青山明日香(燃えこれ学園)の強い決意の言葉に胸を打たれた、「燃えこれ学園始業式&青山明日香生誕祭」公演。

燃えこれ学園が毎月、有観客とライブ配信で行っている「定期公演」。4月9日(火)に初台DOORで行ったのが、「燃えこれ学園始業式&青山明日香生誕祭」公演。ライブは、「ただいまより、燃えこれ学園始業式&青山明日香生誕祭を始めます。全員気をつけ、礼」と告げた青山明日香の声からスタート。この日は、青山明日香にとって、初の生誕祭。それを実感させる始まりなのも嬉しかった。フロアに詰めかけた広報委員たちの声援も、いつも以上に大きく聴こえる。

成田麻穂の「2024年度スタート、今年度もよろしくね。1曲目からHAPPYに行くよ~、『恋の魔法』」の言葉からライブはスタート。今年度より生徒から教師になった佐々木千咲子と成田麻穂が、燃えこれ学園の制服を脱いだ姿で歌い踊っていたのも印象的。そこに、一つの嬉しい変化も覚えていた。
続く『戦々恐々El Dorado』で彼女たちは、凛々しい歌声を魅力に、騒ぎたい広報委員たちの気持ちへ、気迫を持った歌声とパフォーマンスでさらに熱を注いでいった。一人一人の歌声から、熱い思いを覚えられたのも嬉しい。その声に煽られ、見ている側の気持ちもさらに熱くなる。『BRAVE』でも彼女たちは、凛々しい姿を見せ、熱情する広報委員たちの気持ちへ、さらに熱を注ぎ込んでいった。 熊野はるの「もっとー!!」と煽る声の迫力もインパクトが強ければ、この曲ではメンバー全員が熱情した気持ちで、ときにヘドバンをし、ときには力強く足を蹴り上げるなど、全身全霊で漲る思いをぶつけていた。
 
MCでは、一人一人が今年度の豊富を発表。まずは、Class Blue 先生‘s(ティーチャーズ)の3人が、「アラフォーアイドル界。いや、全アイドル界でNo.1になる 」(熊野はる) 、「日本一ぶりぶりな先生になる」(成田麻穂)、「追求 探求 日々修行」(佐々木千咲子)と。続いて「Class Yellow 生徒会」の3人が、「バズる」(三浦千鶴)、「無病息災」(仲川つむぎ)、「LEVEL UP」(蒼音舞)と宣言。なぜか制服姿ではなかった高未悠加を含めた「Class White」のメンバーと新入生候補生を加えた5人は、「Super Clear Mind」(山田みつき)、「努力を継続する」(稲森のあ)、「老若男女にモテモテ」(高未悠加) 、「楽しいことをたくさんする」(青山明日香)、「一心不乱」 (西崎琴音)と述べていた。

次のブロックは、「君と描いてく夢色ストーリー」と歌い始める『procyon』からスタート。一人一人が、歌詞に込めた夢を目指す思いをしっかりと噛みしめ、その先に見える景色へ向かって駆け出す気持ちを胸に歌っていた。この曲でもメンバーらの歌声が、胸の内に秘めた想いを力強く宣言するようにも届いていた。彼女たちが描く夢が、これからどんな風に物語を綴ってゆくのかが楽しみになる。
仲川つむぎの凛々しい歌声から始まり、稲森のあ、高未悠加と歌を繋ぎながら、彼女たちは『again』 を熱唱。新年度の始まりという理由も加味していたのか、この日は、どの曲でも歌声やパフォーマンスにひと際熱が漲っていた。続く『夢幻華』ても、空へ舞い上がる花吹雪のように華麗に舞い踊りながらも、その歌声からは、切なさを乗り越えて前を向く彼女たちの強い意志か伝わってきた。
高未悠加のチャーミングな歌声から始まった『ミラクる☆妄想がーる』では、カラフルに、軽やかに弾む曲の上で、メンバーたちがときめく思いを胸いっぱいに抱え、ドキドキしながら歌っていた。彼女たちは、曲が変わるごとに、その楽曲に似合う表情に自身の気持ちの色も変えて歌唱。その表現力の高さがあるからこそ、曲が進むごとに、いろんなページをめくるように一つ一つの曲世界へ夢中になれる。さらに、先輩’s(熊野はる・佐々木千咲子・成田麻穂・蒼音舞・仲川つむぎ)による『Melodious Revolution』では、5人が凛々しい表情と気迫みなぎる姿を見せ、広報委員たちの気持ちを熱く、熱く騒がせていった。
 
『BRAVE』と『again』は、3月にZepp DiverCity(TOKYO)で行った単独公演より青山明日香が参加し始めた曲。MCでは、その思い出も加味して選んだことを熊野はるが述べていた。
 
