燃えこれ学園、クラス替えや新入生候補生も加え、「2022年度始業式」公演を持って新学期をスタート。

燃えこれ学園が、月2回のペースで行なっている「ライブ配信」。4月5日(火)に行ったのが「2022年度始業式」。この日から、新入生候補生として佐藤順が加入。当日の模様を、ここにお伝えします。

 「2022年度」のライブの幕開けを飾ったのが、好きという気持ちを満面の笑顔で届ける「すき!すき!好き!!」。恋したときに覚える不安や臆病という気持ち。でも、それ以上に心の中を満たしてゆく期待に胸膨らむ思い。恋したときのドキドキは、新しい物事を始めるときの気持ちにも繋がるもの。燃えこれ学園の2022年度始業式の始まりに、この曲を持ってきたところが嬉しい。途中に登場するメンバーの告白シーンでは、當銘菜々が「大好きだよ」と照れた仕種で言えば、そこへ高未悠加が絡む姿も。そのやりとりも、微笑ましくも楽しい見どころだ。
「2022年度も恋の魔法をかけちゃうよ」の声を合図に、ライブは「恋の魔法」へ。序盤に彼女たちは、憧れの人をゲットしたい強い恋心を歌にした楽曲を並べてきた。恋をしたときに生まれる不安や心苦しさ。それ以上に、どんな困難さえも乗り越えられる強い勇気と自信。恋心が生み出す自分を輝かせる魔法を、彼女たちは「恋の魔法」を通して伝えてきた。新学期の始まりの日に、心ときめかせる歌へ立て続けに触れ、気持ちがにやけずにいれない。
強い意志を持って前へ進み続ける思いを、メンバーたちは「again」に乗せて伝えてゆく。彼女たちの歌声に触れていると気持ちが熱く奮い立つ。一人一人が、胸の内から沸き立つ熱情を力強い声で会場中に響かせていた。その姿に刺激を受け、同じように熱く奮い立つ思いをこの歌の間中ずっと感じ続けていた。
 
メンバー紹介のコーナーでは、【Class White】に編入した三浦千鶴が委員長に。蒼音舞と高未悠加も【Class White】に編入。【Class Yellow】には、成田麻穂と稲森のあが編入。新学期らしく、クラス替えも行われた。さらに、この日より新入生候補生として佐藤順もMCではステージに登場。まさに、新体制のスタートに相応しい光景だ。

 次のブロックは、明るい未来へ駆けだすように「Shiny Dream」からスタート。この日のメンバーたちは、「どんな遠くだって飛べる」と歌いながらみんなで手を繋いで飛び跳ねる姿など、歌に合わせいろんなアクションをしながら楽しんでいた。メンバー同士でわちゃわちゃはしゃぎ歌う姿からも、新しい始まりの時期を迎え、押さえられないワクワクした気持ちが伝わってきた。
 「タイムレシーバー」では、躍動する楽曲の上で、メンバーたちが「届いて」と美しくも力強い歌声を響かせる。メンバーたちがハンドマイクを力強く握り、高らかに声を上げるたび、迫力ある歌に心が強く引き寄せられる。まさに、観ている人たちの心を釘付けにする楽曲だ。
続く「Lost in Time」でも、メンバーたちの想いをこめて力強く歌う声から耳を離したくなかった。「僕らが描く未来の地図が 真っ白な世界に色をつける」の歌詞のように、彼女たちの歌声が、観ている人たちの気持ちにも、明日へ突き進む勇気という色を塗ってくれた。
 成田麻穂の愛らしい歌声から始まった「風と君と虹と僕」では、メンバーらが手にしたタオルを振りながら歌う姿を見せてゆく。この曲中では、メンバーどうしで無邪気に戯れる場面も登場。サビで、メンバーと観客たちが一緒にタオルを大きく振りまわし、気持ちを一つに重ねあう姿も印象的。
愛らしい表情から一瞬で色を塗り替えるように、彼女たちは凛々しい歌声とパフォーマンスを魅力に、観ている人たちの視線を引き寄せる。力強さの中へ艶やかさを加えてゆく面も、「夢幻華」を通して見せる彼女たちの魅力だ。

MCでは、新しいクラス編成になったことに嬉しい驚きを覚え、その感想を書き込んでくれたファンたちのコメントを紹介。さらに、わくわくしているメンバーたちの言葉も伝えていた。

