iSPY 2nd Anniversary LIVE ~君が見た泡沫~ @Zepp Shinjuku 4大サプライズ発表!! 3年目はメジャーデビューを目指していく!!

11月13日、iSPYがZepp Shinjukuで「iSPY 2nd Anniversary LIVE ~君が見た泡沫~」を開催した。今年2月11日、全国ツアーファイナルで本公演のアナウンスをして以来、この日に向けて様々なイベントやライブを行い、メンバー自身で1万枚のビラ配りをするなど、切磋琢磨してきた彼女たちの集大成となる特別な一日だ。

オープニング映像が流れた後、ステージが暗転すると7人の姿が赤く照らし出され、「夏の日の花火のように…」が始まる。ドラマティックなサウンドに乗せて、情熱的な歌声が響き渡り、スカートを翻しながら狂おしいまでに華麗に舞う。パティシエ(※iSPYファンの呼称)もペンライトを振りながら熱い声援を送る。

グループ名をタイトルに冠した「iSPY」のイントロが流れると、客席からは「やったー!」という喜びの声が上がり、息の合ったMIXが打たれる。先ほどとは一転して愛らしいパフォーマンスで魅了するメンバーに、惜しみないコールが贈られる。

ドリーミーなサウンドに乗せてミュージカルのような世界が繰り広げられる「このドキドキ♡なんですか?」では、メンバーとパティシエとの微笑ましいコール&レスポンスが繰り広げられる。

自己紹介後、夏川みずきが「うたかたのようなライブですので、一秒たりとも私たちから目を離さず、目に焼き付けて、最後まで一緒に盛り上がっていきましょう!」と宣言。

哀切なメロディーに美しいユニゾンが溶け合うせつなポップチューン「恋コガレ」、雪の結晶が舞い散る映像をバックにメンバーそれぞれが迸るような感情を歌に乗せる「さよなら流星群」、指先まで神経を行き届かせた振り付けとカラフルなフォーメーションで高揚感を演出するクリスマスソング「恋のプリンセチア」と、秋から冬にピッタリなナンバーを立て続けに披露して、ロマンティックな空間を構築する。

ここで今年3月に卒業したOGの辻ゆうかがゲストとして登場。ステージが赤い照明で彩られると、「赤い果実のDestiny」が始まり、華麗な歌とダンスで舞踏会のような雰囲気を醸し出す。歌いだしを担当した辻はブランクを全く感じさせず、随所で凛々しい歌声を響かせる。

久しぶりにiSPYのステージに立った辻は「みんな元気だったかい?」と問いかけ、「卒業してからも、パティシエさんの目の前で大好きなiSPYの曲を歌うことができて本当に嬉しいです」と喜びを露わにした。続く「Starlight Signal」にも辻は参加して、一夜限りの8人バージョンでエネルギッシュな歌声とキレのあるダンスを炸裂させた。

これまでの2年間を振り返るメモリアル映像の後、7人はメンバーカラーを全体に配した、それぞれデザインの違う新衣装で登場。タオル曲の「天色にI love you」が始まると、パティシエと一緒にタオルを振り回し、後半戦の始まりを告げる。

ステージが妖しいライトに包まれる中、始まったのは高速ビートが心地よい「決意の虹」で、7人はクールな表情でエネルギッシュなダンスを展開。そのままの勢いでロックナンバー「ラストゲーム」に突入すると、訴求力のあるボーカルリレーとダンスで切迫感を表現。続く「青春Shower」では歯切れの良いギターサウンドに乗せて鮮やかなフォーメーションを描き出し、語り掛けるような歌声でポジティブなメッセージを届ける。

ここでMCタイムに入り、「4作品連続楽曲デジタルリリース」「新体制お披露目ライブ」「台湾ワンマン」「春ツアー」の4つをサプライズ発表。そして、2024年の目標としてメジャーデビューを掲げた。続いてメンバーそれぞれ、この日のライブへの思いを語っていく。

トップバッターの三葉みゆは、「これだけ多くの方と一緒にライブを作り上げられたこと、そして一緒に前へ進める仲間とファンの方がいることはとても幸せだなと思っています。3年目のiSPYはメジャーデビューに向けて、もっともっと頑張って、新メンバーも加えて前に進んでいきたいと思っています。これからのiSPYもどうか期待していてください」と3年目に向けての抱負を述べ、楠城ひめかは「デビューして2年が経って、悔しいこと、つらいこともあったんですけど、そんなときにパティシエさんのDMを見て、たくさん頑張れたし、iSPYチームにもたくさん支えてもらって、温かい環境を作ってくれてありがとうございます」と涙ながらに感謝を述べた。

