エレキギターブランドCaramel’s Guitar Kitchenによる 新星ツインボーカルバンドWOLVEs GROOVY、 ボーカル”ましのみ”初コラボギターついに完成。限定発売へ!

(Photo by:ヒサノモトヒロ)

既存のギターに満足しない、感度の高い人々から確実に注目度を上げている国産ハンドメイドギターブランド”Caramel’s Guitar Kitchen”(キャラメルズ・ギター・キッチン:以下CGK)が、今年3月に突如結成され、若者を中心にSNS上で話題となり初ライブを完売させたツインボーカルバンド”WOLVEs GROOVY”(ウルヴズ・グルーヴィー)のボーカル”ましのみ”コラボギターを完成させ、ミュージックランドKEYにて限定発売された。

その名もW1_GOLDEN WHITE WOLF。名付けたのは”ましのみ”本人で、スペックや色、ロゴマークの場所まで打ち合わせして決めたという。

ギターメーカーはCGK。個性的なルックスを放つこのブランドは2年前、福岡に工房を持つ元ラーメン屋のクラフトマン片田が立ち上げた日本製ハンドメイドエレキギターブランド。見た目だけでなく細部に渡るこだわりのパーツ、機能性を兼ね備えており徐々に注目度が増してきている。そこへ独自の世界観に定評あるシンガーソングライター”ましのみ”本人からのオファーを受け約半年をかけて完成。WOLVEs GROOVY初ライブ(8月11日)にステージ上で初披露された。

スペックは既存モデルのV3が基本となっていてテレキャスタイプではあるがボディはマホガニー。塗装はニトロセルロースで白を基調にその他のパーツは全てゴールドに統一している。

ピックアップは50〜60年代を現代に甦らせたサウンドで信頼度の高いアメリカ”TV-JONES社”のTV-classicを2つ搭載。ビグスビーアームB5を起用し、ペグはチューニングをケアするためGOTOHのマグナムロックを採用。ストラップピンは激しいライブでも落ちにくいように一回り大きい。

ヘッドにはバンドロゴが入っており、この位置はましのみ本人が指定したという。ヘッド裏にはシリアルナンバーが打ち込まれており、現存するのは、ましのみ本人のギターを除けば世界に2本のみとのこと。3本目以降は予約を受け付け、オーダー日から約4ヶ月後に納品される。

“ましのみコメント”
まじでかっこいい(見た目だけでなくて全てが)ギター。木の質感も気持ちいいし美しくて気高いのよな・・・宝物ができるって良いものですね

WOLVE’s GROOVYはシンガーソングライターの”ましのみ”、ムジカピッコリーノにも出演する注目ベーシストの”アヤコノ”、ドラムの”詩音”の3人からなるバンドで、初回ツイートでいきなり42万を超えるアクセスがあり注目度がうかがえる。初ライブでもチケットは完売。等身大の歌詞が鋭く観客の心を突き刺した。観客を煽ってゆくアヤコノと対照的に静かな炎を燃やすように歌い、このギターをかき鳴らす”ましのみ”の姿が鮮明に焼きついた。まさに”これから”のWOLVEs GROOVYとCGK、この両者のコラボレートが新しい化学反応を起こしてゆくだろう。現在、ミュージックランドKEY渋谷店と大阪心斎橋店にて展示販売されているのでチェックしよう!

[モデル:ましのみ(WOLVE’s GROOVY)]

【ミュージックランドKEY Online STORE】https://www.musicland.co.jp/fs/musiclandkey/gd77124

【ミュージックランドKEY 渋谷店】
〒150-0042東京都渋谷区宇田川町31-1 HULIC &New SHIBUYA B1F
電話:03-3463-0606

【ミュージックランドKEY 心斎橋店】
〒542-0086大阪市中央区西心斎橋1-16-5
電話:06-6282-6366

CGKクラフトマン:片田武司(福岡県在住/元ラーメン屋)
craftsman:Takeshi katada
(Lives in FUKUOKA /former Ramen chef)
17歳で上京。ギターの弾き方より先に作り方を覚える。
ラーメン屋など幾多の職を渡り歩く傍ら30年以上ギター作りを続けている。
福岡に拠点を移し、56歳でクラフトマンとして一念発起。
ギターを手にした時に「気分がグッとあがるもの」を作りたいという想いを大切に日々製作中。

