Eggmanをソールドアウト!!。Chu’s day.のライブに触れていると心が輝いてゆく。明日へ向かって気持ちをキラキラ加速させていける!

チケットはソールドアウトを記録!!。9月25日(日)渋谷eggmanを舞台に、2ndアルバム『GLITTER』を手にスタートしたChu’s day.の東名阪ツアーのファイナルワンマン公演が行われた。

ドキドキどころじゃない、胸がバクバクするくらいの嬉しい衝動が止まらない。

心地好いビートを胸に響かせ『Hip Hip Hooray』が駆けだした。目の前に輝く光を手を伸ばしてつかみたい、そんな気分だ。弾む演奏に触れたとたん、ハートがドキドキと高鳴りだした。観客たちは、最初から手を高く振りかざし大騒ぎ状態。はしゃぎたくなる気持ちもわかるよ、ワクワクする想いが沸き上がるたびに声を上げずにいられない気分なんだもの。
気持ちへ熱気を注ぐようにChu’s day.は『HOT GIRL』を注入。ドキドキどころじゃない、胸がバクバクするくらいの嬉しさだ。演奏に触れている間中、衝動が止まらなかった。これから訪れる楽しい奇跡に期待が弾むあまり、心が思いきりときめき続けていた。
004

 「今日はみんなで一緒にキラッキラな一日にしましょう!!」。ERIの声を合図に流れたのが、『Lovesick girl』。スウィートでキュート、何よりキラキラと輝きを放つラブリーチューンなのがポイントだ。恋をしたときのドキドキとした胸の鼓動が、塊となって次々と溢れ出す感覚!?。高鳴る鼓動をもう抑えたくはない!!。
KEITAのドラムビートが一気に速度を上げだした。光を携え疾走する『ずっと…』が身体をシェイクさせてゆく。ERIの動きに合わせ、一緒に掲げた両手をずっとずっと揺らしていたい。バクバクとした胸の鼓動は、どんどん早鐘を鳴らしていた。

Chu’s day.は熱を持って心を潤してくれた。その感覚に、胸がキュッとはしゃいでいた。

「『GLITTER』には輝きという意味があります。私たちも輝いていきたい想いから名付けました。今日はみんなでたくさん輝いていきましょう!」

それまでの熱狂から、一変。Chu’s day.は想いを心に染み渡せるようバラード『この景色』を優しく歌いかけてきた。 サビから一気に速度を上げてゆくのも、気持ちの昂りとシンクロしているから?!。キュンと切ない歌なのに、身体は疼きを覚えてゆく。最後にしっとり歌声を届ける様も含め、Chu’s day.は熱を持って心を潤してくれた。その感覚に、胸がキュッとはしゃいでいた。
003
『淡い日』は、泣きのバラードソウル。ERIは壊れそうな想いへ寄り添うよう、言葉のひと言ひと言を心で受け止めては、噛みしめるように歌いかけてゆく。感情的なERIの歌声へ優しく、でも確かな存在感を持って音を寄り添わせる演奏陣。誰もが舞台上のメンバーの姿をジッと見つめ、いろんな場面を頭の中に映しては心を泣き濡らしていた。その気持ち、痛いほどわかるよ。

