少女っぽさの残る以前のTANAKA ALICE。今のバチバチにラップしてゆく凛々しくて強いTANAKA ALICE。二つの表情を通した成長を、アルバム『東京女神』へ色濃く描写!デビュー10年を迎えたTANAKA ALICEが2月1日に4thアルバム『東京女神』をリリース!!

デビュー10年を迎えた、TANAKA ALICEが2月1日に4thアルバム『東京女神』をリリースする。トータルプロデュースを、デビュー以来、共に歩み続けているGIORGIO CANCEMI(西野カナ、超新星、倉木麻衣等をプロデュース)が担当。およそ5年の制作期間をかけて制作。ここには、TANAKA ALICEの心の変遷や、音楽面で進化してゆく姿が12曲の歌の中に映し出されている。本作について語った、TANAKA ALICEのインタビューをここにお届けしたい。

『Atlas Beaz』のMVやアルバム『東京女神』からわたしに触れる方は、『Atlas Beaz』を通してTANAKA ALICEの気持ちの成長が見えてくるから、よりキャラクターを深く知ってもらえると思います。

――アルバムとしては久しぶりのリリースになりますが、その間もずっとデジタル配信やレコード盤をリリース。止まることなくコンスタントに制作活動を続けてきていますよね。

TANAKA ALICE 定期的に音源はリリースし続けています。ただ、私がデビューした10年前と今とでは音楽業界自体が変わっているので、時代に合わせ、またそのタイミングに合わせ、リリースの形態は変えていますね。活動を続けていく上で楽曲をコンスタントに出し続けたい気持ちも、出し続けるべきだという思いも、もちろん強く持っています。そのために、どんな風にリーチしていけば良いのか、その選択を常にチームで話し合いながら状況に合わせてベストなリリース方法でリリースしています。ただ、わたし自身がCDというツールで音楽を聴いて育ってきましたし、TANAKA ALICEとしてもこれまで3枚CDを出させて頂いている様に、楽曲はもちろん、歌詞やブックレットのヴィジュアル面も含め、モノとして手元に残したい気持ちも強くあります。だから今回の4thアルバム、『東京女神』をCDという形でリリースできたことを嬉しく思っています。しかも今回は、通常盤に加え、DVDも入れた限定盤も制作しました。

――CD盤としてアルバムを出す計画は、10周年というタイミングに合わせてのこと?

TANAKA ALICE 正直なところ、10周年ということはあまり意識はしていません。振り返れば10年が経っていたな…というくらいですね。今回のアルバムは、何年も前に制作をして温存していた楽曲もたくさんあります。この10年の間に私も色々なことを経験して、その中でデビュー時には分からなかった沢山の感情を覚え、そういった自分の想いを強く表現した大切な1枚ですので、どうしてもCDという形にこだわったところはあります。

――温存していた楽曲の中でも『Atlas Beaz』は7~8年前に制作したとのことですが、ALICEさんのキャラクターが色濃く反映されていません?

TANAKA ALICE 最初に『Atlas Beaz』の歌詞が完成したのが、わたしが大学生のときでした。そこからアレンジを繰り返すたびに、歌詞も少しずつ、そのときの自分の姿に変えていきました。だから、歌詞の中からはスクールガールのようなわたしから、今の自分の姿までが入り交じって見えてきます。どちらも自分の伝えたい変わらない思いがあり、ここ数年のTANAKA ALICEの姿を映し出した歌詞に仕上がりました。本当なら、26歳のTANAKA ALICEとしての思いを書いても良かったとは思いますが、あえて、当時の歌詞をなるべく活かした形にしました。

――そこにも、理由があるわけですよね。

TANAKA ALICE 以前からずっとわたしの音楽に触れている方からしたら、学生時代の、まだ少女っぽさの残るポップで小悪魔っぽいALICEがその中から見えてくるので、どこか懐かしさを感じていただけると思います。同時に、今のバチバチにラップしてゆく凛々しく強いTANAKA ALICEも見える。それを通して、わたしの数年間の成長を『Atlas Beaz』から感じてほしかったところはあります。一方で、『Atlas Beaz』のMVやアルバム『東京女神』からわたしに触れる方には、『Atlas Beaz』を通してTANAKA ALICEの気持ちの成長が見えてくるので、より私のキャラクターを深く知ってもらえる入り口になるとも思います。

