[10年振りにシアスタメンバー結集] 妹分「ほくりくアイドル部」が記録更新!動員1,033名・金沢市民会館をSOLDOUT~12月にシアスタ動く⁉

1月26日、北陸三県(石川県・富山県・福井県)を元気にさせる16人組ガールズユニット・ほくりくアイドル部が金沢市文化ホールで単独公演「ほくりくアイドル部 3周年記念感謝祭」を開催した。チケットは当日を待たずに完売。立ち見席が用意される盛況ぶり。1時間30分にわたり珠玉の19曲のほかに新衣装の発表、新メンバーお披露目、生バンドに挑戦と企画が目白押し。金沢市長をはじめ、プロサッカー「ツエーゲン金沢」、プロバレーボール「PFUブルーキャッツ」、プロバスケットボール「金沢武士団」、プロ野球「石川ミリオンスターズ」の選手、関係者が3周年を祝いに会場にかけつけた。
総合プロデューサー・中新賢人がボーカルを担当する北陸のレジェンドバンド・Seattle Standard Cafe’ (通称:シアスタ)のメンバーが10年振りに再会。ライブの直後にインタビュー取材をしてきました。

改めて自己紹介をお願いします!

木多 「Guitarの木多良介です。金沢市内で『DINNING BAR GREEN』経営してます」
川本 「Manipulator&Guitarの川本将史です。シアスタ唯一の既婚者、子持ちで現在、山形県酒田市で作詞・作曲・編曲家をしてます」
村井 「Bassの村井渉です。金沢市内でラーメン屋『味噌専門 麺屋 大河』『麺屋 渉』を経営してます」
加納 「Drumsの加納正喜です」
MOMO 「サポートメンバーでVocalのMOMOです」

妹分のほくりくアイドル部のステージを見て感想をお聞かせください

木多 「シアスタの曲をたくさんカバーしてくれていて単純に嬉しいです」
村井 「赤羽ホールでライブしたときのこと思い出しましたね」
※ 2013年シアスタ結成10周年記念『北國新聞赤羽ホール単独公演』でチケット完売。立ち見を含めて574名、北國新聞の動員記録を樹立
川本 「『マイメロ!』『マイフレンド』『キスからはじまるストーリー』の3曲は自分が手がけた曲。一緒にステージに立っている気持ちでした」
加納 「インディーズで1,000人はたいしたもの!中新がやっているとか、妹分とか関係なくアーティストとして凄いなあと。あとリーダーゆかりちゃんのドラム良かったですね。スティックさばきに感心しました」
MOMO 「グループの恩師・若狭社長が作りたかった女子アイドルってこういうのかなあとウルっとしちゃいました。あと岩倉彩花ちゃんは小学校のときシアスタのライブ見に来てくれていたんだよね。いろいろ運命を感じるなあと」
※「金沢のミュージシャンの父」と呼ばれた老舗ライブハウス「vanvan V4」の社長・若狭剛。B’zを始め、内外のミュージシャンと親交が厚く、金沢出身の中田ヤスタカら地元の若手の東京への売り込みに尽力をつくす。2013年に他界。

ほくりくアイドル部の総合プロデューサー・中新賢人さんに一言お願いします

木多 「もっと頼ってもいいよ」
川本 「ほくりくアイドル部も大事だけど、僕は中新賢人のために曲を書いている。あいつは男がホレる魅力的な男だ」
村井 「いろいろ抱えこまなくていいんだよ」
加納 「楽しみにしてます」
MOMO 「シアスタがやりたかったことを1人でしてくれている。感謝しかない」

シアスタファンに一言お願いします

木多 「弾き語りBARを作りたい、後輩のバンドマンを集めて、イベントして」
川本 「子供が可愛くて仕方ない。父ちゃんかっこいいなあ!と言われる親父を目指す」
村井 「ラーメンに人生ぶつけてます!あと月一で良いから楽器やっていきたいかなあ」
加納 「今はサラリーマンですが、夢は決してなくならないもの。歌は披露したいなあ、シアスタのメンバーでないとできないものを」
MOMO 「シアスタでワンマンやりたい、ミュージシャンには終わりはないので」
川本 「じゃあ、みんなやる?2020年12月頃とか!」
一同 「(無言のアイコンタクト)」

<セットリスト>
M1 マイメロ!
M2 A Whole New World
MC ※新メンバーの紹介
M3 たとえ 一億人が笑ったって
M4 Golden Smile
M5 SUGAR-BOY
MC ※「動員1000人を突破!達成」の発表
M6 シャッターチャンス
M7 マイフレンド
M8 きっと、ミラクル
M9 kimiwa
M10 Re:START ~きっと運命なんて必要ない~
M11 【アイドル部メドレー】キスからはじまるストーリー、Spark、HP満タン、SHINING
M12 【CMソングメドレー】ツエーゲンのテーマ、PFUブルーキャッツのテーマ、 風になれ
M13 風をあつめて
M14 Today(アンコール)

『ほくりくアイドル部』
アンサー・エンタテインメントによる、全国の舞台でも通用する「北陸発信のスター」を見出す育成プロジェクトから2016年6月に結成。北陸のレジェンドバンド・Seattle Standard Cafe’ (通称:シアスタ)のボーカル【中新賢人】を総合プロデューサーに迎え、北陸に縁のある現役アーティストや次世代のクリエイター陣とともに「120%北陸産の“音楽”」を全国に発信。活動拠点は北陸。コンセプトは「地域みんなで育てるアイドル・アーティスト」、キャッチコピーは「北陸を“音楽”で元気に!」。地元から多くの支持を受ける。肩書き10個は全国のアイドル肩書きランキング第4位の記録をもつ。
『金沢マラソン公式応援リーダー』『北陸ラーメン博公式応援アイドル』『Jリーグ・ツエーゲン金沢公式マスコットガール・ツエーゲンガール』『石川県・いしかわ就職応援ガール』『NSJ 日本スカウトジャンボリー公式サポーター』『Vリーグ PFUブルーキャッツ・BlueCats チアチーム』『プロ野球 石川ミリオンスターズ 球団公式応援グループ・M’sガール』『北陸地方 ファミリーマート アンバサダー』『かなざわ5時間リレーマラソン公式応援アイドル』『北國新聞社・北國こども新聞・ほくりくタンケン部』
https://hkrk.jp/

『Seattle Standard Café(シアトルスタンダードカフェ)』
2003年1月結成。略称は「シアスタ」。コンセプトは金沢から発信する「加賀百万石ロックスタイル」を提唱。北陸を代表するロックバンドで結成から一度のメンバーチェンジや脱退も無く18年目を迎える稀少なグループ。2004年メジャーデビュー。2005年、2007年と2度にわたり「全国47都道府県LIVEツアー」を成功におさめ完走(完奏)。2010年、韓国、台湾の両国にてメジャーデビュー。台湾で2万人の前で熱演。2013年以降、 「いしかわ観光特使」任命をはじめ、「ツエーゲン金沢」公式応援ソング、「北陸新幹線」金沢開業PRソング、「金沢マラソン」公式応援ソング、「PFUブルーキャッツ」「カレーのチャンピオン」公式テーマソング等、多数のタイアップ曲を手掛ける。
https://www.seattlestandardcafe.com/

【撮影】山本斉 / アンサー株式会社

Share this...
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook

About FDSM編集部 1366 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。