増田有華が映画本編で歌った『My love…』を新たにアレンジ、再レコーディングをした楽曲がデジタルリリース決定。

増田有華(元・AKB48)が主演を担う映画『Love song』が10月20日(金) より池袋シネマ・ロサにて上映。順次、全国公開になる。増田有華は、映画『Love song』の中、”売れないシンガーの藤咲花”役として登場。
映画本編でも歌唱姿を披露する増田有華を評して児玉宜久監督の公式コメントで、「特筆すべきは、ラストで歌う花役の増田有華氏の歌唱力だ。わずか数日で、この作品のエッセンスが詰め込まれた『ラブソング』を、完全に自分のものにして現場に臨んでくれた。物語の最後に披露されるこの歌を、是非劇場で聞いてほしい」(公式資料より)と述べている。
本編で披露された楽曲を新たなアレンジ、再レコーディングをし、この度デジタルリリースされる。

物悲しいピアノの音色へ、美しい弦楽の音色が重なり合う。そこへ、眩しかった青春の日々へ思いを馳せるように、少し切なさを帯びた声で、増田有華が「あの頃の僕らは~」と歌いだす。
夢を抱いて上京。すべての日々に輝きを覚えていたあの頃。そこには、いつも”愛おしい君”がいた。袂を分かった関係とはいえ、今も、瞼を閉じれば、君の姿が鮮明に甦る。増田有華は、今は逢えない君の思いを代弁するように、「今日も歌ってくれよ どうしようもない僕に 明日を見せてくれよ」と、募る想いを折り重ねるように歌っている。映画本編と重ねて見たときに、心を揺さぶられるのはもちろん。映画本編と切り離し、かつて共に夢を追いかけた、今は離ればなれになってしまった君へ思い馳せる歌としてもバラードソングの『My love…』は胸を揺らす歌として届いてきた。 
 
今も、追いかけ続けている人たちにもそうだが、かつて、仲間と一緒に夢を追いかけながら、それぞれの道へと歩むために袂を分かつ経験をしたことのある人たちには、当時の無鉄砲のままに輝いていた自分の気持ちが甦り、胸をキュッと締めつけられる。そんな、青春の残り香を覚え、増田有華の歌声を通して瞼を濡らしてしまう。

『My love…』の配信日は、10月13日より。順次全国のJOYSOUNDカラオケ店 +USEN(有線)等で流れることも決定。カラオケ映像には、映画の本編映像も一部使用になる。

映画を見てから耳にするのも良いが、先に配信曲に触れ、胸を打つこのバラードが、本編ではどのような形で、どんな(オリジナルの)曲調として流れるのかを聴き比べてもらうのも楽しみ方の一つ。ミュージカルにも多く出演しているとはいえ、最近では役者業を軸に据えた活動をしている増田有華のシンガーとしての魅力に触れられる楽曲だけに、歌手・増田有華が好きな人には、待望の楽曲の登場だ。

楽曲『My love…』10/13デジタルリリース

配信URLまとめ
https://linkco.re/ue9PVTnR

配信レーベル マッシュアップレコーズ公式サイト
https://records.mashup.jp/

★インフォメーション★

映画「Love song」
10/20 (金) より池袋シネマ・ロサにて上映!ほか全国順次公開
公式サイト: https://www.legendpictures.co.jp/movie/love-song/
公式Twitter: https://twitter.com/Love_song2023

増田有華 木口健太 山口大地
/藤吉久美子 本田博太郎
青木一馬 平岡 大 牧野裕夢 広瀬彰勇 大川夏凪汰 佐藤真澄 角 謙二郎

監督:児玉宜久 脚本:村川康敏 宍戸英紀
企画:利倉 亮 郷 龍二 プロデューサー:江尻健司 北内 健 アシスタントプロデューサー:竹内宏子
撮影:中村耕太 照明:竹村 潤 録⾳:大塚 学 美術:石毛 朗 編集:高橋信之
助監督:ハシテツヤ制作担当:赤間俊秀 ヘアメイク:中林希美子 スタイリスト:森 流星
スチール:阿部拓朗 ⾳楽:Les.R-Yuka 整音・MA:嶋田 茂 音響効果:加藤博紀
キャスティング協力:関根浩⼀ 北野裕子 営業統括:堤 亜希彦
制作:レジェンド・ピクチャーズ 配給協力:マグネタイズ
2023年/⽇本/85分/カラー/ステレオ/R-15作品 ©2023「ラブソング」製作委員会

TEXT:長澤智典

Share this...
Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook

About FDSM編集部 2377 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。