次からは、青山明日香の生誕祭のコーナーへ。ピンクのドレス姿になった青山明日香が、手紙を読み出した。

「今日は、生まれて初めての生誕祭。こうして開催できたこと、とっても嬉しいです。会場や配信で、一緒にこの生誕祭の時間を過ごしてくれてありがとうございます。わたしには、今日ここで伝えたい思いがあります。
夢だったアイドル、燃えこれ学園の新入生になって約半年、今までの人生とはかけ離れた出会いや、初めての経験をたくさんさせていただきました。ステージに上がることも、みなさんと過ごすことも、燃えこれ学園の一員として過ごすことも、何もかもに緊張して、正直、不安なときもいっぱいありました。でも、そのたびに周りの方の応援に励まされて、目の前のことをとにかく頑張ろうと過ごしてきた半年間でした。そして、3月13日には大きなテージに立ちました。そのあと、緊張が解けて、思うように動けなくなってしまい、少しお休みさせてもらったけど、3月13日のこと、たくさん思い出して「楽しかったなぁ」「幸せだったなぁ」と思いました。
これからのこともいろいろ考え、次の目標が出来ました。今日のライブで、わたしはソロ曲を歌えません。でも、こうして生誕祭を開催してもらえるだけで、とっても幸せです。でも本当は、「このステージでソロ曲が歌えたらいいのになぁ」と思います。だから、生誕祭が開催された4月度に、『procyon』の個人ジャケットを完売して、個人のMカードも完売して、それ以外のCDも、わたしをきっかけに燃えこれ学園の曲を聴いてくれる人を増やしたいです。そして、ポイントを達成して、ソロ曲を獲得したいです。これからは、先輩方の背中を見て「すごいなぁ」と思うだけじゃなくて、自分の力をつけて、本当の意味で自信をつけて、みなさんの前に立ちたいです。これが、わたしの次の目標です。
わたしはつらいときに、アイドルの存在にたくさん頑張る力をもらいました。だから、今度はわたしが笑顔を届ける、そんな存在になりたいです。夢が叶ってからも、今も、わたしが想像していた以上の夢みたいなことをたくさん経験させていただいています。こうして夢を叶えていられているのは、みなさんの存在があったからです。本当に、いつもありがとうございます。そして、いつもご指導してくださるみさ先生、最高のライブを一緒に作ってくださるスタッフのみなさん、たくさんお世話になりっぱなしの先輩方、夢を叶えるきっかけを与えてくれた理事長先生、大切な広報委員のみなさん。みなさんのおかげで、わたしはこうしてここにいて、夢を叶え続けられています。これからも、みなさんとキラキラとした景色をたくさん見たいし、見せられる自分でいたいです。明日香は、みなさんのことが大好きです(青山明日香)

青山明日香の手紙を受け、次のブロックは後輩’s(三浦千鶴・稲森のあ・高未悠加・ 山田みつき・青山明日香)による『Rise』へ。まだソロ曲がない青山明日香だが、この日は、後輩’sとして歌った『Rise』を、青山明日香のソロコーナーを味わう気持ちで楽しんでいた。君と一緒にドキドキワクワクとした冒険の旅に出ようと誘いかけるこの歌は、今の青山明日香自身の気持ちを代弁した歌としても響いてきた。さらに勢いを増すように、後輩’sはチャーミングな姿を魅力に「わたしが一番かわいいでしょ」とアピールをしながら『sweet darlin』を歌唱。この曲、フレッシュな魅力を放ち続ける5人に、とても似合う歌の制服だ。

メンバー全員が、ふたたび舞台へ集結。頭にピンクのリボンをつけた熊野はるの姿も印象的だ。「みんなの大好き~聞かせてね」(成田麻穂)の言葉を合図に、後半のライブは『すき!すき!好き!!』からスタート。「君が好き」と愛らしい笑顔で歌いかけるたびに、胸がキュンと鳴る。新入生候補生の西崎琴音を含めた11人のメンバーたちの華やかなパフォーマンスに触れていると、胸のドキドキが膨らみ続ける。間奏で「みんなのことが大好きだー」と口にした青山明日香の言葉も嬉しい。
その華やかな空気を、さらにゴージャスに、カラフルに彩るように、彼女たちは『ココハピ』を歌唱。今や『ココハピ』は、燃えこれ学園のライブに欠かせない、みんなで一緒にジャンプをしながらHAPPYな気持ちを分かち合う楽曲として着実に支持を集めている。
 メンバーみんなが胸に手を寄り添えて歌い出したのが,『Shiny Dream』。楽曲が勢い良く駆けだすのに合わせ、メンバーたちも前向きな思いを胸に元気よく駆けだした。心が弱っているときほど、この曲へ触れるたび、彼女たちと一緒に明日へ向かって踏み出せる気持ちになれる。そういう曲が多いからこそ、燃えこれ学園のライブに足を運び、夢と元気をチャージしたくなる。
 最後は、この日の主役の青山明日香の誕生日をみんなで祝福しようと、『お誕生日おめでとう』を歌唱。「明日香ちゃん、お誕生日おめでとう」の言葉を合図に、歌がスタート。曲中には、熊野はるからの「大好きだよ」の祝福の言葉が飛び出せば、いつもは後方のポジションにいる青山明日香だが、後半にはセンターへ。他のメンバーらから祝福を受けるように囲まれ、みんなと一緒に幸せを分かちあっていた。その姿に触れていたら、つい、嬉し涙を瞼に浮かべていた。歌い終わったときの、青山明日香の眩しい笑顔も、キラキラと輝いていた。

