「頑張ろう千葉!」初の野外単独公演決行!木更津のヤンキーアイドルが野外単独公演に挑戦!コロナ対策にも徹底して地元から再び走り出す。 8月15日(土)、会場は富津公園 野外劇場、観覧無料

千葉県木更津市を拠点に活動する女性2人組のツッパリアイドルグループ「C-Style」が、8月15日に富津市で初の野外単独公演を行う。「3密」になるとして敬遠されがちなライブハウスでは無く、感染リスクを無くす為に野外劇場を採用。スケバン風で怖いイメージのあるメンバーだが自身のYoutube番組ではバラエティ要素満載でギャップに衝撃を受ける。総長の咲羅さんは「この夏1番のエンターテインメントをお見せします、C-Style史上最高のライブにする」と気合いの入ったコメント。
サブ1
C-Styleのメンバーは、1998年生まれの総長、八剱咲羅(21)と2001年生まれの潮干狩鯏(19)の2人組ユニットで生まれも育ちも千葉県木更津市である。レギュラー番組を持つなどメディアにも多数出演しており、コンテストLIVEでは数々の賞を獲得など実力派で、木更津市の公認アイドルにもなっている。今年は大型イベントや海外での公演が決まっていたが新型コロナの影響で全て中止。4月には地元・木更津市で結成7周年記念LIVEを予定したが、新型コロナの影響で無観客配信に変更するなど悔しい日々が続いた。メンバーは観客を前にした生ステージにこだわっており、密にならない野外劇場で初の単独公演挑戦を決めた。
サブ2
木更津にある本社でインタビューを受ける茂木プロデューサー
そこでC-Styleのプロデューサー茂木千明さん(31)にコメントを頂いた。
「C-Styleの2人は小学6年生と中学2年生から預かり、当初は誰からも相手にされない苦しい状況の中で活動をしてきましたが、地元から全国で活躍をさせる為に育ててきました。限られた時間の中で昨年は台風、今年は新型コロナで活動を縮小せざるを得ない状況でしたが地元企業の方々や、応援してくれているファンの皆様の支えがあり今回のような野外単独公演開催に結び付きました。本来であれば数多くのイベントやお祭りで賑わう8月15日に安全対策を万全にして地元を盛り上げたいと考えています。今回で終わるのではなく10年後も開催されているイベントにしていく事が目標です。間違えなく日本一のパフォーマンスで過去最高のライブをお見せします」と話し、これまでに地元密着を大切に活動をしてきた成果が多くの方の応援に繋がっていることが伝わる。

サブ3
C-Style(シースタイル)は、千葉県木更津市を拠点に活動するヤンキー系アイドルユニット。地元の先輩・氣志團と同じステージ・氣志團万博に呼ばれることが夢である。木更津市公認のアイドル『ふるさと応援団』の顔も持ち、イジメ撲滅、食の大切さをパフォーマンスを通じて発信している。所属は株式会社C-PROエンターテイメント。正式名称は 木更津発 仏恥義理アイドルC-Style。※「仏恥義理」=「ぶっちぎり」

チャンネル登録!夜露死苦↓
https://bit.ly/3aEDXrR
♦C-Style公式Twitter
https://twitter.com/CStyle4649
♦C-Style公式Instagram
https://instagram.com/cstyle_official?igshid=c1xubsrhqmhp
♦八剱 咲羅Twitter
https://twitter.com/CS_sakura4649
♦八剱 咲羅Instagram
https://instagram.com/sakurayatsurugi?igshid=qr31bctv0adh
♦潮干狩 鯏Twitter
https://twitter.com/CS_Asari
♦潮干狩 鯏Instagram
https://instagram.com/asarishiohigari?igshid=8ak5n738pbcw
♦必ずメンバーに会うことが出来る!
【ガチ!C-Styleが運営!キッチンンカー房総族の情報】
Twitter
https://twitter.com/bousouzoku12
Instagram
https://instagram.com/bousouzoku4649?igshid=18ijfdmwhjpcq
♦C-StyleちゃんLINEスタンプはこちら↓
https://line.me/S/sticker/9379886?lang=ja&ref=lsh_stickerDetail
♦C-Style公式通販サイト
https://cstyle4649.theshop.jp/
♦出演依頼、取材依頼はコチラ↓
https://www.c-style4649.com/

Share this...
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook

About FDSM編集部 1462 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。