燃えこれ学園、當銘菜々生誕祭のテーマは「キミの太陽」!ひまわりのドレスで登場した當銘が魅せるノンストップのライブパフォーマンスと意外な選曲?!

2022年7月12日に開催された當銘菜々生誕祭ライブ。開幕から6曲ノンストップでテンションを一気に引き上げてくれた。當銘生誕祭ライブの舞台裏では演出に必要なレイの買い出しでメンバーが奔走していたという裏話も。メンバーが一丸となって生誕祭の準備にとりかかったことがうかがえるエピソードを語る場面もあり、笑いあり、涙ありの感動的な生誕祭ライブとなった。燃えこれ学園元気印ならではのパワフルでキラキラしたライブパフォーマンスも見どころだ。
今回は「キミの太陽」をテーマにした當銘の記念的ライブの様子をお届け!

當銘菜々の生誕祭ライブの幕開けを飾ったのは「タイムレシーバー」。一曲目に「タイムレシーバー」を持ってくるのは珍しい。言葉少ない歌詞。彼女たちは一つひとつの言葉をピュアな歌声で会場に響かせる。多くを語らない、飾り気のない言葉だからこそ、真っ直ぐに歌詞のメッセージが胸に響く。素直な思いでファンと向き合っていることを最初に伝えようとしているのだろうか。つい、そんなふうに當銘の気持ちに想いを馳せてしまう。

続けて雨のように流れる砂の粒を背景に彼女たちの歌声が切なく響く「時の砂」を歌い、息をつくまもなく3曲目「夢幻華」が流れ出す。センターに立つ當銘の笑顔が印象的だ。彼女たちのスタイリッシュさと色気がうかがえる楽曲だが、今日はいつもに比べてメンバーの笑顔が多いように見える。低音の歌声のなかにも笑みを感じるような暖かさがあった。いつも耳にしている楽曲でも、メンバーの心の機微によってこうも違いがでるのは、彼女たちが嘘やごまかしのきかない、本音でパフォーマンスをしているからだろう。

続けて歌うのは「BRAVE」。ここまでノンストップで歌いながらも彼女たちの歌声からは疲れも息切れも少しも見えてこない。より強く激しいダンスと歌声が響く。曲を重ねるごとにボルテージをあげて激しくなる彼女たちのパフォーマンスに会場もテンションを上げていく。激しく振り乱れるペンライトが会場を覆っていた。

会場が燦々と輝く照明に照らされて流れてきたのは「夏恋♡LOVE」。雰囲気を一転させて、メンバーたちがきらきら輝く笑顔で踊り出す。彼女たちは首にレイの花輪をかけて登場。うだる暑さを爽やかな青春に書き換えてくれる。彼女たちの一つひとつの挙動は、星がまたたく音が聞こえてくるようなきらりと弾ける眩しさを携えている。心のそこから楽しそうに踊る彼女たち。

続けて歌った「恋の魔法」。今日の「恋の魔法」はいつも以上にメンバーたちが楽しそうに歌い踊っていた。歌声にもどこか嬉しさが滲んでいるように聞こえる。「恋の魔法 解けないで こっちを見て」と歌う彼女たちの声が叫ぶように響く。ここまでノンストップで歌っている彼女たちのテンションが最高潮に盛り上がっていた。

ここでようやくMCパートに入ると、熊野が「なぁなってかわいい曲を選ぶイメージあるけどね」とセットリストについて話し出した。熊野の言葉に対して佐々木が「さっきなぁなが『なぁなね、今回はかっこいいきょ、曲を選ぶ!』って言ってて…」と続けるも、甘噛みをして突っ込まれ、笑いを誘う場面も。
熊野が「今日裏話なんだけど、私たちが今つけてる『レイ』って花なんだけど、今日足りなくないことに気づいて、東京と埼玉の店を探し回ったんですよ」と舞台裏のエピソードも語った。メンバーみんなで奔走し、なんとか必要数を集めることができたという。