MCでは、メンバーらが一文字ずつ用紙に書いた「あすかちゃん大好き♡」の文字を翳しながら、青山明日香へ祝福の言葉を述べれば、その言葉を受けた青山明日香が、感激のあまり涙を流していた。印象的だったのが、青山明日香の成長をずっと見守り続けてきた熊野はるも涙を浮かべていたこと。「明日香に素敵な景色を見せてあげたいなと思って。もちろん、メンバー全員でたくさん素敵な景色を見ていきたい」と熊野はるが語っていた言葉も印象深く胸に届いた。

最後は,青山明日香の「校歌斉唱」の言葉を合図に、メンバーと広報委員のみんなで『校歌』を斉唱。素敵な新年度の始まりであり、青山明日香の生誕祭になった。次回は、4月23に新宿アルタKeyStudioで「1月度、2月度つうしんぼユニットSP!」を開催。こちらも楽しみにしていただきたい。

PHOTO:平島理
TEXT:長澤智典

★インフォメーション★

【定期公演(配信もあり)スケジュール】
4月23日(火)「1月度、2月度つうしんぼユニットSP!」(新宿アルタKeyStudio)
https://tiget.net/events/313299
5月14日(火)「佐々木千咲子生誕祭」(新宿アルタKeyStudio)
5月28日(火)「三浦千鶴生誕祭」(初台DOORS)

その他のライブについてはこちらをご覧下さい。
4月
https://ameblo.jp/moecoregakuen/entry-12845426173.html

voonにてグッズ販売!

ヴィレッジヴァンガード発のショッピングプラットフォームvoonにてグッズ販売中。
ピンバッジ、缶バッジ、スマホリング、うちわの4点が出品

グッズ購入はこちら
https://voon.shop/users/602c33a1-27bb-4b3c-9031-af0a331278f3

CD情報

New single「procyon」1000円
*限定全員サイン入り、限定個人ジャケットあり!
数量限定ダウンロードカード
『procyon』Mカード1500円

『Re-START』 1000円
*2000人の方へ「Re-START」CDお届け企画達成!
「Re-START」MV
https://youtu.be/RTDefcIO4R4

New!ソロSingle 1000円
「Happy♡Merry-go-round」(成田麻穂)
「Starry Sign」(佐々木千咲子)
「みらくる☆まじかる☆わんだーらんど」(高未悠加)

各種CDは、購買部よりお買い求め下さい。
https://movingexpress.syncsell.jp

TV/RADIO情報

・毎週火曜日 25:00〜放送中!
『燃えこれ学園成田麻穂のなりラジ』
放送局:FM那覇(78.0Mhz)
パーソナリティ:成田麻穂
※ラジオはアプリListenRadio等で、全国でもお聴きいただけます!

・毎月第3日曜日 20:00〜放送中!
『きらすま☆plus』
放送局:敦賀FM(77.9Mhz)
*のあとゆうかのわるがきっず反省会~ちゃんとして!~
パーソナリティ:稲森のあ、高未悠加
*ちっさ、つむつむの懐メロ想い出がいっぱい
パーソナリティ: 佐々木千咲子・仲川つむぎ
※ラジオはアプリListenRadio等で、全国でもお聴きいただけます!!

Moecoregakuen Tik Tok

燃えこれ学園【公式】毎日20時投稿!
https://www.tiktok.com/@moecoregakuen

燃えこれ学園 Web
http://moecore.com/
燃えこれ学園 X(twitter)
https://twitter.com/moecoregakuen
燃えこれ学園 BLOG
https://ameblo.jp/moecoregakuen/
燃えこれ学園 YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/moecoregakuen
燃えこれ学園さぶちゃんねる
https://www.youtube.com/channel/UCZnN9L9Apmp3I8M6VdibpQQ

セットリスト
SE
『恋の魔法』
『戦々恐々El Dorado』
『BRAVE』
MC
『procyon』
『again』
『夢幻華』
『ミラクる☆妄想がーる』
『Melodious Revolution』先輩’s(熊野はる・佐々木千咲子・成田麻穂・蒼音舞・仲川つむぎ)
MC
青山明日香・手紙朗読
『Rise』後輩’s(三浦千鶴・稲森のあ・高未悠加・ 山田みつき・青山明日香)
『sweet darlin』後輩’s(三浦千鶴・稲森のあ・高未悠加・ 山田みつき・青山明日香)
『すき!すき!好き!!』
『ココハピ』
『Shiny Dream』
『お誕生日おめでとう』
MC
『校歌』

Share this...
Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook

About FDSM編集部 2364 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。