新生UPローチによる記念すべき初のMVが完成! ~1代目UPローチから引き継がれている”名曲「ドキドキLOVE」のMVが遂に公開された!~

UPローチは2020年春に予定していたデビューライブが新型コロナウイルスの影響により白紙に…。
アイドルとして1人でも多くの人に笑顔と元気を届けたい、ピンチをチャンスに変えたいという思いで厳しい状況にも屈せずCFに挑戦し200万越えを集め無観客配信でのデビュー、そして今回の「ドキドキLOVE」のMV作成に繋がった。

【公開URL】

【MVの注目ポイント】
個人シーンです!メンバー全員それぞれ違うテーマですが、共通してるのはみんな誰かに恋をしていることです!
電話をしたり、手紙を書いたり各メンバーの好きな人になった気持ちで注目してほしいです!!(森川すみ)

今回のMVの注目ポイントはメンバーの一人一人が好きな人を思いながら色々なシュチュエーションをしているシーンです。みんなとっても可愛く、服や髪の毛もセットしてもらっているのでそこのシーンをぜひ注目して見てもらいたいです!(近藤亜沙)

【ドキラブMV制作にあたり】

・今回こうしてドキドキLOVEのMVが作成できたのは、クラウドファンディングで協力してくださった皆さんのおかげです!デビュー前だったにも関わらずたくさんのご支援を頂き本当にありがとうございます!!皆さんがいたから作ることができたMVです。それを忘れず大切にしていきます!
(森川すみ)

・クラファンがデビュー前から始まり、まだ会ったこともなく、ライブすら見たことない私たちにたくさんの人が期待をしてくれて、応援をしてくれて、そのお陰でドキドキラブの本当に素敵なMVを作成することが出来ました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
MVが公開されたときも多くの人が反応をしてくださって、とってもとっても嬉しかったです!(天宮瑠那)

・MV制作ができたのは、デビューもまだしていなかった私たちにも関わらず、応援してくださるたくさんの方々がいたからこそできたことです。UPローチの代名詞であるドキラブのMVができるのはとても嬉しいことだし、さらにまだアプロを知らない方にも知って頂く良いチャンスになればいいなと思います。
(藤井聖羅)

【撮影で印象に残っている事】
ソロカットで服を着てお風呂に入って撮影をした事です!
中学校の着衣泳の時以来の感覚が蘇ってとても不思議な感覚で楽しかったです!(立花紗知)

・個人シーンのセットです!7人分のセットがあって、全てほんとに可愛くて住みたくなっちゃうようなセットでした!(森川すみ)

・差し入れで貰ったさくらんぼ1キロを一瞬で食べ終えた事….アプロの食欲最強です(森川まな)

【今後の意気込み】
これが新生UPローチ初のMVです。このMVを作成できたのもCFに協力して下さったファンの方々のおかげです。
そして、このような情勢の中アイドルとして活動できているのは応援してくださる皆さんがいるからです。
一人一人への感謝の気持ちを忘れず、UPローチとして成長して、もっともっと大きなグループになってみせます!これからもずっと見ていてください!(汐見茉莉花)

【メンバー詳細】
名前:森川すみ(18歳)
担当カラー:赤色
ニックネーム:すみちゃ
Twitter⏭@uproach_sumi

名前:森川まな(18歳)
担当カラー:ピンク
ニックネーム:まなちゃん
Twitter⏭@uproach_mana

名前:天宮瑠那(19歳)
担当カラー:白色
ニックネーム:るなち
Twitter⏭@uproach_luna

名前:近藤亜沙(14歳)
担当カラー:黄色
ニックネーム:あさちゃん
Twitter⏭@uproach_asa

名前:汐見茉莉花(19歳)
担当カラー:オレンジ
ニックネーム:りっか
Twitter⏭@uproach_marika

名前:立花紗知(18歳)
担当カラー:水色
ニックネーム:さっちゃん
Twitter⏭@uproach_sachi

名前:藤井聖羅(20歳)
担当カラー:パープル
ニックネーム:せいら
Twitter⏭@uproach_seira

【STAFF】

Director:Yuma Hirai
Cinematographer:Yuma Hirai
Art Director:Q.I
Choreographer:kana
Stylist:Riho Kanamoto
Hair&Make:Setsumo Aoki

Producer:kana

SpacialThanks:plus.inc
CFにご支援下さったファンの皆様

Share this...
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook

About FDSM編集部 1799 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。