Risky MelodyのALICEこと日野アリス、なぜ、「RIZIN」のラウンドガール・オーディションに参加するのか…。

 Risky Melodyのリーダーであり、ヴォーカリストとして活動中のALICEこと日野アリス。これまでも、みずからの人生を注ぎ込んだバンドしての活動を世に広めようと。いや、Risky Melodyとしての音楽を大勢の人たちの心へ響かせるためにと、無料公演や積極的な全国ツアーを重ねてきた。同時に、「すべてはバンド活動へ還元するために」との思いから、舞台を中心にした役者活動や、グラビアをメインにしたモデル活動も積極的に行ってきた。
Risky Melodyという人生のすべてを注ぎ込んだバンドを通して伝えたいメッセージを、音楽ファン以外の人たちにも知ってほしい想いが、結果的に役者やモデル業という活動にも繋がっていた。もちろん、その背景には、その才能や魅力もあったからなのは間違いない。
自分たちの武器を少しでも使える場があり、そこで惹かれた人たちを、音楽という自分たちの得意なフィールドへ引き込めるならと、ALICEこと日野アリスは、これまでにもいろんな分野や魅力を伝える場を広げれば、その中で、自身の才能を発揮。着実に、Risky Melodyという主戦場にも人たちを呼び込み続けてきたし、今も、そのための活動を続けている。

過去には、「ミスFLASH2020」にも輝いている日野アリスは今、先日行われた那須川天心VS武尊のTHE MATCHや、朝倉未来VSメイウェザーの発表などで話題の「RIZIN」のラウンドガール・オーディションで「RIZINガールオーディション」へ参加している。彼女がなぜ、音楽分野以外でも身体を張った戦いを続けているのか。その本心を探るべく、ミニインタビュー実施。以下へ、彼女の想いを伝えたい。

――いろいろな活動をされていますが、Risky Melodyの日野アリス、グラビアアイドルとしての日野アリス。本心はどこに?本音を聞かせてください。

日野アリス 私はずっと、バンドがやりたかった。だから事務所にお願いしてタレントとして売りたがっていた事務所を説得してバンド活動をさせてもらえるようになった。バンドで活動していると、どうしても大人の事情、CDの売り上げ枚数など、作品を作る以外のことが、必要なんだということを知るようになった。だとしたら、力のない私たちは諦めるしかないのか、、、という悩みが生じた。でも、いま応援してくれているファンのみんなや、支えてきてくれたみんなに対して、それで諦めるというのが嫌だった。
どうにか、いい作品を、少しでも多くの人に聞いてもらいたい、ライブに足を運んでもらいたい、と思っていた時に、ひょんなことから、グラビアをやりたいという後輩の引率で行ったときに、「グラビアやってみないか?」と言ってもらえたのをきっかけにグラビアアイドルになったら、今まであったことないお客さんにも曲を聴いてもらえるようになるんじゃないかと思って、グラビアの世界に足を踏み入れました。なので、ずっと私はRisky Melodyの日野アリスです(笑)。

――日野アリスの思う「ROCK」とは?

日野アリス 私の思うロックは、挑戦をやめないこと!です(笑)。もともとロックは体制に対する反発から生まれた音楽みたいなので、そういうのが好きで。ロックにノリを混ぜた音楽が、Risky Melodyの今の音楽なんだけど、今ある固定観念ではない、批判されても、貶されても誰かの力になる音楽。私も少なからず今まで散々、偏見や、言葉の暴力に耐えてきました。でも、いつも「OUT THE JOKER」という曲でも書いている言葉なのですが、大事なのは負けないことということを頭に、受け入れてきました。評価されることがすべてではない。批判ももちろん重要で。それを乗り越えて前に進む力になる。誰かを、今のままでなく、背中を押すような音楽をやりたいなあと思います。

――グラビア活動は、もちろん。今回のようなラウンドガールのオーデションへ挑戦していると、バンドマンのくせにと思う人たちも出てきます。それでも挑戦してゆく理由。そういう人たちを納得させる言葉をください。

日野アリス 音楽の世界を知れば知るにつれて、才能が凄いのになぜ評価されないんだろう、というアーティストにたくさんあってきました。ライブハウスも動員を見込めるグループアイドルをメインにし始めているところも多い。
もちろん、皆、売り上げがないと成り立たない世界。私はバンドが好きで、バンドを何とかしたいからバンドのために全力を使いたい。それがたまたまグラビアだったり、舞台だったりでした。バンドのためにバイトをするバンドマンとなにも変わらない。
もちろん活動をバイト感覚でやったことはありませんけどね。
グラビアアイドルも、提供できるものを研究してやってますが、
時々、バンドマンよりグラビアアイドルのみんなの方が、真剣にギリギリでやっているのでは、と思う部分も見えてきました。音楽一本というのももちろんいいことだとは思うけど、こうやって活動できる場所が多くなってきた時代、大事であればあるほどいろんな活動をした方がチャンスが広がるんじゃないかなあと。
バンドマンという肩書よりも、聞いてくれる人をいかに集め、何を聞いてもらうのか。誰の背中を押すのか、それがこれから私が目指していくことなのではないかと思います。

――「RIZIN」のラウンドガール・オーディションへ応募した理由を改めて聞かせてください。そのうえで、今、どんな風に自分の意志をみなさんに伝えているのでしょうか?理由を教えてください。