熊野が話し終えると突然見知らぬ曲が流れ出す。困惑する熊野をよそに、成田が「くるくる回って 今日はお休み」と歌い出し、会場が暗転した。
再びステージが照らされるとひまわりを全身に纏ったオレンジ色のドレスを着た當銘がステージの真ん中で座り込んでいた。おやすみのポーズから目が覚めた瞬間、満点の笑顔で会場を見渡す當銘。今日も彼女は元気に歌い踊り、会場を盛り上げてくれる。
彼女が歌うのは「なないろスマイル」。當銘のかわいらしさと明るさがぎゅっと詰まった當銘らしい元気のでる楽曲だ。ぴょんぴょんとステージを飛び回る當銘に見ているこちらも思わず心が躍ってしまう。彼女は最後に「みんなだいすきだよ」と叫んでファンに愛を伝えてくれた。

「なないろスマイル」が終わると「天オ」と筆文字でかかれたTシャツを着てメンバーが再登場。
メンバーからの「お誕生日おめでとう」の掛け声とともに「お誕生日おめでとう」が流れだす。成田が「なぁなだいすき〜!」と當銘に寄り添う場面も。
配信では画面に歌詞と絵文字が流れる特別演出も披露された。彼女たちの愛らしい歌声がそのまま表現されたようなポップなかわいらしいフォント。最後には「天オな間違いに気付けたかな?」とテロップが流れる。実は中には「天才」と正しい漢字が書かれたシャツを着ているメンバーもいて、間違い探しができるようになっていたのだ。ファンは彼女のひっかけに気づけただろうか?どこまでもエンターテイメントを忘れない當銘のサービス精神と、ファンとの掛け合いを純粋に楽しむ親しみやすさが表れていた。

歌い終えた當銘は「みなさん今日はなぁな生誕祭に遊びに来てくださってありがとうございます!」という感謝の言葉とともに活動への思いを語った。
「燃えこれ学園はたくさんの変化がありましたね。なぁなはずっとこれは進化だ!って思って活動してきましたが、本当のなぁなはそんなに強くなくって、まだ受け入れられてないことがあったり、やっぱりちょっと寂しいなって思うこともあります。でもその度にみんなの笑顔に支えられて、なぁなはずっと燃えこれ学園が大好きだなって思いました、この思いだけはずっと変わりません。これからもここでみんなの笑顔がいっぱい見れるようにがんばります。本日から発売になったこの曲、聞いてください!」

彼女の素直な言葉とともに流れ出したのは「虹色☆Dreamer」。「ふたつならんだ線香花火」と綴られる歌詞からは、夏の一夜の美しくも切ない情景が浮かび上がる。繊細な歌詞を彼女は全力で歌う。「キミに会いたいよ」「熱い夏のようなこのトキメキは変わらないよ季節が過ぎても」と純粋で健気な女の子の繊細な心情が當銘の歌声とともに描き出されていた。
「なぁなはみんなと出会えて本当に幸せです。たとえ会えない時があっても同じ空の下にいます!これからも笑っていこうね〜!」と会場に訴えながら飛び回る當銘。「キミに会いたいよ」「キミのそばに飛んでいきたいよ」と会場のファンに視線を投げかけた。きっと会場にいたファンも、画面の向こうで彼女を見守っていたファンも、この瞬間は誰もが彼女の微笑みに心奪われたことだろう。
会場のファンが掲げたプラカードには「約束をしたあの場所へ ボクと一緒に歩いて行こう ココロがときめく ボクの太陽 Happy Birthday! なぁな! お・め・で・と・う!!」と書かれていた。彼女はまさしく太陽としてファンを明るく照らてきた。ファンも彼女に照らされることで、パワーをもらっていたに違いない。

他のメンバーがメンバーカラーの衣装に着替えて登場すると、當銘と一緒に「ありがとうのうた」を歌う。「出会ってくれてありがとう」と言葉ひとつひとつを大切に噛み締めながら歌う彼女たち。照れ臭くて言えない言葉も歌に乗せれば素直に伝えられる。彼女たちはあふれる思いに震える心臓を整えるように胸に手を当てながら、優しい声でファンに語りかけるように歌った。
「みんなの笑顔を照らせる太陽になれるように頑張りますのでこれからも一緒に隣で輝かせてね!」と叫ぶ當銘。

