H ZETT M、ピアノ独演会特別公演で2022を締めくくる。 来年は新たな展開へ。2月には八ヶ岳2DAYS決定!

11月30日(水)、H ZETT Mがグランドピアノ一台だけで独自の演奏スタイルを披露する「ピアノ独演会」の年内最後の公演「ピアノ独演会2022 silence in TOKYO 上映会 – さくらホール 秋の陣」が無事終了した。

今回はH ZETT Mが音楽を担当した、コロナ禍の緊急事態宣言発令によりゴーストタウンと化した首都圏を題材にしたショートムービー「silence in TOKYO」の上映会と「ピアノ独演会」をドッキングさせた特別公演として、いつもとは違った趣向で観客を魅了した。

20221130-web0001

開演と同時に映画の上映が始まった。映画が終わると幕が開き、スモークに包まれた神秘的な雰囲気の中、H ZETT MのピアノとDTMが調和したショーが始まった。そこからは、ほぼMC無しで7曲が一気に披露された。

20221130-web0005

15分の休憩を挟み、再び客席の明りが落ちると、セットが取り払われピアノと最小限の機器だけが置かれた、いつもの「ピアノ独演会」のステージがいつもの生明かりの中に浮かび上がった。
そこからH ZETT Mは、ピアノ1本で生演奏を5曲披露した。
トロイメライ(夢)、「カルメン」から ハバネラなどクラシックの曲も取り入れて、トリッキーでユーモアのあるパフォーマンスは時には会場に笑いを誘った。

20221130-web0006

アンコールでは、ショートムービー「silence in TOKYO」の中で使用された、アントニン・ドヴォルザークの「遠き山に日は落ちて」のフレーズを用いた20分にも渡る長編楽曲を、この日のためにショートバージョンに編曲し直したものを披露。演奏後にはモリカツヒコ監督を舞台に招いて、この作品に対する想いを語りあった。

20221130-web0010

ラストはオリジナル曲「喜びのテーマ」で会場をリラックスさせて締めくくった。

これが今年最後のピアノ独演会となったが、すでに来年2/10(金),2/11(土)には初の2Days公演が決定している。
タイトルは「ピアノ独演会2023 冬 八ヶ岳の陣 新章 – 展開の始まり2Days –」。
場所は長野県 八ヶ岳高原音楽堂となっている。
「タイトルにあるように、少し新しい事を考えておりますので、ご期待ください」とH ZETT M本人がMCで述べており、期待がかかるところとなっている。

20221130-web0011

H ZETT Mの年内の活動としては、自身のトリオバンドH ZETTRIOの全国ツアー終盤戦とブルーノート公演3Daysがあり、2022年はまだまだ終わらない。

【silence in TOKYO 特設サイト】
https://silenceintokyo.com

【LIVE INFOMATION】
2022/12/11(日)10:00〜チケット一般発売
ピアノ独演会2023 冬 八ヶ岳の陣 新章 – 展開の始まり2Days –
日程:2023/2/10(金),2/11(土)
時間:OPEN 14:30 / START 15:00
会場 : 長野 八ヶ岳高原音楽堂
【Ticket info】
コンサートのみ ¥9,500 / 宿泊プラン 1名様 ¥31,000〜 (tax in、全席指定)
Info:八ヶ岳高原ロッジ 0267-98-2131

【RELEASE INFOMARION】
各配信サイトにて配信中!
「Silence in Tokyo」
silenceintokyo_jk

H ZETT M ピアノソロアルバム 発売中!
「記憶の至福の中に漂う音楽」
全 26 曲入り 2枚組
APPR-3018/3019 ¥3,300(Tax in)
H1_jk_size

[Disc1]
1.Opening
2.曖昧なもの
3.同期する
4.跳躍
5.Complex
6.記憶
7.雨空
8.羨望
9.夕刻
10.冬支度
11.New Thing
12.Fantasia
13.水平線

[Disc2]
1.エコロジー思考
2.近代
3.月
4.蠢き
5.秩序
6.12
7.Cosmos
8.雲
9.Never Ending
10.ひらひら
11.大いなる外
12.楽園
13.夢

Share this...
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook

About FDSM編集部 2020 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。