手塚治虫原作『火の鳥』連載70周年記念・舞台化決定! 『猿女版 火の鳥~鳳凰篇~』 サルメカンパニー企画制作で7月18日(木)~21日(日)まで上演!

2018年に旗揚げし、平均年齢27歳ながら佐藤佐吉演劇賞2021では最優秀演出家賞を含む6部門受賞するなど活躍を続ける新進気鋭の若手演劇集団サルメカンパニーとハピネット・メディアマーケティングがタッグを組み、連載70周年を迎える手塚治虫の代表作にしてライフワークともなった『火の鳥』を舞台化。キャスト、その他詳細は5月上旬解禁予定!
※「塚」は旧字体が正です

株式会社ハピネット(本社:東京都台東区、代表取締役社長:榎本誠一、証券コード:7552)の子会社である株式会社ハピネット・メディアマーケティング(本社:東京都台東区、代表取締役社長:鶴丸智康)は、2024年7月18日(木)から21日(日)まで幹事として『火の鳥』連載70周年記念 サルメカンパニー特別公演『猿女版 火の鳥~鳳凰篇~』を企画・運営し、東京都豊島区の東京芸術劇場シアターウエストにて上演します。ぜひ劇場に足をお運びください。

1954年から連載され、時空を超えて存在する火の鳥を通して「生と死」・「輪廻転生」という哲学的な問題を深くえぐる『火の鳥』。その中でも奈良時代と呼ばれた8世紀の日本を舞台とし、二人の対照的な彫刻師の生き様を描いた『鳳凰篇』を連載70周年の今年、2024年に『猿女版 火の鳥~鳳凰篇~』として7月18日(木)から21日(日)まで東京芸術劇場シアターウエストにて上演することが決定しました。
脚本・演出はサルメカンパニーの石川湖太朗。サルメカンパニーは2018年に旗揚げし、平均年齢27歳ながら佐藤佐吉演劇賞2021では最優秀演出家賞を含む6部門受賞、旗揚げ5年目で東京芸術劇場 シアターウエストに進出し約1,400名を動員、また2024年上演の「文明開化四ッ谷怪談」では『日本の演劇人を育てるプロジェクト』新進劇団育成公演に選出されるなど活躍を続ける新進気鋭の若手演劇集団。2023年には東京芸術劇場シアターウエストにて、5周年記念公演『スウィングしなけりゃ意味がない』を上演し、約1400名を動員しました。今作は演劇界で大きな注目を浴びるサルメカンパニーとハピネット・メディアマーケティングがタッグを組み上演します。

★インフォメーション★

<タイトル>
『火の鳥』連載70周年記念 サルメカンパニー特別公演 『猿女版 火の鳥~鳳凰篇~』

<公演概要>
■公演期間:2024年7月18日(木)~2024年7月21日(日)

■劇場:東京芸術劇場 シアターウエスト
(〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1)
https://www.geigeki.jp/

■原作 手塚治虫『火の鳥』
※「塚」は旧字体が正です

■スタッフ
・脚本/演出:石川湖太朗(サルメカンパニー)
・企画協力:手塚プロダクション ※「塚」は旧字体が正です
・企画制作:サルメカンパニー
・主催:ハピネット・メディアマーケティング 他(予定)

■キャスト
5月上旬の発表を予定しています。

■チケット料金
前売り指定席:6,000円(税込)

■チケットスケジュール
5月上旬の発表を予定しています。

■公式HP:
https://hinotori-hmmstage.com/

■公式X(旧Twitter):https://twitter.com/salme_hinotori

■主催:株式会社ハピネット・メディアマーケティング

©猿女版 火の鳥~鳳凰篇~
©Salme Hinotori Houohen
©TezukaProductions

Share this...
Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook

About FDSM編集部 2364 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。