――なるほど、そういう狙いがあったのですね。

TANAKA ALICE この『東京女神』のアルバムは、デビュー時より、さらにHIP HOPの部分を押し出した作品になっています。でも『Atlas Beaz』には、HIP HOP色はもちろん、以前から魅力にしているポップでキュートな姿や音楽性もしっかり入っています。歌詞と曲調の両面に、過去と今のTANAKA ALICEが映し出されています。ポップとバチバチしている、そのバランスがすごく良い形で仕上がったからこそ、「これぞ私の象徴曲!」と思って楽曲の制作段階からMVも制作することを決めていました。サウンドの面でも、細かく聴いていただけたら、8年前にはなかった時代の色を感じていただけると思います。。
『Atlas Beaz』のMVは、東京の色々な有名スポットを舞台に撮影しました。MVのコンセプトを監督さんから聞いた時に、衣装は絶対に七変化させたいと思い、自らスタイリイグをし、ヘアメイクのアイデアも伝え、それを反映した作品に仕上げました。わたし自身ファッションが大好きだからこそ、今後もスタイリングの面には自分らしさを存分に反映していきたいですね。

――アルバムへ収録した、韓国の女性ラッパーLeHeeさんを迎えた『Atlas Beaz Ep.II feat. LeHee』は、その制作過程の中で生まれた楽曲だったわけですね。

TANAKA ALICE そうです。元々この楽曲に関しては、もちろんソロもいいですし、誰かとfeaturingするのも面白いなと、プロデューサーのGIORGIOさんとお話していました。最終的に『Atlas Beaz』はソロ曲という形に落ち着きましたが、EpisodeⅡとして、LeHeeさんを迎えて作り上げたことも、とても良い刺激になりましたし、実際に『Atlas Beaz』の持つ曲のパワーを広げてくれたなと思っています。

――LeHeeさんとfeat.した理由も教えてください。

TANAKA ALICE わたし自身、インターナショナルに活動していきたい思いを、昔も今も強く持っています。だからこそ、feat.するなら海外の方とやりたかったんですね。そこで出会ったのが韓国で活動しているLeHeeさんでした。彼女は、韓国語・英語・日本語の3ヶ国語でラップをしていますが、キャラクターを思いきり活かしたLeHeeさんのラップが入ったことで、ソロで歌っている『Atlas Beaz』とは、だいぶ異なる表情を作りだせたと思います。実際にGIORGIOさんも、彼女のラップが入ったことでアレンジし直しています。わたし一人では出せない新たな色を『Atlas Beaz』に加えてくれた面では、すごく良いfeat.曲になりました。

――feat.という面では、Ayuse Kozueさんを迎えた『My World feat. Ayuse Kozue』も収録しています。

TANAKA ALICE 楽曲自体は、だいぶ前に作っていて、すでに2014年に『GIRLZ』というEPで配信リリースもしています。Kozueさんは同じ事務所の先輩。私にはない唯一無二の声を持っている方だから、その二人の声が絡みあうことで、ソロとはまた一味も二味も違ったより最高な楽曲が完成しました!個人的には、同じ事務所の方とのコラボをやってみたい憧れもありました。それを、Kozueさんと実現できたことも嬉しい思い出として残っています。

――同じ事務所といえば、ALICEさんのプロデューサーでもあるGIORGIOさんとも『命运 feat. NERDHEAD』としてコラボしていますよね。

TANAKA ALICE GIORGIOさんは、デビュー以来ずっと一緒に制作し続けている方だから、本当に身近であり偉大な存在ですけど、私のアルバムでGIORGIOさんとfeat.させて頂くのははじめてだったので、もちろん凄く光栄でしたし、いつもの制作とは違った新鮮な思いも感じました。また何より、男性の歌声とわたしの歌声が混じり合うことで、ソロや、女性アーティストとfeat.するのとは異なる曲の色が浮き上がりました。『命运 feat. NERDHEAD』は、もともとわたしがソロで歌っていた『運命』が元になっています。そこへGIORGIOさんのラップを加えfeat.したことで、楽曲をアレンジ、さらにパワーアップさせました。個人的な感想を述べるなら、GIORGIOさんのラップが加わったことで、より切なさが増したなという印象です。同じ楽曲でも、誰かが加わることで異なる表情や意味を成していく、そこがfeat.していくことの面白さですよね。

