ロック系楽曲派アイドルユニット「究極人形(アルテマドール)」 NewSingle「狂言モラトリアム」配信リリース

名古屋を拠点に活動する、ロック系楽曲派アイドルユニット「究極人形(アルテマドール)」は、ニューシングル「狂言モラトリアム」を6月17日(土)に配信リリースすることが決定した。

究極人形(アルテマドール)は2023年4月で9周年を迎えるロック系楽曲派アイドルユニットで、コンセプトは、控えめな気の弱い子達(人形)が「ぶち壊してやる」「僕が照らしてみせる」「僕も光になるんだ」というワードセンスと共に立ち上がる物語、唯一無二の楽曲も評価されている。

野外大型ロックフェスなどをはじめ、日本テレビ系「24時間テレビ」やメ~テレ「ザキとロバ」、CBCラジオ夏祭りなど各メディアやイベントなどにも多数出演。2019年5月31日に「光を探して」をリリースし、テレビやラジオなどでも取り上げられ、幅広い年代層でファンが拡大している。

6月17日にAichi Sky Expoで開催される、東海地区最大級アイドルイベント『RAD JAM』にも出演が決定している。

そんな究極人形が今回、新しい側面とも言えるサウンドを展開する「狂言モラトリアム」を配信リリースする。揺れ動く等身大の彼女たちの感情を表現した、EDMエレクトロと変拍子も串されたロックダンスチューンとなっており、ジャケットデザインは国内外のコンテストで多数の賞を受賞し大手企業ともコラボする、コラージュアーティスト「カズシフジイ」が担当。

また、6月14日(水)にリリースされるコンピュレーションアルバム「V.A RAD JAM」にも収録予定で、こちらはタワーレコード名古屋近鉄パッセ店 / 名古屋パルコ店 / RAD JAM当日会場内タワレコブース にて購入可能となっている。
なお、究極人形は6月30日(金)に大須・RADHALLにて「究極人形単独公演-狂言モラトリアムリリースparty-」の開催が決定している。

★インフォメーション★

■ライブ概要

【公演名】究極人形単独公演~狂言モラトリアムリリースparty~
【日程】2023年6月30日(金)
【時間】OPEN 18:00/START 19:00
【会場】RAD HALL(愛知県名古屋市中区大須4丁目1-71 矢場町中駒ビル B1F)
【料金】
Sチケット:25,000円(完売)
Aチケット:5,000円
Bチケット:1,000円
※各D代 +600円
※当日券 +1,000円
※入場順 S→A→B(手売り→パスマ)→当日(各整理番号順)
※再入場可能

チケットサイト
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02c00a865f131.html

■究極人形-アルテマドール- プロフィール

2023年4月で9周年を迎える、ロック系楽曲派ガールズユニット。究極人形(アルテマドール)は2023年4月で9周年を迎えるロック系楽曲派アイドルユニットで、コンセプトは、控えめで気の弱い子達(人形)が「ぶち壊してやる」「僕が照らしてみせる」「僕も光になるんだ」というワードセンスと共に立ち上がる物語、唯一無二の楽曲も評価されている。

弱虫で、不器用で、泣き虫な私たちの必死な姿やもがく姿を見てほしい。野外大型ロックフェスなどをはじめ、日本テレビ系「24時間テレビ」やメ~テレ「ザキとロバ」、CBCラジオ夏祭りなど各メディアやイベントなどにも多数出演。2019年5月31日に「光を探して」をリリース。テレビ東京系「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」テレビ愛知「お宝ちゃん」「キン・ドニーチ」等数々のテレビ番組エンディングテーマを担当。新栄ガーリックナイト公式アンバサダー。
6月17日にAichi Sky Expoで開催の東海地区最大級アイドルイベント『RAD JAM』に出演決定!

■information

・ドラゴンボールエンディングテーマなどでもお馴染み。メジャーバンド、アルカラの楽曲『交差点』を究極人形が公式カバー!2022.7.9 渋谷-CREST「究極人形バンドセット単独公演」にてアルカラ稲村大祐さんと共演。
・「刹那前線」がテレビ愛知「キン・ドニーチ」(テレビ愛知 毎週金曜日 午後5時30分放送)6月度番組エンディングテーマに決定!
・6月17日 Aichi Sky Expoで開催の東海地区最大級アイドルイベント『RAD JAM』に出演決定
・6月30日 大須RADHALLにて「究極人形単独公演」開催決定

【公式HP】 https://candysoul.info/artist/artemadoll/
【公式Twitter】 https://twitter.com/artemadoll

Share this...
Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook

About FDSM編集部 2337 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。