世界的JK制服ブランド「Lucy Pop」がグローバル・モデル決定! 13歳の【moya】の写真を公開!

世界に“カワイイ”を発信するJK制服ブランド「Lucy Pop」が、同ブランドの新しいグローバル・モデルとして、13歳の【moya】の起用を発表し、4つの制服スタイル写真を公開した。

「Lucy Pop」は、2010年に生まれた日本のポップカルチャーを代表するアイドル系制服ファッションブランドで、2012年から経済産業省・総務省が掲げるクールジャパン政策と連動する形で、フランス JAPAN EXPO 2014をはじめ、インドネシア・フィリピン・ベトナム・香港・台北・中国の海外イベントに出展するなどして、日本の制服文化、カワイイ文化を世界に発信してきた。

また、アイドル・声優・モデル・タレントのテレビ番組・ミュージックビデオ・雑誌・写真集への制服着用サポートを積極的に行っている。
日本を代表するアイドルグループであるAKB48などの国内のトップアイドルだけでなく、インドネシアのJKT48など世界中のトップアイドルグループに制服の衣装協力をすることで、日本の制服文化、カワイイ文化の露出を拡大している。

中国本土において、2020年の春節で、JK制服ブームが起きていることが国内外のメディアで報道され、話題となり、中国における日本のJK制服ブランド人気調査が行われるようになった。Lucy Popは、2020年8月30日付の調査で2位(中国媒体【任意门日淘】に記事掲載)、2023年2月6日付の調査でも2位(中国媒体【8mtime】に記事掲載)と世界の中でも特に、中国で高い知名度を誇る。

こうした中国での人気の影響で、中華圏のインフルエンサーが、Lucy Popのリボンタイや制服を越境ECで購入し、SNSに投稿する写真や動画が目立つようになった。これに呼応する形で、Lucy Popは、台北のインフルエンサーをモデル起用するなど、さらなるグローバル化を推進し、日本国内をはじめ、アメリカやヨーロッパ、東南アジアでの提携先や販売先の獲得を目指している。

今回、Lucy Popはアジアを中心としたZ世代への認知拡大のため、グローバル・モデルに過去最年少となる13歳の「moya」を起用。moyaは、13歳であること以外のプロフィールは非公開であるため、今後、Lucy PopのSNSでチェックしてほしい。

Share this...
Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook

About FDSM編集部 2376 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。