日野アリス 私やRisky Melodyの名前を知って欲しい!というのが本音…ではあります。
実はオーディションに参加したときに、ファンのみんなにも日野アリスは格闘技好きなの?と話をされました。細かい部分までは正直わかりません…。でも、先ほど話しました「OUT THE JOKER」はあるボクシングの試合で、何度もダウンして、判定では負けるとわかっているのに攻め続けて最終ラウンドでKOした、ある選手を題材にしました。「Sky is the limit」は、絶対かなわないという選手に挑んだ試合を見て、結局負けてしまったんだけど限界をきっと彼は越えたんだ。勝ち負けではない何かを手に入れたんじゃないか、そんなことを思って作りました。そんな風に格闘技の試合を題材に歌詞を作ることが多かったので、実は結構見てます(笑)。ある舞台でボクシング3階級制覇の長谷川穂積選手と舞台で共演する機会がありまして、実はバンドもやられてていろいろお話しさせて頂いたのですが、とてもユーモアあふれて優しくて、すごい人なのに演技に関してはすごく真摯で、人間性とストイックさなどの中身に触れて、高ぶったことがありました。私は誰よりも早く稽古場に来て、しっかりアップをして稽古に臨むというのがプライドであったのですが、それよりも前に、トレーニングをしてから稽古場に来るとか、現役を退いても、ボクシングはやめられないとか、そんな生き様がとても刺激になりました。戦いに身を置いていた人はマインドが凄いんだなあと。先日のTHE MATCHも那須川天心選手と武尊選手の試合も、見てて感動しました。真剣勝負にはSTORYがあって、それにお客さんは鼓舞されて、また明日を元気に生きる希望にするんだなあと、あの試合を見て私も及ばずながら負けてはいられない。これを曲にしたい。そんな風に思う格闘家の試合を、間近で見て、それを曲にしたい。そんなライブがしたい。
そんな気持ちです。

――なぜ、「RIZIN」のラウンドガール・オーディションに合格したいのか。その熱意を教えてください。

日野アリス 今、RIZINとてもいろいろなSNSで流れてきてますよね。YouTubeとか。これは、格闘技を広めようと思っている関係者の皆様、選手の皆様が日々努力を重ねて、また、本当に面白いからみんなの注目を集めているのだと思います。それを間近で見たい。私もそんな選手の熱い試合をもっと多くの人に広めたい。そしてそんな戦いの音楽を作って、聞いてくれる人の明日の力になりたい。その思いで頑張ってます!

――最後に、Risky Melodyの近況や、日野アリスさん自身の最近の活動について聞かせてください。

日野アリス Risky Melodyは、新型コロナの猛威を経て、お客さんの気持ちで生かしてもらったバンドです(笑)。それはメンバー5人の総意です。自分たちの音楽を待っていてくれる人がいること。まずはそのみんなに楽しんでもらう音楽、ライブを作る。それを目的に頑張っています。いま「VOLCANO TOUR」というツアーを行っているのですが、リリースでもないのになぜツアーなのかというと、まだまだ自由に動けない各地のファンのために、ファンに生かしてもらったバンドができることと言ったら、そんなファンのいる各地のライブハウスに自分の足でいくこと。これしかないなと思いツアーをやってます。「VOLCANO=火山」という意味なのですが、きっと新型コロナで、封じ込められた人々の気持ちは、噴火する、発散することが出来なくて、それは噴火前の火山のような感じなんじゃないかなと思うんです。その気持ちを噴火させるような、ライブがしたい。そう思ってのツアーです。このファイナル、7/17赤羽ReNY alpha、7/26大阪JANUSで行います。どうか多くの人と盛り上がって、今しかできない最高の景色を作りたい、そう思って活動しています。どうかお時間許す方は会場まで足をお運びください。Risky Melody、日野アリス、宜しくお願いします!

★インフォメーション★

「RIZINガール2022オーディション」
https://www.rankingmaster.jp/rizin-girl-2022/ranking
投票権を購入し、投票いただくシステムです。26日21:00まで。

日野アリス SNS
★Twitter★
https://twitter.com/hinoalice?t=JW9uclhN4TzWSm06ViXQEg&s=09

★Instagram★
https://www.instagram.com/alice_hn24/

★SHOWROOM★
毎日配信中。
https://www.showroom-live.com/flash_2020_15?t=1642163600

★FOLLOW ME★
会員限定、ファン向けのSNS。
https://followme.app/@hinoalice

「Risky Melody」
★Twitter★
https://twitter.com/_Risky_Melody_
★HP★
https://risky-melody.com/

▶️▶️アルバムリリース◀️◀️

3年半振りのNew album発売!

Risky Melody New album
「ESPERANZA」
💿2021.11.03 on sale💿

発売元:MAGNIFIQUE RECORD
販売元:コロムビア・マーケティング株式会社
価格:¥3,000(税抜)

▼Risky Melody VOLCANOTOUR

TOUR HP
https://t.co/33DowIYGHP

LIVE SCHEDULE一覧
https://t.co/oTOZGAXnqL

【VOLCANO TOUR FINAL ONE-MAN LIVE “TOKYO”】
7/17(日)赤羽ReNY alpha
OPEN 17:00 START 18:00
ADV¥4000 DOOR¥4500(+1Drink)
ticket
https://tiget.net/events/181310

【VOLCANO TOUR FINAL ONE-MAN LIVE “OSAKA”】

7/26(火)心斎橋JANUS
OPEN 18:00 START 19:00
ADV¥4000 DOOR ¥4500(+1Drink)
ticket
https://tiget.net/events/181314

Share this...
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook

About FDSM編集部 1898 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。