『東京女神』には、「これがTANAKA ALICEです」という姿を本当に色濃く映し出しています。

――アルバム『東京⼥神』には、自らの生き様を記した歌からラブソングまで幅広く投影。しかも序盤に凛々しく攻めた表情を見せながら、後半へ向かうにつれしっとり胸の内に響かせる姿に変わっていく。それも心地好い流れでした。

TANAKA ALICE ありがとうございます。とてもいい流れを作れたなと自分でも思っています。最高のアルバムにするために、一曲一曲の制作はもちろん、収録する曲のセレクトにも時間をかけて、収録曲の並び順にもこだわりました。前半はよりハードで攻撃的なALICE、対して後半では多様性を持った表情を見せながら、しっとりと歌を聴かせる音楽的なALICEを聴いていただける流れにしました。歌、ラップそれぞれでしか表現できないものもありますし、私がずっとやってきたことをどちらもしっかりと打ち出したかった思いからこのアルバムが完成しました。

――先に、アルバム『東京女神』へ収録したfeat.曲について語っていただきました。ここからは、他の収録曲たちに込めた思いも聞かせてください。アルバムの冒頭を飾ったのが、タイトル曲にもなった『東京女神』になります。この曲にも、ALICEさんらしさをバチバチに出していますよね。

TANAKA ALICE 『東京女神』には、「これがTANAKA ALICEです」という姿を本当に色濃く映し出しています。『東京女神』というタイトルは、女神の様に、リスナーの皆さんを音楽で魅了し導けるアーティストでいたいという野望も込めてつけました。雑誌「VOGUE」でも活躍するペーパーアーティスト菊地絢女さんの手がけてくださったアルバム用のジャケットも、「女神降臨」という印象が強く今回のアルバムにピッタリですよね!
『東京女神』には、ここへ至るまでに色々な経験を重ねてきたうえでの、今の自分だからこそ語れる生き様を記しました。TANAKA ALICEはどういうアーティストなのかを知ってもらう意味も含め、アルバムの幕開けに相応しい楽曲になりました。力強さやキラキラとした明るいパワーをみなさんにお届けできたらなとも思っています。歌詞・曲調ともにパワフルなので、楽曲に合わせて楽しんで聴いていただけたら嬉しいですね。

――パワフルという面では、MVも制作した『Country Girl』も強烈な存在感を放っていますよね。

TANAKA ALICE 『Country Girl』を作ったのは3年くらい前になります。この楽曲も、完成までにじっくりと時間をかけました。『Country Girl』はウェスタン調の楽曲。MVも、ウェスタン映画の色々な場面を切り取ったような映像に仕上げてくださいました。馬に乗っているシーンもあれば、ウェスタンダンスを取り入れたダンスシーン、そして監督の拘りが一番見られた豆を食べているシーンはもちろん、クレジットの入れ方や文字のフォント、映像の質感も含め、まさに60年代頃のウェスタン映画そのもの。わたし自身、MV撮影前に、監督さんから参考用にとウェスタン映画のタイトルを何本か教えていただき、その作品を観たうえで撮影に挑みました。当時の映画の香りと重ねながら楽しんでいただけたらなと思います。
歌詞には、田舎で過ごしてきた女の子の野望。どんな環境へ身を置こうとも自分の信念を変えずに力強く、逞しく生きてゆく様を描き出しています。「YEE HAAAW」と声を張り上げているパートがありますので、そこはぜひ一緒に声を上げて楽しんでくれたら嬉しいですね。

――『東京女神』も『Country Girl』も、他の曲たちもそうですが、ALICEさんの歌には強い女性が登場しますよね。

TANAKA ALICE そこは、どんな歌詞の内容であれ共通するところです。どういう状況や立場、環境へ置かれようと、自分の意志は決してブレることなく貫く。そういう芯を持って進みたいですし、聴いてくださる方々にもそういう意志や信念を持って欲しいので、どうしてもその様な思いを記すことは多いです。

