-
『endroll』

About FDSM編集部 782 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。