「真っ白なキャンバス」が河口湖でワンマンライブを開催!打ち上げ花火とともに最高の夏が始まった!

小野寺梓・三浦菜々子・橋本美桜・西野千明・浜辺ゆりな・鈴木えま・麦田ひかるの7人組アイドルグループ、真っ白なキャンバスが7月8日、河口湖ステラシアターにて「真っ白なキャンバス フリーライブ 2023 夏」を開催。多彩な演出を取り入れたステージで全21曲を披露し、最高の夏の思い出の1ページを綴った。

当日は雨予報だったが、17時の開演直前は曇り空。メンバーが影アナで「皆さん、楽しむ準備はできていますか~!?今日は最高の1日にしましょう!」と煽ると、観客の「お~!」という大きなレスポンスが響き渡る。

登場SEが流れ始め、メンバーがステージの袖からではなく、客席中央の通路から歩いてステージへ。サプライズ演出に沸き上がる観客。1曲目の『アイデンティティ』のイントロで、小野寺が「私たちが真っ白なキャンバスです!最高の夏の思い出を作りましょう!」と呼びかける。それに呼応した観客のボルテージはいきなり最高潮!メンバーに大声援を浴びせ続けた。
 
オープニングから4曲を披露し、各メンバーの自己紹介の後、浜辺が「始まったばかりだけど、ゆりなはもう暑くなってきちゃった。みんなも暑くないですか?そろそろ水を浴びたくないですか?あんなところに水鉄砲がある!今から水かけに行っちゃうよ~!」と予告。メンバー全員が客席を練り歩き、『ポイポイパッ』を歌いながら、水鉄砲で観客を次々と“攻撃”していく。撃つ側も撃たれる側も幸せそうな笑顔の花が咲いていた。続く『HAPPY HAPPY TOMOROW』の間奏では観客にウェーブを促し、ラストサビでは紙吹雪が舞う演出も。

更に、鈴木えま・麦田ひかるのユニット「むぎえま」が、7月5日にMVが公開されたばかりのオリジナル曲『プロテア』を初披露!2人の独特の世界観を表現した楽曲で観客を楽しませた。そして再び全員が集結した『キャンディタフト』の間奏で、小野寺が「今年もフリーライブを開催することができました!いつも愛してくれて本当にありがとうございます!」とファンへの感謝の思いを伝え、曲中の最後のセリフ「君が好きだ!」と叫ぶと、ファンは「俺も~!」と叫び返した。

 2回目のMCでは、橋本が「今回、演出も増えていて、もしかしたら私がやりたいアレが出来るかもしれない!アレは“察してほしい系女子”だから言いません(笑)」という発言で観客をモヤモヤさせつつ、「むぎえま」が真っ白なキャンバスから誕生した初のユニットということで、観客から「今後こんな曲をやってほしい!」という要望を直接聞くコーナーに突入!メンバーが指名したファンから「ロックなユニットを期待します!」、「小野寺梓と浜辺ゆりなのユニットで可愛い曲を聴きたい!」、「日本の心、演歌をお願いします!」など、様々なリクエストが寄せられた。いつか実現するかも!?その流れで小野寺が「(このライブで)次はどんな曲が欲しい?私たちをよく見て!」と、ファンに問いかける。メンバーの手にはマフラータオルが。空気を読んだファンは「夏っぽい、タオルを振り回す曲!」と、“正解”を答え、新曲『Bye My Summer』へ。みんなでタオルを回し、会場が一体感に包まれる。

 『Whatever,happens,happens』では、ステージ上で炎が吹き上がる「ファイヤーボール」とともにクールにパフォーマンス。『空色パズルピース』では、三浦の圧巻のアカペラ歌唱から始まり、ラストは天井から白い羽が舞い落ちるファンタジックなシーンで締め括るなど、多彩な演出で観客を魅了し続けていく。

 今回のライブの直前、メンバーの西野千明が体調不良のため療養に専念することになり、7月末までの活動休止が発表された。3回目のMCで橋本がその話題に触れる。「今日は千明がお休みということで、今は6人なんですけど、私は千明と同期(3期生)なので、テレパシーが使えるんです。<そろそろラストスパートだけど、みんな大丈夫?盛り上がってなくない?>って言ってきたんです。皆さん、まだまだいけますか!?千明の分まで踊れますか!?ラストスパート、ぶち上がっていきましょう!」

 ライブに出演できなくなり、誰よりも無念だったのは西野自身。ステージには不在でも気持ちは7人で。メンバーも観客も西野の思いをパワーに踊り続けた。ラストは2019年から白キャンの夏を彩ってきたサマーチューン『いま踏み出せ夏』。メンバー同士、ファン同士が肩を組んで熱唱。キャノン砲の銀テープも発射され、盛大に本編が終了。

