道玄坂69、新体位…ではなく、新体制お披露目ライブを開催。満員の観客たちが焦点した一夜!

ついに、この日が訪れた。5月1日(月)渋谷Studio Freedomに道玄坂69が新体位…ではなく、新体制お披露目ライブ、その名も「道玄坂69 新体制ワンマンLIVE」を行った。応援ゲストに登場したLOVE IZ DOLLが盛り上げた熱を、さらに火照らせるように、道玄坂69のライブはスタートした。

足を高く開脚するなど、メンバー一人一人が登場のたびに自己アピール。その姿に向け、フロアから飛び交うメンバーコール。そして…。フロア中から飛び交う熱狂のエールも合図に、ライブは『言っちゃダメだ』からスタート。愛らしい姿で「ギュッてギュッとして」と歌われた瞬間に胸がドキッとすれば、甘えた声で「言っちゃダメだ」と歌われるたび、無条件に心の中で「はい」と頷いてしまう。真っ白い新衣装姿に身を包んだ5人が、とても眩しい。彼女たちに甘えた素振りで歌いかけられるたび、気持ちが熱く疼けば、沸き立つ衝動を抑えられなくなる。
歌い終わり、フロアから「ありがとうございます!!」の声が飛び交うのも、道玄坂69のライブらしい。
5人で手を繋ぎながら舞台の上でサークルを作りだす。続く『Melty Kiss』も、道玄坂69のライブに甘い熱狂を描き続けてきた楽曲。一人一人が無邪気な仕種で歌いながらアピール。彼女たちの歌声に触れていると、ハートかメロメロにとろけそう。間奏でフロア中から飛び交ったMIXの声がひと際大きかったのも、5人の甘い誘いに照れた気持ちを隠すように声を上げていたからだ。落ちサビでは、フロア中にカラフルなサイリウムの光が揺れれば、終盤には、5人と一緒に元気いっぱい飛び跳ねる景色も生まれていた。その甘い口づけ、嬉しい毒だよ。

歌い終わり、「スゴいんだけど」と、満員の観客たちの姿を見て興奮を隠せないメンバーたち。

 『キミがくれたボクのLove Story』では、清楚なたたずまいで。でも、時折振りの中へセクシーなポーズも取り入れながらキュートにアピール。道玄坂69の楽曲やパフォーマンスは、どれもウブな女の子のかわいい恋模様を歌いながらも、その中へ艶めいた大人の色気を垣間見せる。その隠れた魔力に触れるほど、ハートがドクンと高鳴りだす。甘い甘いその姿に触れるたびに、もっともっと彼女たちのことが知りたくなるし、心に隠したその本音を覗いてみたくなる。「世界中のどんな誰よりもずっと君だけの虜さ」と歌うその言葉を本気で信じたくなるのは、メンバーたちが甘えた仕種で、さりげなく誘いかけてくるから??

一転、カラフルでファンキー/情熱的でラテンなダンスチューン『毒針』では、思いきりセクシーに、大人の魅力をふんだんに振りまいて見ている人たちの視線を釘付けにしながら、「このまま 抱いて抱いて抱いて 夜明けまで」と大胆に攻めてきた。舞台の上でセクシーな仕種を見せるたび、熱狂を指し示す気持ちの針がビンビンに跳ね上がる。熱情した5人の歌声とパフォーマンスに合わせ、一緒に振りを真似る人たちがフロアのあちこちにいたのも印象的だった。

「はい、せーの」のメンバーの声を合図に、フロアから飛び出すMIXや口上。『クリームソーダとCherry』を通してシュワシュワッと弾けた姿を見せながらも、彼女たちの魅力である甘い刺激は、この曲でもしっかりと生かされていた。彼女たちは歌っていた、「君のそばにいるだけでわたし笑顔になれるよ」「君に抱きしめられたら何かが弾けちゃうよ」と。その言葉、そっくりそのままメンバーたちに返したい。その姿に触れ、ときめきだした気持ちは止まらないどころか、暴走しっぱなしだ。 