――『Atlas Beaz』に続いて流れる、「ぱんぱんぱんぱんぱん、slap」と語るような歌から始まる『ハエタタキ』も、かなりインパクトの強い楽曲ですよね。

TANAKA ALICE わたしは、この曲を「成敗ソング」と呼んでいます。楽曲自体は、素直にビートに乗って楽しんでいただきたいと思っていますが、世の中には成敗したいことがたくさんあって、それを歌詞に乗せてぶつけています。
わたしは、日本発、東京発のアーティストとして、アルバムごとにかならず日本らしさをどこかしらに取り入れることを意識しています。それは曲であったりMVであったり、ファッションであったり形は様々ですが…。今回のアルバムでいえば、『ハエタタキ』がまさにそれですね。リズムとシンクロした超高速ラップも聞きどころです。

――『My World feat. Ayuse Kozue』を受けて流れだすのが、クールなHIP HOPナンバーの『Still Alice』になります。

TANAKA ALICE アルバムの中盤を担う『Still Alice』も、バチバチなHIP HOP色を活かした高速ラップナンバーです。『Still Alice』は、ラップに徹した楽曲。そこも、ビートを味わいつつ魅力として楽しんでもらえたらなと思います。

すべてをTANAKA ALICEの心、感情を映し出した楽曲。今回はそういう曲たちを収録したアルバムになりました。

――続く『Psycho』は、後半へ向けて色を変えてゆく楽曲にもなりました。

TANAKA ALICE 『Psycho』は陽気な楽曲に聴こえますが、実際は世の中の常識だったりあり方だったり全てに対して反逆的なラップですね。でもどこかリスナーの皆さんもこの感情に共感できるはず。『Still Alice』や『Psycho』は、歌詞はもちろんですけど、ビートに乗ったラップや歌を楽しむなど、楽曲の持つ雰囲気も一緒に味わってください。

――アルバムの流れとしては、『命运 feat. NERDHEAD』を挟み、メロウなブロックに導く『See You Again』へと楽曲は進みます。

TANAKA ALICE 『See You Again』も、リリースのタイミングを見計らっていた楽曲でした。
私の場合、ラップも歌もどちらも自分になくてはならないもので、ラップの方が伝えやすいもの、歌の方が表現しやすいもの、常にそのベストな表現方法で作品にしています。『See You Again』は、歌で伝える楽曲。歌詞には、今だから語れる自分の素直な思いを記しています。歌詞は、聞く方の受け止め方によって思いの色も違って見えてくるので、そこは自由に受け止めてもらえたらなと思います。この『See You Again』をきっかけに、ここからアルバムもメロウな曲が続く流れを描きだします。

――「あなたらしくいれば」と歌いかける『One Heart』も、印象深く胸に響きました。

TANAKA ALICE この曲は、4年くらい前に制作した楽曲。『One Heart』も、少しずつブラッシュアップしながら今の形まで導きましたが、この曲は、気持ちが落ち込んだときに聞いてほしい曲であって、当時辛い経験をしていた親友を想いながら歌いました。
『One Heart』も、聴いてくださる方によって歌詞の受け止め方は異なると思います。だから、聴いた方々それぞれに感じたまま、この歌詞や楽曲を受け止めてほしいなと思います。

――次が、『Itʼs OK to Love Someone』になります。

TANAKA ALICE この曲は、YouTubeやストリーミングですでにリリースしている楽曲です。ここ数年はパンデミックや世界情勢により色々な変化があったと思いますし、そんななかで私が皆さんのことをサポートできればと思って歌ったのが“It’s OK to Love Someone”です。ここ までしっとりと語りかけるような歌は初めてだったんですが、私自身大人になり、色々経験してきたからこそ歌えたものですし、私の歌がみんなの心の拠り所になれればいいなと思っています。 この曲も、自分の気持ちと置き換えながら聴いていただけたらなと思います。

――最後に『Atlas Beaz Ep.II feat. LeHee』が流れ、アルバムは幕を閉じます。改めて、完成したアルバム『東京女神』についての思いを聞かせてください。