お馴染み、三浦千鶴の「クラップいくよ」の声を合図に歌ったのが「明日へ」。爽やかな歌の風が、心に吹き込む気分。「明日へ」に触れていると、彼女たちと一緒に眩しい青春の景色の中へ飛び込み、夢描いた明日を見つめていたくなる。彼女たちが笑顔で駆けだす姿についていきたくなる。
まだまだいろんな制約や制限があるとはいえ、ようやく目の前でライブを見れる環境が戻ってきた。会いたくても会えない気持ちを歌った「オルゴール」を、彼女たちを目の前にして味わえるのが嬉しい。胸に抱いた想いをぶつけるように歌う表情を、その場の空気を通して見れるのが本当に嬉しい。
ここで、當銘菜々が、「Re-START」2000人の人へのお届け企画で目標の2000人に達成したことへの感謝の想い、引き続き、武道館という目標へ向かって走り続けることを宣言していた。
クラス編成も変わり、新入生候補生も入り、始業式を迎えたこの日より、燃えこれ学園は新体制でスタートを切った。新しい始まりの日に、改めて夢に向かって走り続ける気持ちを伝えるように、彼女たちは「今が明日へのスタートだから」と力強く「Re-START」を歌っていた。「どんなに高い壁も跳べるんだ」と歌いながら、気持ちを奮い立たせる姿を見せていた。
 最後に歌ったのが、「ミラクる☆妄想がーる」。この曲に触れるたび、胸がキュンキュンときめきだす。お馴染み”そろそろMIX”のコーナーでは,佐々木千咲子が傘を用いて紙風船をくるくるまわせば、成田麻穂がランドセル姿で、當銘菜々は大きな鯛のマスクを付けて舞台に登場。最後に、みんなで「シェー」とポーズも決めていた。「ミラクる☆妄想がーる」では、いろんな遊び心を持ったパフォーマンスを彼女たちは見せてゆく。それを観るのも、毎回のライブの嬉しい楽しみだ。落ちサビでは、巨大な鯛のマスクを熊野はるがかぶって歌う場面も。その姿も、この曲の楽しさを倍増させるスパイスになっていた。

ここで、全国を舞台に「Re-START TOUR 2022」を1年間かけて行うことを発表。しかも前期ツアーファイナル公演を9月に新宿ReNYで300人動員を目標に行うことも報告。最後は、お馴染み「校歌」を斉唱。この日の公演より、歌割りやフォーメーションもいろいろと変化。そこにも、注目して今後のライブを観ていただきたい。
次のライブ配信は、4月20日(水) 「燃えこれ学園配信ライブ つうしんぼランキングユニットSP!2022年2月度〜3月度公演」。こちらも楽しみだ。

PHOTO:平島理
TEXT:長澤智典

燃えこれ学園 無料LIVE配信 2021年度終業式
(無料の動画5/8まで公開中)
https://www.youtube.com/watch?v=AX0oOPBTaDU

配信ライブスケジュール
4月20日(水)「燃えこれ学園配信ライブ つうしんぼランキングユニットSP!2022年2月度〜3月度公演」
https://tiget.net/events/177324
5月17日(火)「三浦千鶴生誕祭」
5月24日(火)「佐々木千咲子生誕祭」

「燃えこれ学園 Re-START2022TOUR~Get over the wall~ in 宮城」
2022年4月24日(日)
『TOHOKU IDOL FESTIVAL!!~春宴Mini ’22~』
場所:仙台勾当台公園 野外音楽堂
観覧無料
出演時間:
①13:35~13:50 ②18:05~18:20
特典会:①13:55~14:45 ②18:25~19:15

『オルゴール』 1000円
購買部よりお買い求め下さい。
https://movingexpress.syncsell.jp

オルゴール LIVE PV
https://youtu.be/e-joK_2lbtA

『燃えこれ学園なぁなり〜ラジオ』
・毎週火曜日 25:00〜放送中!
放送局:FM那覇(78.0Mhz)
パーソナリティ:成田、當銘
※ラジオはアプリListenRadio等で、全国でもお聴きいただけます!!

2000人の方へ「Re-START」CDお届け企画達成!
《CD通販サイト》
https://movingexpress.syncsell.jp/re-start-%e7%87%83%e3%81%88%e3%81%93%e3%82%8c%e5%ad%a6%e5%9c%92/

「Re-START」MV
https://www.youtube.com/watch?v=RTDefcIO4R4&feature=youtu.be

燃えこれ学園校外学習 @ http://Akiba.TV
番組URL:http://youtu.be/WHmIPXzR0mo

燃えこれ学園 Web
http://moecore.com/
燃えこれ学園 twitter
https://twitter.com/moecoregakuen
燃えこれ学園 BLOG
https://ameblo.jp/moecoregakuen/
燃えこれ学園 YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/moecoregakuen
燃えこれ学園さぶちゃんねる
https://www.youtube.com/channel/UCZnN9L9Apmp3I8M6VdibpQQ

セットリスト
SE
「すき!すき!好き!!」
「恋の魔法」
「again」
MC
「Shiny Dream」
「タイムレシーバー」
「Lost in Time」
「風と君と虹と僕」
「夢幻華」
MC
「明日へ」
「オルゴール」
「Re-START」
「ミラクる☆妄想がーる」
MC
「校歌」

Share this...
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook

About FDSM編集部 1898 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。