=============================

★インフォメーション★

――――――――――――――――――
商品情報
WOLVEs GROOVY Special COLLAB Guitar
〜ミュージックランドKEY限定発売〜

CGK_W1_GOLDEN WHITE WOLF
価格:425,000円(税別)/467,500円(税込)
付属品:保証書/ハードケース/シリアルno入り

<概要>
WOLVEs GROOVY/ましのみとの限定スペシャルコラボギターが完成。ましのみ本人がデザインからスペックまで特別オーダーをして完成した至高の一品。ヘッドにWOLVEs GROOVYのロゴマーク入り。メーカーは個性的なデザインと、見た目だけでなく、その弾き心地とサウンドにも定評ある福岡発ハンドメイドブランドCaramel’s Guitar Kitchen(以下CGK)。真っ白なボディにCGKの特徴であるゴールドのチェッカードステッチを施し、塗装は最も手間暇のかかるニトロセルロースラッカーで職人が手作業で丁寧に仕上げている。パーツは全てゴールド。テレタイプでありながらボディ材はマホガニーで、ピックアップは50〜60年代のサウンドを現代に蘇らせ本格的サウンドとして定評のあるTV-JONESのTV Classic(ハムバッカー)を2つ搭載。ビグスビートレモロアームをマウントし、ペグはアームを多用してもチューニングの狂いにくいマグナムロックを採用。ストラップピンは激しいパフォーマンスでも落ちにくいように一回り大きいタイプにするなど、スペック細部にわたってこだわりを尽くしている。


Body:Mahogany
Body Finish:Nitrocellulose Lacquer
Neck Material:Maple
Fingerboard:Rosewood 300R
Frets:22
Fret Size:Medium wide
Scale Length:648mm
Nut:Graph Tech NuBone
Pickups:TV JONES / TV Classic
Switching:3-position(CRL)
Controls:MasterVolume×1(CTS) /MasterTone×1(CTS)
Bridge:GOTOH GE103B-T
Tailpiece:Bigsby B5 Vibrato Unit
Peg:GOTOH MG Lock
Strap Pin:GOTOH Ep-B3

WOLVEs GROOVY情報

【Official X(Twitter)】https://twitter.com/wolvesgroovy
【Online STORE】https://suzuri.jp/WOLVEsGROOVY
【アヤコノX(Twitter)】https://twitter.com/ayaconno
【ましのみX(Twitter)】https://twitter.com/mashinomi55
【詩音X(Twitter)】https://twitter.com/sion_siooon

WOLVEs GROOVY LIVE情報

2023年9月11日 (月)
@赤羽ReNY
ライブハウスシンドローム vol.20
出演:レトロリロン/ peanut butters /POP ART TOWN/WOLVEsGROOVY
[OP/ST] 18:15 / 18:45
[ADV] 一般¥3,500 (D代別) 学割(高校生まで)¥1,000 (D代込)

2023年9月12日(火)
【切磋琢磨】
場所:新宿SAMURAI
時間:18:30〜
チケット:3000円(D別)
※物販で使えるお買い物券500円分込み

2023年9月17日(日)
『水都音楽祭』
淀川河川公園 枚方地区・大塚地区
入場無料
オフィシャルHP:https://sw-fes.com/

2023年9月18日(月/祝)
TOKYO CALLING 2023
渋谷15会場[コラボステージに出演]
1日券5500円(1D別)
チケット:https://eplus.jp/sf/detail/1946030001-P0030036P0030037P0030038?P6=001&P1=0402&P59=1&block=true
オフィシャルHP: https://tokyo-calling.jp/

Release情報
2023/3/8 配信リリース1stEP「WOLVEs1」
01. BUG
02. passion&groove
03. no please
04. bomb

2023/6/7 配信リリース2stEP「WOLVEs2」
01. ココロの氷
02. spicy boy
03. 左右盲
04. CARTOON FRIDAY

Caramel’s Guitar Kitchenオフィシャル情報
【Official HP】https://caramelsguitarkitchen.net
【Instagram】https://www.instagram.com/cgk_guitar/
【Twitter】https://twitter.com/CgkGuitar

Share this...
Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook

About FDSM編集部 2327 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。