TANAKA ALICE 「東京女神」この10年のTANAKA ALICEの葛藤や思いを映し出したアルバムになりました。ここには、今のわたし自身の感情から、聴いてくださる方々と共有したい想いを歌った曲たちを収録しています。今思えば、10代の頃のわたしは、歌詞の持つメッセージやテーマを私なりに解釈して歌っていました。しかし、少し大人になって、それぞれの楽曲に対するアプローチや捉え方、または表現の仕方に多少の変化はあったと思います。今回ここに収録した曲は、どれも自分の気持ちとして自分の経験として表現していて、まさにTANAKA ALICEの現在の心を映し出した一枚になりました。それが今作の大きな特色だと思います。

今回、『Country Girl』のMVに続き、『Atlas Beaz』のMVも公開させていただきました。そのうえで、アルバム『東京女神』のリリースへと流れを作りました。自分の強い意志を持った初心な田舎娘が上京。東京を舞台に自分に磨きをかけ、東京で女神のような輝きを放つ。ただ細かい設定は置いといて、皆さんに面白く感じ取っていただけたらと思います。ぜひ、この流れを通して、アルバムまでの道筋を楽しんでいただけたら嬉しいですね。

――最後に、メッセージをお願いしても良いですか。

TANAKA ALICE デビューから10年。もちろん楽しいことだけでなく、悔しい思いや、そして葛藤も経験してきました。アルバム『東京女神』は、そんな私の色々な想いや経験を経て完成した渾身の作品となっています。音楽は人の心にたくさんのパッションやエナジー、そしてハートフルな思いを与えることができるものです。今回のアルバムが、私の楽曲が、一人でも多くの方たちの気持ちに寄り添えるものになってくれたらいいなとわたしは思っています。TANAKA ALICEワールド全開の「東京女神」、ぜひ楽しんで聴いてもらえたら嬉しいです。

TEXT:長澤智典

TANAKA ALICE – Country Girl MV 
https://www.youtube.com/watch?v=0r5rncAxPBU

TANAKA ALICE  Atlas Beaz MV 
https://youtu.be/lj7nXuXY9Fg

「東京女神」CD・配信はこちら
https://vaa.lnk.to/nwTfi7

<商品情報>
発売⽇:2023 年2 ⽉1 ⽇(⽔)
アーティスト名: TANAKA ALICE
タイトル:東京⼥神
jacket
収録曲:
M1.東京⼥神
作詞:GIORGIO 13 作曲:GIORGIO CANCEMI
M2. Country Girl
作詞:GIORGIO 13 作曲:GIORGIO CANCEMI
M3. Atlas Beaz
作詞:GIORGIO 13 作曲:GIORGIO CANCEMI
M4. ハエタタキ
作詞:GIORGIO 13 作曲:GIORGIO CANCEMI
M5. My World feat. Ayuse Kozue
作詞:TA, AYUSE KOZUE, GIORGIO 13 作曲:GIORGIO CANCEMI
M6. Still Alice
作詞:GIORGIO 13 作曲:GIORGIO CANCEMI
M7. Psycho
作詞:GIORGIO 13 作曲:GIORGIO CANCEMI
M8. 命运 feat. NERDHEAD
作詞:GIORGIO 13 作曲:GIORGIO CANCEMI
M9. See You Again
作詞:GIORGIO 13 作曲:GIORGIO CANCEMI
M10. One Heart
作詞:GIORGIO 13 作曲:GIORGIO CANCEMI
M11. Itʼs OK to Love Someone
作詞:GIORGIO 13 作曲:GIORGIO CANCEMI
M12. Atlas Beaz Ep.II feat. LeHee
作詞:TA, GIORGIO 13, LeHee, TaeJoonHan 作曲:GIORGIO CANCEMI

All songs produced by GIORGIO CANCEMI

仕様:通常盤 VATL-0008
限定盤 VATL-0007 ※限定盤は、Atlasmusic Official Shopのみでの販売
レーベル:ATLASMUSIC ENTERTAINMENT/Village Again Association

►Follow TANAKA ALICE
Website: http://tanakaalice.com/
Instagram: https://instagram.com/tanakaalice/
Atlasmusic Website: http://atlasmusic.jp/

Share this...
Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook

About FDSM編集部 2394 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。