2024年1月、伝説のサブカルイベントが一夜限りの復活!! s-ken(エスケン)のカメレオンナイトがイーストリバーサイドに上陸!

音楽プロデューサー、歌手、ソングライター、著作家、DJなど多くの肩書きで知られるs-ken
(エスケン)が年始に向けて大きく動き始めた。
80年代から90年代にかけて東京、大阪のクラブシーンを席巻し、血湧き肉躍るバブル時代の饗宴と称されるs-kenプロデュースのクラブイベント「エスケンのカメレオンナイト」が35年ぶりによみがえる事になったのだ。
イーストリバーサイドカルチャー勃興のスタート地点とも言われる、築100年の歴史的建造物をリノベーションしたゴージャスなホテル「HOTEL K5(ホテル ケーファイブ)」(中央区日本橋兜町3-5 K5 B1)の地下に入ったB by the Brooklyn Breweryで、クラブジャズとラテンムーブメントの一夜が復活する。

開催日は2024年1月21日(日曜日)。s-ken自身の77回目の誕生日(1月17日)を控え、豪華な出演者達が結集する。
当時を知る人は勿論、新しい価値観を探している若者達にもオススメだ。
s-kenは75歳にして最近はEGO-WRAPPIN’の森雅樹氏等と新ユニット“s-ken & far east sessions”(エスケン&ファーイーストセッションズ)を結成するなど更に活動を活発化させており、高齢化社会などものともしない勢いは同世代ならずとも見習いたいところだ。

エスケンのカメレオンナイト2024
s-ken presents chameleon night 2024
(S-KEN Birthday Anniversary)
2024年1月21日(日曜日)
open 6:00PM start 6:15PM~9:15PM

80年代から90年代にかけて東京、大阪のクラブシーンを席巻したs-kenプロデュースのクラブインベント、35年ぶりによみがえる血湧き肉躍る饗宴。

「HOTEL K5」B by the Brooklyn Brewery(中央区日本橋兜町3-5 K5 B1)
https://k5-tokyo.com/
tel 03-6661-0616
イーストリバーサイドカルチャー勃興のスタート地点、築100年歴史的建造物をリノベーションしたゴージャズなホテルの地下、クラブジャズとラテンムーブメントの復活。

予約:¥3000 メール予約 yoyakusken@gmail.com
当日:¥3500
ドリンク¥650より(電子マネー、PayPay、Suica、クレジットカードなど)

 

出演

◎東京パノラマ マンボ ボーイズ
(コモエスタ八重樫、ゴンザレス鈴木、パラダイス山元)

 
◎ミス キャバレッタ(バーレスクダンサー)

 
◎高宮永徹(DJ Flower Records)

 
◎森雅樹(DJ EGO-WRAPPIN’)

 
◎原田芳宏(スティールパン)

 
◎佐野篤(ベース&etc)

 
◎aco (トライバルフュージョンベリーダンサー)

 
◎s-ken&小林創(歌&ピアノ)

 

 

エスケンのカメレオンナイトについて。

(1)東京のクラブシーンの創成期の代表的拠点のひとつ“インクスティク六本木”からs-kenが依頼を受けてスタート。1989年7月にクローズする際にはファイナルイベントとして3日間、“エスケンのカメレオンナイト、サラバ!六本木インク”で締めることになる。以後、1995年8月までs-kenのイベントプロデューサーとしての伝説的代表作になり6年間も続くことになる。

(2)“インクスティック芝浦ファクトリー”をホームベースにした“TOKYO SOY SOURCE”からはじまったバンドとDJによる共演スタイルをベースに、音楽だけでなくジャンルを飛び越えダンズ、パントマイム、マジックから伝統芸能、大道芸までとりこんだ前代未聞のクラブイベントとして大阪でも開催、同名のラジオ番組まで制作された。
また同時期、クラブシーンでもサルサ、ブーガルー、マンボなどラテン・ミュージックをブレイクさせるべく“エスケンのカメレオンナイト”のラテン特集の番外編として“東京ラテン宣言”と題したイベントも立ち上げ脚光をあびた。

(3)開催場所
六本木インクスティク、インクスティック芝浦ファクトリー、Jトリップバー、恵比寿ファクトリー、DJバーインクスティック 、クラブチッタ川崎、青山CAY、インクスティック鈴江ファクトリー、パラノイア(大阪)、後楽園ルナパーク、Oh!ゆれOSAKA(大阪)など。

(4)参加アーティスト
s-ken & hot bomboms、Original Love(オリジナル・ラブ)、上々颱風、小野リサ、窪田晴男、OTO、オルケスタ・デ・ラ・ルス、ピチカートファイブ、チカブーン、東京パノラママンボボーイズ、ばちがぶり、エクスタシーボーイズ、ウルフルズ、桜川唯丸、金沢明子 & 寺田創一、電気グルーヴ、三宅純、ネーネーズ、U.F.O.(United Future Organization)、浜村美智子、有馬徹とノーチェ・クバーナ、渡辺マリ、東京スカパラダイスオーケストラ、フィッシュマンズ、河内家菊水丸、Monday満ちる、ゴトウゆうぞう&ワニクマ・オールスターズ、シアターブルック、国本武春&DJ HONDA、日之出家源丸&三音家社中などなど100を超える。

(5)参加DJ
ラファエル・セバーグ、s-ken、ランキン・タクシー、田島貴男、井上薫(CHARI CHARI)、河村要助、DJタケムラ(竹村延和)、高宮永徹、井出靖、ジャームスバイナー、CHIEKO BEAUTY(チエコ・ビューティー)、天宮志狼 、瀧勝(ピエール瀧)、小玉和文(ミュート・ビート)、ピリピリ、松竹谷清、安田謙一、川辺ヒロシ(TOKYO No.1 SOUL SET) 、DJ MATSUOKA(松岡成久)、ニック山本、増井朗人(ミュート・ビート)、エンドウソウメイ、ハスキー中川、アモーレ・ヒロスケなど。

(6)その他、ダンス、パントマイムなどアトラクション。
中村ゆうじ(パントマイム)、シャクティ(インド舞踊)、早野凡平(ボードビリアン)、クリストファー・クジョビ(アフリカンマジック)、蘭このみ(スペインダンサー)、ザハラ・ハヤティ・アナスタシャ(ベリーダンス)、東京コミックショー(ショパン 猪狩によるコミックショー)、荒川キヨシ・小唄志津子(あほだら経漫才)、ウンベルト・ロペス(サルサダンス)、安田里美(人間ポンプ)、山田隆二(大衆演劇、下町の玉三郎)、マリア・イザベル(キューバンダンス)、だるま食堂(コント)など。

Share this...
Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook

About FDSM編集部 2296 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。