「一人一人がドラマチックな人生を生きている」。Half time Old、2ndフルアルバム『発見と疑問』が、完成。メンバーが想いを届けてくれた。

昨年12月に発売した1stフルアルバム『人生の使い方』からちょうど1年ぶり、名古屋をベースに活動中のHalf time Oldが、12月6日(水)に2ndフルアルバム『発見と疑問』を発売する。

 アルバムへ収録した曲たちの特色。それは、鬼頭大晴の綴る歌詞の視点が「僕と君」から「僕と○○」へ一気に対象を広げたこと。そして、ポップさを活かしながらもエッジの効いた激しい音楽性を求めたこと。
ドラムの阪西暢は、「収録したすべての楽曲にオリジナリティがあふれているように、それぞれの曲の色や個性が強いせいか、楽曲をアレンジしてゆく中、一つとして同じ表情に仕上がることがなかった。結果、どれ一つとして曲の印象が重ならない。そこが大晴の作る曲の強み」と答えている。

同じく、ギターの小鹿雄一朗も「これまでの大晴の歌詞はいろんな捉え方の出来る内容が多かったけど、今回は彼の想いがわかりやすく伝わる。楽曲も同じアプローチが一つもないように、どの曲もクオリティが高ければ、1stフルアルバム『人生の使い方』以上にロック色の強い、激しめの楽曲が多くなったアルバム」と語ってくれた。

2ndフルアルバム『発見と疑問』の大きな特徴が、鬼頭大晴が日常の中で感じた疑問や、そこから導き出した自分なりの発見という感情や意志を、さまざまな楽曲へ記してきたこと。
「今回のアルバムを作る中、改めて音楽の存在と向き合った面はありました。『愛してるよ』に込めた想いは、まさにそう。この歌は人に対して「愛してるよ」と言ってるのではなく、音楽に対して「愛してるよ」と想いをぶつけた内容。

 『忠犬ヒト公』は、ライブハウスを中心とした活動を全国各地でやっていると、ライブ後に各地の箱の方々といろんなお話をさせてもらえる機会をいただけます。とある人は「上を向いて歩け」と言えば、別の方は「足元に気をつけろ」とまったく違い意見やアドバイスをしてくれる。Half time Oldのことを昔から定期的に見てくれている人の場合、印象が変わるたび、その時期に適したアドバイスをくれる。そうやっていろいろ気にかけてくださることが僕らとしては嬉しいことなんですけど。同時に、いろんなアドバイスがあるからこそ、自分でしっかり答えを出していけ、自分は自分なんだからとも考えさせられる。その想いを、ここには書き記しています。

 『アウトフォーカス』は友達らへ向けた歌。最近、10代の頃からの付き合いの友達と呑みに行く機会が増えています。各々がいろんな仕事をしていれば、日々の生活での悩みを僕に相談してくることも多い。そういう相談に乗りながら、「人にはいろんな生き方があれば、その一人一人がドラマチックな人生を生きている」という想いを言葉にしたくて書きました」

ただし、歌詞の解釈について鬼頭大晴は「『メイサイ』だって「これは恋愛の歌?、それとも何かを例えてる歌??」といろいろ想像が膨らむように、僕の書いた歌詞に関しては、聴いた人それぞれ自由に解釈し捉えて欲しい。それが音楽として一番良い形なんだと思います」とも答えている。

 アルバム『発見と疑問』には、前アルバム『人生の使い方』の冒頭を飾った、ライブでも支持の高い『シューティングスター(Piano Arrenge Ver)』をBONUS TRACKとして収録。小鹿雄一朗も「あのアレンジは、心をグッと泣き濡らしてくれるから大好きなんです。ピアノだけの演奏だからこそ、余計に歌詞が心へ染み込んでくるんですよ。これ、聞いてて「むっちゃいいな」と思ってました」と、かなりお気に入りの様子。

 自分たちの視野を広げたのは、もちろん。触れた人たちの心に、いろんな発見(気づき)と疑問、その先へ、自分なりの答えも見出してゆくのが2ndフルアルバムの『発見と疑問』。最期に、これからに向けた3人の言葉を記そうか。

「『発見と疑問』というアルバムは、ライブハウス向けというか、「もっと激しくライブで盛り上がっていいんだぜ」と誘いをかける作品になりました。このアルバムを通し、今まで以上に男性ファンも増えていくんじゃないかと期待しています」(阪西暢)

「「歌詞カードを読みながら聞いてます」と言う声が届くように、Half time Oldのファンは想いをしっかり受け止めてくれる人たちがとても多い。アルバム『発見と疑問』に収録した曲たちも気に入ってる歌詞ばかりのように、ひと文字ひと文字じっくり読みながら聴いてください」(鬼頭大晴)

「歌詞も目にして欲しいんですけど。耳に響く演奏だけでも気持ちが震え立つように、ライブで活きる曲たちが多いのもアルバム『発見と疑問』の特色なんですね。幅広い層の人たちに届くアルバムだからこそ、いろんな人たちに聴いて欲しいし、いろんな世代の人たちに広めてください」(小鹿雄一朗)

TEXT:長澤智典

★オフィシャルサイト・SNS★

Half time Old Web
https://www.halftimeold.com/
Half time Old twitter
https://twitter.com/Half_time_Old
Half time Old Instagram
https://www.instagram.com/halftimeold/

★CD情報★

KIRS1010_J_RGB
2nd Full Album「発見と疑問」
2017.12.6(wed)Release
2,300円(税込) / KIRS-1010
★CDのみ13曲入り(BONUS TRACK含む) 
1. アドホック
2. 『0』
3. 忠犬ヒト公
4. ハミングオンザストリート
5. メイサイ
6. LIFE LIFE LIFE
7. Attention please!
8. drop
9. 愛してるよ
10. 道
11. アウトフォーカス
12. 虹を目指して
13. シューティングスター(Piano Arrange Ver.) ※BONUS TRACK

★LIVE情報★

Half time Old「発見と疑問」リリースツアー
2018.02.01(木) [宮城県] 仙台enn 3rd
2018.02.15(木) [福岡県] 福岡Queblick
2018.02.16(金) [大阪府] 梅田Zeela
2018.03.28(水) [東京都] 下北沢SHELTER
2018.05.26(土) [愛知県] 大須 ell.FITS ALL(ワンマン)

●他、ライブ情報
11.28(火) [神奈川県] 横浜B.B.street
12.02(土) [愛知県] Act Against AIDS 2017 in NAGOYA
12.12(火) [大阪府] 梅田Zeela

★タイアップ情報★

M2『0』
テレビ東京「音流 〜ONRYU〜」12月度エンディングテーマ
テレビ愛知「a-NN」12月度 POWER PUSH

●Half time Oldがお送りするレギュラープログラム
「Half time Show」(「Find Out」内)
ZIP FM(77.8MHz) 毎週水曜日26:30-26:45
http://zip-fm.co.jp/program/halftimeold/

About FDSM編集部 588 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。