【eN】1周年ワンマンライブ〜永eNの絆〜「みんなとの絆、メンバーとの絆が確実に深まったライブになりました」

6人組アイドルグループ【eN】がデビュー1周年を記念し、単独ライブ「【eN】1周年ワンマンライブ〜永eNの絆〜」を11月1日に Veats SHIBUYA(東京都渋⾕区)で開催した。

【eN】は「En rich Life -人生を豊かにする」をコンセプトに掲げて活動中で、ライブだけではなく、ありそうでなかった試みを多方面でチャレンジする姿が話題になり、今注目を集めているアイドルグループである。

そんな彼女たちを一目見ようと当日は、多くのファンが会場に駆けつけた。
会場を見渡すと、女性アイドルグループには珍しい女性客のファンも多く、男性のみならず女性への人気がうかがえるのも【eN】の魅力の一つである。

SEの音楽と共に、今までの【eN】の活動の軌跡を辿るエモい演出の映像が流れ、周囲はデビューの時のような緊張感と期待感で包まれた。一曲目の「君と今ここから」でスタートを切ったメンバー達は、息の合ったパフォーマンスで会場の雰囲気を一気に盛り上げた。
2曲目の「キミコート」では、きらきらと輝くような可愛らしさから始まり、サビ部分ではどこか切なさを感じさせるギャップのある展開にファンも心を奪われたに違いない。
休む間もなく「繋ぎ」「redy」と続けて披露し、まさに圧巻の前半戦となった。

熱気に包まれた会場に突然、ある一本の映像が流れた。
これまでの1年を振り返り、今まで語ったことのないメンバーの本音を綴ったものだ。
デビューから決して平坦な道ではなかった彼女達。【eN】の一員としてメンバー全員が活動を楽しく思い、ライブでファンのみんなを「幸せにしたい」という熱い気持ちで走り抜けたこの1年目に感謝し、2年目は夢を追って更に飛躍していくという強い思いを表現した演出には思わず心が震えた。

そして後半戦は、新SEと共に6人が新衣装にて登場。
新衣装は、メンバーそれぞれの衣装を別のデザイナーが担当するという前代未聞の試みで制作されたもので、一人一人の個性を最大限に引き出したまさに唯一無二の衣装である。
更に【eN】から会場にいるファンへのサプライズかのように、新曲「無限大Shooter」を披露し、ライブ一番の盛り上がりをみせた。
この曲には、コロナ渦での様々な不安やライブが制限された悔しさなどを乗り越え、応援してくれるファンの愛に応え、これから彼女達が希望をもって前進していくという思いが込めらている。
その思いを表現する6人の息の合ったダンスと歌には思わず胸が熱くなる。
続く「永eNの絆」では、メンバー間でアイコンタクトをとりあった息ぴったりのパフォーマンスと、心の底からライブを楽しむ彼女達の美しさに心を奪われた。

フィナーレでは、【eN】のリーダー桃色担当やまだなみがメンバーを代表して、自身の心境を新曲のオルゴールと共に語った。

やまだは、冒頭で「1年で悔しいことが2つある」と伝えた。
1つ目が新型コロナウイルスによるライブができない環境。
2つ目がデビューから何度かメンバー編成があったこと。
涙ぐみながらも一生懸命ファンへ正直な想いを伝えたが、これは決してネガティブな思いではなかった。今のメンバーで逆境を乗り越えたからこそ、これからは更に前進していくという彼女の強い決意が感じられた。
その気持ちに応えるかのように、ファンからの温かい声援と共にメンバー全カラーのサイリウムの光が会場一面に広がった。

そして最後にアンコールで「永eNの絆」を披露し、惜しまれつつもライブは幕を閉じた。

ライブ後SNS上では「感動で終始涙が止まらなかった」「最高の1周年ワンマンだった」「パワーが溢れてとても元気をもらったステージでした」など感動のコメントが続々とあげられている。

【eN】は進化し続けるアイドルグループ。
今後の彼女達に期待が高まるばかりだ。


【eN】公式Twitter
https://twitter.com/eN_11_11

Share this...
Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook

About FDSM編集部 2410 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。