小室友里、舞台女優として最後の舞台公演「女囚175 Part2〜更生〜」へ主役で出演中。その理由を、語る!!

現在、ラブヘルスカウンセラー・講演家・ヴォーカリスト・コラムニストとして活動中の小室友里さん。本人のBioによると、ラブヘルスカウンセラーとは「男女が深いコミュニケーションを交わし合い、本物のパートナーシップを構築するために「愛してる?愛してるよ!」と言い合える【ラブヘルスマインド】を提唱。口喧嘩からセックスレスまで、男女コミュニケーション」をカウンセリングしてゆく活動を指している。
彼女が紐解く男女間のレスコミュニケーションの解消法は、会社内に於ける社員たちとの円滑なコミュニケーション方法や、セクハラなどのモラル面での改善にも反映出来ることもあり、様々な企業から講演会の依頼が殺到。今や、年間数十本もの講演を全国各地で繰り広げている。

現在も、ライフワークとしている音楽活動はもちろん。舞台や映画などに出演してきたが、世の中への貢献を活動の軸に据えようという想いと、そこへより時間を割いてゆくために、小室友里は一つの決断を下した。それが、「舞台女優としての活動を引退」することだった。その決断について、本人はこう述べてくれた。

「やめなくてもいいんじゃないか、というお声掛けもたくさんいただきます。AVを辞めて新しい表現として舞台女優になり、今度は舞台女優をやめて講演家という表現をする。表現のステージが変わるだけなので、小室友里としてのステップアップだと思っています」(小室友里)

現在、小室友里は舞台女優として最後となる舞台公演「女囚175 Part2〜更生〜」へ主演している。同劇は、覚せい剤取締法違反懲役4年の刑期を終え2008年1月に出所した、竹田淳子さんの出所後から現在までの半生を描いたノンフィクション劇。社会復帰を目指すも、彼女の前にはつねに偏見・差別・病気・薬の誘惑・男の欲望など、様々な超えねばならない壁が立ちはだかっていた。何度も挫折しそうになりながらも、その壁を乗り越え続けてきた彼女の壮絶な生きざまを描いたのが、この舞台劇となる。                                   
小室友里は、主役となる竹田淳子の波乱に満ちた人生を、その身と感情を曝け出して演じてゆく。彼女自身も波瀾万丈な人生を送りながら、今、一つの決断を下し、そのケジメをつけた様を演技の中へ重ねている。同劇が伝えたのは、様々な偏見や差別と戦うのではなく、自分自身とどう向きあうか。この物語は、一人の女性が”自分の生きる意味”を見いだすまでの心模様の変化や気づきを、悲喜様々な経験を通して描き出す。途中には、小室友里自身の経験とも一部重なる面も見えてきたのも嬉しい見どころだった。舞台は、11月24日(日)まで池袋シアターグリーンBOXinBOX THEATERで上演中。彼女の舞台女優としての最後の雄姿を、ぜひご覧になっていただきたい。

また、小室友里自身が生涯を懸けて続けてゆくシンガーとしての活動もコンスタントに行なっている。現在、ミニアルバム「音返し-ONGAESHI-」も発売中。この作品には、音楽を通した小室友里自身の生きざまが収録した各曲の中に映し出されている。ぜひ、歌を介して小室友里の心の素顔にも触れていただけたら幸いだ。


TEXT:長澤智典

★オフィシャルサイト・SNS★

小室友里 Web
https://www.komuro-yuri.com/
小室友里 twitter
https://twitter.com/yuriwan0728
小室友里 Instagram
https://www.instagram.com/komuroyuri0728/
小室友里 YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCvTMQyMMdwikzrZkGq_ljHA?view_as=subscriber
小室友里 SOUNDCLOUD
https://soundcloud.com/komuro-yuri

★舞台情報★

「女囚175 part2 更生」
期間:2019/11/19 (火) ~ 2019/11/24 (日)
劇場:シアターグリーン BOX in BOX THEATER
タイムテーブル
11月21日(木) ①14:00- ②19:00-
11月22日(金) ①14:00- ②19:00-
11月23日(土) ①13:00- ②17:00-
11月24日(日) ①12:00- ②16:00-
説明:
2008年1月3日 私は満期出所した。
社会復帰を目指すも、偏見、差別、病気、薬の誘惑、男の欲望…
そこには高い壁があった。何度も挫折しそうになり、
その都度、歯を食いしばり唇から血を流しながら耐えた。
それでも乗り越えられない現実に、乾ききったと思った涙が
幾度も溢れていく…

この舞台は昨年、女子刑務所の実態と覚せい剤中毒の実態を描き、
ショッキングな話題を呼んだ、
<女囚175 ~覚せい剤取締法違反 懲役4年>の完結編である。
満期出所した日から現在に至るまでの残りの人生をかけ、
数々の困難を克服失意に社会的に更生を果たした女性の波乱に満ちた物語です。         

料金:前売り¥5000
当日¥5500
スペシャルチケット¥8000
❤︎特典
①ステージ上でご指名のキャストと2ショット撮影
②稽古中のオフショット写真プレゼント

❤︎リピーター割引
2回以上ご観劇の際に500円割引
✳︎前回ご覧頂いた際の半券ご持参下さい
❤︎トリプルオーバー割引
1公演につき3名様以上で観劇される際は1人に付500円割引

●出演:
小室友里
お宮の松
松本洋一
朱魅
坂本久子
三井信人
水沢レイン
小野正幸
久山彩
村瀬真衣
竹田淳子 (出演・監修)
鳥海伯萃 (特別出演)

●作・演出:山添ヒロユキ
●お問い合わせ:「女囚175 PART2 更生」製作委員会
0354510435

是非、皆様お誘い合わせの上、お越し下さいませ

一般ご予約フォーム
https://www.quartet-online.net/ticket/josyu2

★音源情報★

「音返し-ONGAESHI-」
ジャケット 
アルバムタイトルチューンの「音返し 〜ONGAESHI〜」。この言葉は小室考案の造語で、デビュー20周年の2015年に、応援してくれたファンに向けて感謝の思いを音で返すという意味を込めて小室が詞を書き上げた。プロレス団体「ドラゴンゲート」オネェレスラー、ヨースケ♡サンタマリア選手のテーマ曲のアコースティックバージョンである「サンタマリア・ウォーク 〜マリアのキモチ〜」は、小室がマリアの気持ちを代筆し、歌詞を加筆。入場曲バージョンとは一味違ったメロウサウンドに。2001年にリリースした「re-smile」、「summer snow」もセルフカバー。新たに歌詞を書き下ろし、15年の時を超えたアンサーソングとなった。そんな現在の小室友里の素直な気持ちを優しいメロディに乗せた全6曲収録音源。

タイトル:音返し 〜ONGAESHI〜
税抜定価:2,000円
品番:DGTR-1012
POS:4997184979412
発売元:DRAGON GATE RECORDS
販売元:タワーレコード株式会社
収録曲:
01. re-smile、あれから僕らは
02. summer snow 2017
03. サンタマリア・ウォーク 〜マリアのキモチ〜
04. UNMORAL
05. 音返し 〜ONGAESHI〜
06. 夢の途中

Share this...
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook

About FDSM編集部 1162 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。