 アンコールは『SHOUT』からスタート!再びファイヤーボール演出でステージを熱くする(公式YouTubeでこの曲の映像を公開中!)。『桜色カメラロール』では、メンバーが今度は水鉄砲なしで客席を練り歩きながら、ファンとのコミュニケーションを楽しんだ。

 4回目のMCで、メンバーを代表して小野寺がメンバーへの思い、ファンへの感謝の気持ちを語る。「今年もフリーライブを開催させていただけて、とても嬉しいです。ありがとうございます!フリーライブに向けて、(西野)千明がちょっと頑張りすぎちゃって、活動を休止することになって…。千明がいてくれることとか、みんなで活動できることが当たり前じゃないんだなと思いました。(今日のステージを6人で迎えることになって)みんな不安もあったと思うんですけど、そこで踏ん張って頑張るメンバーのことがもっと大好きになりました。ありがとう!そして何より、全員が揃っていなくても、こうして山梨にまで足を運んでくれたファンの皆さんに本当に感謝しています。ありがとうございます!応援してくれることも当たり前じゃないし、ひとつひとつの活動を大切に、これからも過ごしていきたいと思います。ありがとうございました!」

 ステージ上で集合写真を撮影した後、小野寺が「次が本当に最後の曲です。みんなで夏の思い出を作りましょう!」と煽り、『PART-TIME-DREAMER』を披露!まだ明るさの残る河口湖ステラシアターの上空に花火が打ち上げられた。「今年も花火が見れました!」と大感激のメンバー。今日のライブを振り返り、橋本は「私、ファイヤーボールだけは人生で一度はやりたいなって思っていたの!それが出来ました!」と、2回目のMCで語っていた“アレ”の正体を明かした。

そして、ファンの皆さんに今日の感想を一斉に答えてもらうことに。答えはもちろん「最高!」。その直後、ステージ後方のモニター画面に映像が流れ始める。「えっ!?何?」と戸惑うメンバー。12月2日に「真っ白なキャンバス 6周年ワンマンライブ『一輪咲いても僕は僕』」が東京・日比谷野外大音楽堂で開催されることがサプライズ発表され、会場は歓喜の渦に!小野寺は「今日も最高だったけど、6周年ライブで白キャンの最高を塗り替えられるように頑張ります!」と新たな意気込みを語り、「皆さん、これからもついて来て下さい!」と応援を呼びかけると、大きな拍手と声援に包まれた。

 最後にメンバー全員で手を繋ぎ、マイクを使わず「ありがとうございました!」と御礼の挨拶。約2時間のライブの幕を下ろした。

 今回のライブの告知画像にはこんなキャッチコピーが付いていた。「最高のライブを、最高の空間を、あなたに届けます。」
 会場で(または配信で)目撃したファンは誰もがメンバーにこう伝えたかったはず。「最高のライブを、最高の空間を、そして最高の夏の思い出をありがとう!」と。

撮影:真島洸

★インフォメーション★

◆「真っ白なキャンバス 6周年ワンマンライブ『一輪咲いても僕は僕』」概要
日程:2023年12月2日(土)
場所:日比谷野外大音楽堂(東京)
*詳細は後日発表

◆『真っ白なキャンバス フリーライブ 2023 夏』 TV初独占放送決定!!
河口湖ステラシアターで開催された単独ライブが日テレプラスにて放送されます
日程:2023年8月5日(土)19:00~
番組:CSチャンネル『日テレプラス ドラマ・アニメ・音楽ライブ』
https://www.nitteleplus.com/program/shirokyan-fl23/

●「真っ白なキャンバス フリーライブ 2023 夏」セットリスト
M1 アイデンティティ
M2 闘う角には幸来たる
M3 Heroism
M4 白祭
~MC1
M5 ポイポイパッ
M6 HAPPY HAPPY TOMORROW
M7 清涼飲料水
M8 プロテア(むぎえま)*鈴木えま・麦田ひかるユニット曲
M9 キャンディタフト
~MC2
M10 Bye My Summer
M11 オーバーセンシティブ
M12 Whatever,happens,happens
M13 レイ
M14 空色パズルピース
~MC3
M15 ダンスインザライン
M16 ぼっち
M17 全身全霊
M18 いま踏み出せ夏
アンコール
EN1 SHOUT
EN2 桜色カメラロール
~MC4
EN3 PART-TIME-DREAMER
~MC5(サプライズ発表)

Share this...
Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook

About FDSM編集部 2337 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。