みんなのハートを釣り上げろ!!!! りあくしょんバイト、赤羽ReNY alphaで1周年ワンマン公演の開催が決定。新メンバーの募集も開始。

日を増すごとにイベントへの出演も増加。釣り師としても大海へと船出をし、腕を磨いては、釣果をYouTube上にアップ。他にも、定期的にビーチクリーンの活動を行うなど、”アイドル道/釣り道”と2つの道を究めるべく精力的に活動中、「釣りドル」ことりあくしょんバイト。1月に行ったワンマン公演を成功させたことで、メンバーたちも自信を得れば、その輝きに釣られてファンになる人たちが、少しずつだが、確実に増えている。

経験を重ねることで相手の嗜好を予測、釣果数も増えれば、次第に狙う魚の規模も大きくなりだしているのと同じように、ライブでも、観客たちの心理を読み取り、親しみを覚えるアイドルになることを目指し、フロアにいる人々の視線を釣り上げて(惹きつけて)いるのが、今の彼女たち。むしろ、計算高くなれず、必死に食らいついているのが今のメンバーたちの姿であり、その必死さにエールを送る人たちが増えてきたと言ったほうが正解だ。

りあくしょんバイトが、活動を宣言したのが昨年7月の”海の日”。あれから1年後となる7月15日に、彼女たちは、赤羽ReNY alphaを舞台に1周年を祝うワンマン公演を行う。それが、以下の内容だ。

[日程] 2024年7月15日(祝)
[会場] 赤羽ReNY alpha
[タイトル] 釣れるまで帰りませんっ
[出演] りあくしょんバイト

現状では、赤羽ReNY alphaを埋めるには厳しいだろう。でも、果敢に挑むことで釣りの技術が磨かれれば、人の心を揺さぶる力を持てることを知った彼女たちは今、「フロアを満員の人たちにして、次々とハートを釣り上げてやる」と誓い、Sold Outを目指して精力的に動きだした。

そして、新メンバーの募集も…。

「りあくしょんバイトを、もっと魅力的なグループにしたい」。その思いを持った彼女たちは、グループへ新たな仲間を迎え入れようと決意。このたび、「りあくしょんバイト、新メンバー募集」を行うことを決めた。条件は、ただ一つ。「”アイドル” と”釣り”、二つの活動へ夢中になれる女性」であること。彼女たち自身が未経験からアイドル活動もアングラー(釣り人)としても始まっているので、気持ちさえあればOK。4人の垂らした誘いの釣り餌に食らいついてほしい。

一人前のアイドル/釣り師になるために頑張っている、りあくしょんバイトの4人。その動きに、ぜひ注目していただきたい。

TEXT:長澤智典

★インフォメーション★

★ライブインフォメーション

[日程] 2024年7月15日(祝)
[会場] 赤羽ReNY alpha
[タイトル] 釣れるまで帰りませんっ
[出演] りあくしょんバイト
[時間] OPEN 17:30 / START 18:00
[チケット]
■先行優先チケット 2,500円(D代別)
特別メモリアル仕様
※4月よりイベント会場物販にて発売開始

■一般チケット
[前売] 男性 2,500円(D代別) / 女性 1,000円(D代別)
[当日] 3,000円(D代別)
※Tigetにて5月1日より一斉発売開始
https://tiget.net/events/310845

最新イベント情報
●4月08日(月) 原宿RUIDO(ゑどっこらいぶ)
●4月14日(日) LIVE予定_都内某所
●4月15日(月) 原宿RUIDO(ゑどっこらいぶ)
●4月20日(土) ビーチクリーン(RB単独)
●4月21日(日) LIVE予定_都内某所
●4月24日(水) LIVE予定_都内某所
●4月27日(土) LIVE予定_都内某所
●4月28日(日) LIVE予定_都内某所
●5月05日(日) 釣りイベント予定_茨城県某所

★この度、りあバイをよりパワーアップさせるため、新メンバーを募集する運びとなりました!
[特設サイト]
https://r-bite.com/new-member/

SNS
HP: https://r-bite.com/
X: https://twitter.com/RxB_official
YouTube: https://www.youtube.com/@r-bite

★MV
りあくしょんバイト – 恋はバーブレス
https://www.youtube.com/watch?v=n3I6tmnoe-s

りあくしょんバイト – Hello Hello My Dream
https://www.youtube.com/watch?v=H3U1yp6r38A

Share this...
Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook

About FDSM編集部 2341 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。