1,000 人の現地ファンが熱狂! アジア最大級のジャパンフェス「Anime Festival Asia シンガポール」 2 年連続出演の「イケてるハーツ」が示した日本アイドル世界進出の可能性 ~出演アーティストで唯一起きた「アンコール」の大合唱~

11 月25日(金)~27日(日)の3日間、シンガポールにて開催された、アジア最大級のジャパンフェス「Anime Festival Asia(以下、AFA)」にCHEERZアイドル枠として「イケてるハ
ーツ」が出演いたしました。
「イケてるハーツ」は昨年に続き、2 年連続の同イベント出演。今年も「AFA」に出演する、という情報がイベントオフィシャルHPに出るや否や、去年「イケてるハーツ」を観たシンガポール現地のファンから「楽しみ!」「待ってる!」「また今年も会えるのを楽しみにしている!」など喜びの声がメール、facebook を通して多数届くなど、1 年ぶりの彼女たちの凱旋は祝福ムード一色で歓迎されました。
3 日間のイベント期間中、「イケてるハーツ」は合計5 回のライブを披露し、その合間にはCHEERZ ブースにて現地ファンとの撮影会、交流などを行いました。
ブースは終始「イケてるハーツ」のファンはもちろん、シンガポールのファンから口コミで集まった来場者が集まり、常に人で溢れかえり、ライブには観覧エリアに収まりきらないほどの人が集まる大盛況ぶり。
3日目最後のライブ後には出演アーティスト中唯一会場からアンコールの大合唱が響き渡りました。

昨年「AFA シンガポール」に出演した際にはまだまだ研究生ユニットだった「イケてるハーツ」ですが、この時から地道に現地ファンと交流し、ライブを披露し、自身の存在をしっかりと植えつけた彼女達。その後も「CHEERZ」「Twitter」などを通して自身の活動を日本国内はもちろん、海外に対しても定期的に発信し続けた成果が今回の結果に繋がりました。

今年の「AFA シンガポール」に出演したアーティストの中にはキャリアも日本での知名度も「イケてるハーツ」以上の方々も多かった中、ライブ以外の時間で積極的に現地ファンとの交流の場を持ち、確実にファンを掴む活動を行えば圧倒的にファンを作れるという、日本のアイドルが世界に進出する可能性や方法を示した形となりました。

afa%e2%91%a3

今回のイベントでは「イケてるハーツ」の新曲タイトルが「ルミカジェーン」ということもあり、コンサート用光るスティック・ケミカルライトなどの製造・販売を行う株式会社ルミカが600 本のルミカライトの提供を行うなど、海外における企業とアイドルのコラボレーションも実現。株式会社ルミカのブースにて「イケてるハーツ」が撮影会を行うと、そこにも大勢のファンが詰めかけるという、日本のアイドルの持つ影響力もしっかりと証明する結果となりました。
海外のジャパンフェスにおける、「海外×アイドル」、「企業×アイドル」の成功事例を作ることに成功した「イケてるハーツ」そして、「CHEERZ」の今後にも是非ご注目ください。

About FDSM編集部 487 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。