その元気をそのままに精一杯に「Re-START」を歌う。いつだって彼女たちは変化のただなかにいるのだろう。當銘がそれを「進化」と捉えたい気持ちと変わっていく現実に寂しさを感じる気持ちが隣り合わせになっているようにきっと不安が押し寄せることもあるだろう。それでもひたむきに前に向かって進む彼女たちの健気な笑顔に、私たちは感動を覚えて、自分たちも頑張ろうと思えるのかもしれない。

次に歌うのは「ぱすてるサマータイム」。キラキラ輝く明るい夏模様を描いた楽曲に、夏の海で彼女たちが踊り出す。元気一杯に愛らしい仕草でステージを駆け回る彼女たち。曲の最後に会場のファンに向かってウインクをした當銘のちょっと気恥ずかしげで初々しさのうかがえる表情に、胸がきゅんとした。彼女は今でも新鮮な気持ちでステージに立っているのだろう。

當銘菜々生誕祭最後を飾るのは「ミラクる☆妄想がーる」。明るく健気に頑張り続ける彼女らしいセットリストだろう。今回の熊野は某アニメの白い猫に扮して登場。佐々木は頑固親父を、高未が某アニメの野球少年を演じて笑いを誘った。
どこまでも最高に盛り上がった當銘生誕祭。最後はハッピーバースデーの歌とともにメンバーが當銘をお祝い。ここでメンバーからなぁなあるあるが紹介された。あるあるを言いながら當銘にひまわりの花を渡すメンバーたちの一言をそれぞれ記していこうと思う。

山田は「努力家なところ」と話し、
高未は「たくさんの気持ちや夢を与えてくれるところ」と言いながら當銘にキスをしようとして、當銘に「きゃー!」と逃げられて、会場に笑いを起こしていた。
稲森は「練習のあと大号泣して帰った日、駅まで一緒に帰ってくれた優しいところ」と言い、
三浦は「ダンスのことをいろいろ聞いてくれるところ」
仲川は「いつも先頭を走っていってくれるところ」
蒼音は「ストイックなところ」
佐々木は「どんなときも隣にいてくれるところ」
成田は「全部ひっくるめて、ぜんぶ大好き〜!」と駆け寄った。
熊野は「誰よりも燃えこれ学園が大好きなところ」と震える声で明かす。
熊野がひまわりを束ねて「『ひまわりの9本の花言葉はいつまでも一緒にいたい人』という意味なんです」と伝え、全員の顔写真とイベントの記念写真が揃った額縁を當銘にプレゼントした。
思わぬサプライズに當銘も涙をこぼしてしまう。

「本当にありがとうございます。うまく言えないんだけど、なんて言ったらいいのかな。私は全部一人でやろうと思っちゃってました。でも最近はライブも続いてたし、全然思うようにいかなかったんです。さっきメンバーも言ってたけど、朝から百均めぐりしてくれたし、いろんな連絡をみんながしてくれて、本当に一人でどうにかしようとする性格は変わらないんだけど、もうちょっとみんなを信用して一緒に頑張っていきたいなと思いました」とメンバーへの感謝の言葉を綴った。
続けて「2年間無観客配信をしていたとき、無観客でもライブがこうやってできることが嬉しかったんです。だからお客さんがいないことに慣れてしまっているところもありました。でもこうやって皆さんに会えて、やっぱりすごく嬉しかったです。燃えこれ学園は『Re-START TOUR2022』をおこなっていて、ツアーファイナルが新宿ReNYさんにて行われます。もちろん配信でも見れるんですけど、やっぱり会場に来て欲しいです。平日で仕事をくぐり抜けたりするのも大変だと思うんですけど、来てくれたら嬉しいです。もちろん来れない方もいらっしゃると思うので、そんな方には配信を飛び越えてなぁなもメンバーも会いにいくから、次のステップを乗り越えるそんな瞬間を一緒にいてほしいです!よろしくお願いします!」と力強く訴えた。そのときの當銘は柔らかい笑顔でファンを見つめていた。