宮田くるみは、「こうして2年間、iSPYとして活動することができて、2周年という大事な記念日を、こうしてゆっち(辻ゆうか)も含めて8人揃って、そしてパティシエの皆さんもたくさん集まってくださって、みんなでお祝いできることが本当に嬉しく思います。この会場の景色が、みんなにも見せたいくらい綺麗で、それが今の自信にもなっています」と感慨深げに語り、夏川みずきはiSPY結成当時を振り返りつつ、「3年目はメジャーデビューを目指していくということで、パティシエさんとならどこまでも行けますし、ついてきてというよりも、皆さんと手を取り合って、ゆっくりとでもいいから前進していきたいと思います」と前を向いた。

11月26日に卒業が決まっている藍波ももかは、「私自身はアイドルを5年やっていて、Zeppで単独公演をやるのは初めてでした。大好きなiSPYのメンバーと、大好きなパティシエの皆さんと一緒に、この日を迎えられたのは本当に嬉しく思います。卒業前最後の大舞台で、皆さんと素敵で幸せな思い出を作れました」と声を弾ませた。

萩田こころは、「私も前に他のグループで活動していたんですけど、そのときはちょうど2年で解散してしまったので、(2年の)壁が私の中に一つあって。皆さんが支えてくれたことで、その壁を超えることができました。本当にありがとうございます。これからも、もっともっとみんなを幸せにできるような最強のグループ、そして最強のアイドルになれるように、これからも精一杯頑張っていきます」と途中で思いが溢れて声を詰まらせながらも力強く語った。

ラストの瀬乃かなは、「私はたくさんの方に笑顔と元気と幸せを届けたいという夢を持ってiSPYのオーディションを受けたので、今こうしてZepp Shinjukuでたくさんの皆さんと楽しい時間を共有することができてすごく嬉しく思います。2年というのはあっという間だなと思うんですけど、この2年間で様々なことを学んで、成長してきました。この2年の間にたくさんのパティシエさんと出会えて、そして今こうしてZepp Shinjukuに立つこともできています。日々パティシエの皆さんに支えていただいて、共に歩むことができてすごくありがたいなと思っています」と笑顔で締めくくった。

ラストスパートの1曲目はデビューシングルの「STAGE!!」。秋葉原観光推進協会公式キャラクターの「ちぃたん☆」が駆け付け、一緒に仲良く踊るコラボステージを展開。続く「夏色ラムネ」で7人は所狭しとステージを駆け回りながら、弾けるようなパフォーマンスを見せ、曲間にはキラキラと輝く銀テープが客席に発射された。

ラストの「未来」でメンバーは力強くこぶしを突き上げて高らかに歌い上げ、それに呼応するようにパティシエもコールを放つ。曲の最後に7人は天を仰ぎ、希望にあふれた未来を見据えた。

「iSPY 2nd Anniversary LIVE ~君が見た泡沫~」で一回りも二回りも大きくなったiSPYは、メジャーデビューに向けて、さらに加速する!

=LIVE内にてのサプライズ発表=

①4作品連続楽曲デジタルリリース
・『このドキドキ♡なんですか?』 11/14 0:00リリース https://linkco.re/YTp9fshc
・『青春Shower』 11/14 0:00リリース https://linkco.re/z2GvTvq0
・『夏の日の花火のように…』 11/20 0:00リリース
・『恋のプリンセチア』 11/27 0:00リリース

②新メンバーお披露目ライブ決定!
日程:12月3日(日) 会場:横浜みなとみらいブロンテ

③台湾ワンマンライブ大決定!
日程:2024年2月3日(土)

④2024年春 4大都市ワンマン決定!
開催地:名古屋、大阪、仙台、東京

撮影:佐藤広理
テキスト:猪口貴裕

★インフォメーション★

iSPY公式HP 
https://www.ispy.jp/

iSPY公式 X
https://x.com/ispy_official

iSPY公式 TikTok
https://www.tiktok.com/@ispy_official

■最新LIVE 情報

11月18日(土)@柏パルーザ
【iSPY主催フェス!iDOL SPYs vol.14】
OPEN 12:00 / START 12:30

11月18日(土)@柏パルーザ
【急遽考案⁉私も凱旋したーーーーーい!!!! iSPY大凱旋ツアー!? 藍波ももか千葉凱旋公演】
OPEN 16:30 / START 17:00

11月25日(土)@Akiba Stella Cube
【Zepp Shinjuku 後夜祭~iSPY第3章ラスト単独公演~】
OPEN 11:00 / START 11:15

11月26日(日)@ZEAL THEATRE SHINJUKU
【藍波ももか卒業ライブ】
OPEN 12:00 / START 12:30

12月3日(日)@横浜みなとみらいブロンテ
【iSPY新メンバーお披露目ライブ】

Share this...
Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook

About FDSM編集部 2337 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。