途切れることない楽しさに、ずっとずっと抱かれていたい。

「ここからは懐かしい曲をやっちゃおうと思います」。ライブは後半戦へ向け、ふたたび熱を帯びだした。『COUNTDOWN!』は、後ノリなビートが身体を揺らしていくハードでブギーなロックナンバー。低音の効いた演奏を通し、暴れるためのエネルギーがどんどん身体に充填されていく。あとは、踏み出す合図を待つだけだ!!
「まだまだ熱くなりたいよねぇ!!」。熱狂の口火を切ったのが、激しく躍動するChu’s day.流攻撃曲の『GAME』。炸裂した演奏に飛び乗り、会場中の人たちが雄叫びと一緒に頭上高く拳を突き上げてゆく。フロアーの熱気も急上昇。今は、ただただ興奮に溺れていたい。
005
KEITAのビートに合わせて起きた手拍子。「ここからダンスタイム行くよ、一緒に踊ってくれますか?!」。タンバリンを手にしたERIが♪ねぇねぇねぇ♪と呼びかけた。冒頭では、観客たちをAKARIチームとYU-NAチームに分け熱狂のエールを求めてゆく場面も。『ねぇ』が場内に描いた一体化した興奮のパーティ空間。軽快にステップを踏みながら歌うERIの表情がなんてキラキラ輝いていたことか。
 ときめきが、眩しい光を放ちながら駆けだした。歌詞の一節じゃないが、ハートビートが加速していく気分。キラキラとした青春模様を映し出した『Cycling』が、会場中の人たちを青春映画の主人公に変えてゆく。くしゃくしゃになるほど顔をにやけながら、誰もがタオルを振りまわし、熱狂の中で騒ぎ続けていた。
熱く高鳴る気持ちを「もっともっと」と煽るように、Chu’s day.は『Rocking shoes』をぶつけてきた。ドキドキとした熱を持って走り出した歌と演奏が、飛び跳ねずにいられない衝動を与えてゆく。明日をつかもうと宣言してゆく想いが、同じよう一緒に未来へ手を伸ばしたい気持ちに変えていく。会場を揺らす観客たちの雄叫びこそ最強のエールだ!!
熱狂した人たちをギュッと抱きしめるように、最後にChu’s day.は『GLORY DAYS』を届けてくれた。誰もが手にしたタオルを頭上高く振りまわし、熱を全身に帯びながら温かい歌に抱かれていた。途切れることない楽しさに、ずっとずっと抱(いだ)かれていたかった。

君が笑うただそれだけで、どんなハードルも超える力になる

「みなさんの心がほっとする場所や大切な人を想い浮かべながら聞いてください」。アンコールの一曲目は、アコースティックなスタイルで『心の魔法』を披露。KEITAのカホンの温かいリズムが、AKARIのお腹をズンと疼かせるベースが、YU-NAの繊細なアコギの音色が重なりあい、暖かさを持って観客たちを包み込んでゆく。016
人肌のような温もりを覚える歌だからこそ、『心の魔法』に触れている間中ずっと胸に安心を覚えていた。
 「この会場を愛でい~っぱいにしたいなと思います」。ERIの声に続いて披露したのが、『愛の光』。光へ向かって大きく手を伸ばしたくなる、そんなときめきとワクワクを。何より、明日へ歩む輝きを、この歌は与えてくれる。「君が笑うただそれだけで、どんなハードルも超える力になる」。場内中を包み込んだ♪愛の光♪の大合唱。楽曲が輝き放つのはもちろん、この歌に…いや、Chu’s day.のライブに触れていると、自分自身の心が輝きだす。だから、大勢の人たちがChu’s day.の下へ集いたくなる。
「輝く未来へ向かっていくために」。最後にChu’s day.は、グリッターな『Rush!!』をプレゼント。「輝いている未来」。その歌は、明日へ導く確かな心の羅針盤。それぞれ、どんな道を歩むのかはわからない。でも、ここに集った全員が、明日へ向かって心をキラキラと加速させていた。今夜も思いきり眩しかったよ、でも、しっかり瞼に、心に光を詰め込めたよ。ありがとね!!

2月26日に結成3周年を祝うワンマンライブ「Chu’s day. 3rd Anniversary ONEMAN LIVE RIBBON → 4 SHINING」を渋谷WWWを舞台に開催。

 Chu’s day.は、2月26日に結成3周年を祝うワンマンライブ「Chu’s day. 3rd Anniversary ONEMAN LIVE RIBBON → 4 SHINING」を渋谷WWWを舞台に開催する。さらに規模を広げ、Chu’s day.が4年目に向かってファンたちとの熱い絆を手に、どんな興奮と感動のライブを描いてゆくのか楽しみになってきた。

TEXT:長澤智典

★オフィシャルサイト・SNS★

Chu’s day. Web
http://www.chusday.net/
Chu’s day. twitter
https://twitter.com/chusday4?lang=ja

About FDSM編集部 866 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。