最後は会場のファン、配信の向こうのファンとともに校歌を斉唱。
當銘菜々生誕祭ライブは燃えこれ学園の元気印としていつも先頭を走ってきた當銘らしい、明るく元気なパフォーマンスで会場を沸かせてくれた。燃えこれ学園は『Re-START TOUR2022』の真っ最中。これからも當銘の元気な声を響かせて、燃えこれ学園をひっぱっていき、全国にその名前を知らしめてきてほしい!


PHOTO:平島理
TEXT:高橋未瑠来

配信ライブスケジュール

8月2日(火)「祝⭐︎コール解禁」
https://tiget.net/events/193159
8月16日(火)「つうしんぼユニットSP(6•7月度)」
9月20日(火)「ソロ曲祭り」
10月4日(火)「熊野はる生誕祭」
10月18日(火) 「つうしんぼユニットSP(8•9月度)」

「燃えこれ学園Re-START TOUR2022〜Get over the wall〜」
7月23日(土)、24日(日)栃木
8月13日(土)みやもりホール(岩手県遠野市)
8月20日(土)、21日(日)宮城リベンジ
9月6日(火)新宿ReNY 単独公演
必達動員目標 300人!
(配信視聴含む)
9月10日(土)、11日(日)北海道

ライブスケジュール
8月6日(土)名古屋遠征
動員目標50人!
8月24日(水)新宿ReNY

voonにてグッズ販売!
ヴィレッジヴァンガード発のショッピングプラットフォームvoonにてグッズ販売が決定。
7月5日〜
ピンバッジ、缶バッジ、スマホキーリング、うちわの4点が出品
店頭で配布中のVVマガジンにもピックアップクリエイターとして掲載!
グッズ購入はこちら
https://voon.shop/users/602c33a1-27bb-4b3c-9031-af0a331278f3

『オルゴール』 1000円
購買部よりお買い求め下さい。
https://movingexpress.syncsell.jp

「オルゴール」MV
https://www.youtube.com/watch?v=e-joK_2lbtA&list=PLjU8Xybh63PeLIR_ClIGFNU7aStsqlMz4&index=3

『燃えこれ学園なぁなり〜ラジオ』
・毎週火曜日 25:00〜放送中!
放送局:FM那覇(78.0Mhz)
パーソナリティ:成田、當銘
※ラジオはアプリListenRadio等で、全国でもお聴きいただけます!!

2000人の方へ「Re-START」CDお届け企画達成!
《CD通販サイト》
https://movingexpress.syncsell.jp/re-start-%e7%87%83%e3%81%88%e3%81%93%e3%82%8c%e5%ad%a6%e5%9c%92/

「Re-START」MV
https://www.youtube.com/watch?v=RTDefcIO4R4

燃えこれ学園校外学習 @ http://Akiba.TV
番組URL:http://youtu.be/WHmIPXzR0mo

Moecoregakuen Tik Tok
燃えこれ学園【公式】毎日20時投稿!
https://www.tiktok.com/@moecoregakuen
燃えこれ学園 Web
http://moecore.com/
燃えこれ学園 twitter
https://twitter.com/moecoregakuen
燃えこれ学園 BLOG
https://ameblo.jp/moecoregakuen/
燃えこれ学園 YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/moecoregakuen
燃えこれ学園さぶちゃんねる
https://www.youtube.com/channel/UCZnN9L9Apmp3I8M6VdibpQQ

<セットリスト>
前説動画
オープニング映像
タイムレシーバー
時の砂
夢幻華
BRAVE
夏恋♡LOVE
恋の魔法
MC
SE
なないろスマイル
お誕生日おめでとう
MC
虹色☆Dreamer
ありがとうのうた
Re-START
ぱすてるサマータイム
ミラクる☆妄想がーる
MC
校歌

Share this...
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook

About FDSM編集部 1963 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。