「企画コーナー」では、朝日奈いちごが「王様ゲーム」を用意。最初に王様になった田中ぴあが、「みんなの好きなAVのジャンルを教えてください」と質問。「わたしはモフモフのニャンコのアニマルビデオが好き」と言ったのは、朝日奈いちご。でもフロアからブーイングがあったことから「潮でびしゃびしゃ系です」と訂正。心音あみは、「(AVは)見ないけど,人妻系が気になるなぁ」と発言。野苺れみは「レズもの、ホモものなどの同性愛系」。田中ぴあは「背の低い子好き」と発言。その言葉を受けた身長の低い神崎ゆまは、「妻子持ち、30歳設定で出した映像」と、みずからの映像の宣伝をしていた。
次に王様になったのが、朝日奈いちご。出した質問が「好きな生○○を教えてください」。朝日奈いちごは「生ビールと生牡蠣が好き」と発言。野苺れみは「馬刺し」。心音あみは「生クリームがちゅき♡」と、田中ぴあは「生の女子が好き」と。神崎ゆまは、「生チ○ポ、生マ○コでもいいよ」と発言していた。そこが、らしいじゃない。
次に王様になったのが、心音あみ。彼女が出したのが「4番の人のおパンチュがほしいな」の要望。4番のくじを引いたのが、野苺れみ。彼女は舞台の上で、メンバーに隠してもらいながら脱いだ、汗で濡れた白い紐パンツを心音あみにプレゼントしていた。
最後に野苺れみが、「この新体制、新衣装で残っているものは?」と質問。出てきたのが「新曲」の声。ここから、新曲の披露へと舞台へ繋がっていった。

届けたのが、新体制になった道玄坂69へ向けて作った新曲の『道玄坂的アイドル』。新体制になり、さらにキラキラとした輝きを増したメンバーたちに似合う、夢と希望に満ちた楽曲だ。今のメンバーたちの気持ちも、歌詞に投影。ここには、今現在の”ありののま”のメンバーたちが記されている。5人は、一緒に夢を描いてくれますかと、これからも仲間たちと一緒にみずからを輝かせたいと。同時に、私たちはキラキラとしたアイドルとして光っていますか?とも歌いかけてきた。憧れていたアイドルとしてのステージ。その舞台の上から、自分たちを求めてくれる最高の仲間たちへ「あなただけのアイドルになりたい」と笑顔のレスを送っていた。

最後に道玄坂69は、もっともっと輝いた自分になろうと『HIKARI』を歌唱。新体制になってからは、この日が初めての披露。他とは少し異なる特殊なスタンスを持って活動をしているメンバーたちだが、でも、アイドルとして夢を追いかける気持ちは、他のどんなアイドルたちにも負けない。その気持ちを胸に、彼女たちは夢を追い求める気持ちを『HIKARI』に乗せ、愛らしい姿で思いを届けてイッた。

アンコールもとい、道玄坂69では「プレイの延長」を希望する「延長コール」がフロアで起きる。メンバーが再度登場して、ふたたび『言っちゃダメだ』 『道玄坂的アイドル』を熱唱。その熱気を間近で感じながら、着実に、確実に、道玄坂69への期待とライブへ足を運ぶ指名数が増えていることを実感していた。

道玄坂69は、「ク○ニの日」こと9月2日に、渋谷チェルシーホテルで通算5度目のワンマンライブを行う。それまで、どれくらい多彩なテクニックを身につけているのか。当日、どの程度実戦してくれるのかを、今から楽しみにしていたい。

PHOTO:ミタビン
TEXT:長澤智典 

★インフォメーション★

9/2 (土)道玄坂69 5thワンマンLIVE💋
⭐️開催決定⭐️

🏩渋谷チェルシーホテル🏩
ク○ニの日
「アナタとホテルでイッていい?」
チケット代902円
※詳細後日

★セットリスト★

『言っちゃダメだ』
『Melty Kiss』
『キミがくれたボクのLove Story』
『毒針』
『クリームソーダとCherry』
『道玄坂的アイドル』
『HIKARI』
-ENCORE-
『言っちゃダメだ』
『道玄坂的アイドル』

★SNS★

https://dgz69.ryzm.jp/
https://twitter.com/dgz69

朝日奈いちご
https://twitter.com/ichigo_a1107
神崎ゆま
https://twitter.com/dreamxmirror
野苺れみ
https://twitter.com/_remi_noichigo
田中ぴあ
https://twitter.com/sod_pia
心音あみ
https://twitter.com/ami_cocone

Share this...
Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook

About FDSM編集部 2236 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。