記念すべき第一回開催!『バシフェス×千葉日報による千葉アイドル発掘&応援イベントを開催!千葉vs埼玉のトーク合戦も!』イベントレポート到着。

昨年MC数はなんと254本。また構成作家やトーク講師として現在引っ張りだこの”石橋哲也”が、千葉日報と企画し、千葉出身&千葉在住者のメンバーがいるグループを集め”千葉アイドル発掘&応援イベント”を8月14日(金)ワロップ放送局にて開催した。

各出演者はそれぞれのファンを前に40分のライブパフォーマンスを繰り広げ、また、トーク合戦では各グループの千葉、埼玉出身のメンバーがお互い魅力をアピールし大いに盛り上がった。

そして当日は千葉日報の朝刊裏一面をチバシフェス出演者でジャックし話題となった。

既に他県とのコラボを期待する声が多数上がっており、今後の展開に期待が高まるところである。


〈石橋哲也 コメント〉
【イベント全体について】
同じ会場での5部制は、、

開場→本番→消毒換気→お客さん入れ換え→開場、、これを5回転。主催もスタッフも演者も誰かが気を抜くと一気に時間が狂う。リスクも増える。

レーサーとテクニカルとピットクルー全員が集中しなきゃいけない、まるでF1のようなイベントでした。

コロナと戦いながらのイベントはこうなっていくのかなと、主催と会場とスタッフの普段からの人間関係とか信頼とか、意思疏通がないと成り立たなくなるんじゃないかと思いました。

【千葉埼玉トーク】

千葉と埼玉、、永遠のライバルにして地元を愛しつつもお互いの地を踏まずに楽しい生活は出来ないという、、関東最大のカタルシス。

それを示すかのように、両軍は最初探り探りでしたが次第にヒートアップ!

最終的には、埼玉軍の全面降伏でしたがこれは『チバシフェス』のホームグラウンドでの結果。

埼玉で開催するイベントでの埼玉軍の反撃が楽しみ!

■出演者
【eN】
いちぜん!
SW!CH
notall

■MC
石橋哲也

Share this...
Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook

About FDSM編集部 2374 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。