コロナ禍の新様式!リモートでアイドル活動! 動画を送るだけ!誰でも参加できるアイドルグループがメンバー募集!

依然として新型コロナウイルスが猛威をふるい、首都圏4知事が政府へ緊急事態宣言の発出を要請した2021年の幕開け。
再び自粛が叫ばれている中、興味深いプロジェクトが発足した。
「みんなアイドルプロジェクト(以下、MIP)」という名のそのプロジェクトは、文字通り誰でもアイドルになれるという夢のようなプロジェクトだ。

アイドルになるためにはオーディションなどで選ばれ、厳しいレッスンを経て晴れてデビューする形が一般的だ。
その手前には必ずと言って良いほど応募資格が存在するものだが、MIPには性別が女性であること以外、基本的に応募資格が存在しない。
年齢も国籍も不問。
強いて言えば、MIP用に用意された楽曲「あの空にYELL」を歌いながら踊れるということだけが条件である。
同曲のお手本動画で振付を覚えて、スマホ等で動画を録って事務局へ送るだけで、世界中どこにいてもMIPに参加してアイドルになれるという、コロナ禍の時世に即したプロジェクトなのだ。

昨年春先から新型コロナウイルスの感染が拡大して以降、インターネット上ではプロアマ問わず様々なコラボ企画が実施されてきた。
一見、MIPもそれらと同じくインターネット上で完結するコラボ企画のようにも見受けられるが、参加して楽しむだけの企画とは異なり、MIPにはその先に出口が(むしろ夢への入口と言うべきだろうか)が存在する。
企画の盛り上がり次第では、デジタル配信やCD化も視野に入った本気度の高いプロジェクトであり、コラボ企画という言葉では片付けられない、当に“リモートアイドルグループの結成”と呼ぶに相応しい。

それもそのはず。
MIPの事務局は、TVアニメ「プリキュア」シリーズの主題歌シンガーとしても知られる池田彩や、飛ぶ鳥を落とす勢いのボーイズグループ・Super Break Dawn、フライヤー10万枚ポスティングで注目を集めたロックバンド・セットラウンドリーなどが所属する(株)ユニオンミュージックジャパン内に設置されている。
小規模ながら常に話題を提供してきたレコードレーベルだ。
「あの空にYELL」の作曲は同社代表取締役の藤川健こと音楽クリエイターのKEN asano FUJIKAWA、振付は同社に所属するダンスアーティストで近年はアクション女優としても活躍する山本夢が担当。
同社の遊び心と本気が感じられる。

MIPの特徴には、参加後も「恋愛禁止」などアイドルグループにありがちな縛りが一切ないことも挙げられる。
アイドル界隈でしばしば問題視されている「ブラック運営」のような心配もない。
さらに、所属先の許可さえあれば、既にプロダクション等に所属しているタレントでも参加できるという。
参加者には同社が保有する「あの空にYELL」カラオケ音源のレコード製作者の権利(著作隣接権)が解放され、以降同曲のカラオケ音源を自由に使えるという特典もある。
オリジナル曲のレパートリーを増やしたいアイドルやシンガーにもオススメだ!

参加申込み方法は、MIPのLINE公式を友だち追加すると詳細が届く仕組みだ。
届いた詳細に従って申し込んでほしい!

「みんなアイドルプロジェクト」LINE公式
https://lin.ee/ys6QbGh

※LINE公式を友だち追加しただけでは申込み成立にならないので注意していただきたい。

尚、申込み期間は2021年1月1日(金)10:00~1月31日(日)23:59だが、定員の307名に達した時点で締切られる。
興味を持ったそこの女子!
迷っている暇はないぞ!
千載一遇のチャンスを掴みとれ!

Share this...
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook

About FDSM編集部 1726 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。