「SAMURAI SONIC vol.5」開催! 第1弾アーティスト発表!THE BAWDIES、雨のパレード、-真天地開闢集団-ジグザグ、DJダイノジが出演決定!

2023年10月8日(日)に幕張メッセで開催される音楽イベント「SAMURAI SONIC vol.5(サムライソニック)」の出演アーティストが2023年8月5日(土)に発表されました。

今回出演が決定したのは、海外でも熱い支持を得ているTHE BAWDIES、最先端の音楽を鳴らす雨のパレード 、注目度が上昇中の-真天地開闢集団-ジグザグ、ハイブリッドエンターテイメント集団DJダイノジの4 組です。

チケットは近日発売開始。
追加アーティストや、その他詳細は随時情報解禁をしていきます。

■THE BAWDIES

▼プロフィール
THE BAWDIES
2004年1月1日結成。学生時代からの同級生であるROY(Vo、B)、TAXMAN(G、Vo)、JIM(G) 、MARCY(Dr)によるロックンロールバンド。
2009年メジャーデビュー。
現在までに3度の日本武道館公演を実施するなど、ライブバンドとして全国を行脚し続ける。
2023年6月に最新シングル「GIMME GIMME feat. オカモトショウ」をリリース。
圧倒的に日本人離れしたヴォーカルと、敬愛するリズム&ブルース/ロックンロールのルーツを昇華した楽曲、全英語詞というスタイルで、日本のみならず海外でも熱い支持を得ている。

■雨のパレード

▼プロフィール
雨のパレード
福永浩平(Vo)、山﨑康介(Gt)、大澤実音穂(Dr)

2013 年に結成。
インディ R&B、エレクトロハウス、アンビエントなどのジャンルや ロックからポップスまで様々なジャンルの音楽性を独自にクロスオーバーさせ、 新時代のポップスを提唱する 3 人組。バンドという形態に捉われず生楽器、 アナログシンセやサンプラー、ドラムマシーンなどを駆使し、最先端の音楽を鳴らす。 音楽性、形態、すべてにおいて“枠に捉われない”スタンスで、 独自の存在感を放っている。

Official Website https://amenoparade.com/

■-真天地開闢集団-ジグザグ

▼プロフィール
“愚かな者に救いの手を”をコンセプトに、2016年より本格始動。メンバーは「破壊の祈祷師」命-mikoto-(Vo/Gt)、「 鳴弦の陰陽師」龍矢-ryuya-(Ba)、「禁忌の大忍」影丸-kagemaru-(Dr)の3人。 全国で”禊”と呼ぶライブ活動を展開する。2022年1月に3rdAL『慈愚挫愚 参 -夢幻-』をリリース、全国ツアー「全国悪霊 退治 -夢幻-」を開催し、全国20都市21公演全てSOLD OUT、ロックフェスにも出演を果たすなど勢いは増すばかり。 11月15日には初の日本武道館 単独禊 “慈愚挫愚”を全券種SOLD OUTで完遂、翌年6月に発売した同公演の Live Blu-rayは週間オリコンランキング<Blu-ray部門> 2位を獲得! 高い音楽性を兼ね備え、モダンなラウドロックから歌謡曲、ポップで爽快なサウンドまで変幻自在、キャッチーでユーモア あふれる世界観で魅了する今大注目のロックバンド!

■DJダイノジ

▼プロフィール
DJダイノジとしての活動は2005年~。ダイノジとしてのデビューが1994年なので、DJとしてのキャリアもそのうちのかなりを占めている。ダイノジのDJは「フィットネス」と例えられるほど運動量が高く、フェスの〆としても多くの若者に愛されている。フェス以外では自身が主催となるジャイアンナイトを全国で開催。また、キッズジャイアンなど子供向け(大人も参加可能)のイベントも定期的に行っている。

今回でSAMURAI SONICの出演が2回目のDJダイノジは、公認アンバサダーとしてSAMURAI SONICを盛り上げていきます。

★インフォメーション★

■「SAMURAI SONIC vol.5」開催概要

<開催日> 2023年10月8日(日)
<時 間> 10:30開場、12:00開演(予定)
<会 場> 幕張メッセ 国際展示場 4-5 ホール 千葉市美浜区中瀬2-1
<価 格> 近日公開予定
<出 演> THE BAWDIES、雨のパレード、-真天地開闢集団-ジグザグ、DJダイノジ(公認アンバサダー) and more…
<公式HP> https://www.samuraisonic.com/
<主催> SAMURAI SONIC実行委員会
※イベントの内容は予告なく変更となる場合がございます

Share this...
Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook

About FDSM編集部 2415 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。