こいつら、ヤバくなる?!。次世代男性ヴォーカルグループを集約したイベント「Darling! Live」、第10回目スペシャルイベントの模様をレポート!!(前半戦)。

 今、ライブハウス界隈で「男性ヴォーカルグループ」たちに熱い視線が注がれている。その流れをいち早くキャッチ、男性ヴォーカルグループシーンの中核を成すイベントとして高い注目を集めているのが、渋谷DESEOが主催する「Darling! Live」。このイベントへ出演するグループたちをチェックすれば、シーンを今後駆け抜けてゆくヴォーカルグループたちをいち早く知れることから、目ざとい男性ヴォーカルグループファンたちが、「Darling! Live」に熱い視線を注いでいる。

3月2日(金)、「Darling! Live vol.10 supported by DESEO」と題し、「Darling! Live」が通算10回目のイベントを開催した。出演したのが、Red Rose/CRIB⑥/くろいひつじ/Vir Leyenda/A-dnis./スペース☆サイダー/FUNtoSTiCK/浮遊する恋、それは。/社会ノ窓/Astaroid/空想リアリティの11組。記念すべき節目のイベント回らしく、若手から人気と実力を伸ばしているグループまでが一堂に会した。
この日のMCを、ニシガキと唯丸®(くろいひつじ)が担当。当日の模様を、前編と後編に分けて紹介したい。ここでは、スペース☆サイダー/浮遊する恋、それは。/Astaroid/CRIB⑥/空想リアリティA-dnis.のライブの模様をお伝えしよう。

スペース☆サイダー
スペースサイダー 
銀河系底辺音楽メンズユニットとして活動中、スペサイことスペース☆サイダー。イベントの幕開けを飾ったのが、切なくもロマンチックな『旅路の森』。のぶやんとたかゆきは、 低音を活かした歌声を優しく響かせ、会場中の人たちへ哀切な想いを投げかけた。胸をキュッと疼かせる2人の歌声が、フロアーにいる人たちを涙顔にさせてゆく。憂いを秘めた2人の表情へも、心惹かれる想いを抱かずにいれなかった。
ここからは、4人のスペース☆サイダーの登場だ。スペイシーでアゲなアッパーダンスチューン『No Take Galaxy』を歌い、4人は場内へMIXコールやカラフルなサイリウムの輝きを導いた。意外と緩ーいダンスステップを踏みながら歌う様は、余裕を持った姿?!。フロアーからは、熱い手拍子やコールも飛び交いだしたように。ファンたちの気持ちはすでに熱しだしていた。
勢いをさらに盛りたてようと、スペース☆サイダーは『花鳥風月』をブースト。4人も歌声や煽りを絡ませ、アッパーなダンスチューンへさらに熱を加えてゆく。派手で華やかな楽曲と4人の感情をクロスする歌声を介し、いい感じでフロアーには熱が籠もりだした。何より、雅びでカラフルで麗しい歌系チューンなところへ心が惹かれてゆく。
最後は、スペイシーなエレクトロダンスチューン『サササ サイダー』だ。 舞台上とフロアーの間に飛び交った「サイダー!!!!」コール。間奏の口上でも、メンバーたちとファンの息はピッタリ。その関係の中へ加わり、ともに気持ちを弾けさせ一緒に踊りたい。最後に、シュワシュワッとしっかり感情をアゲてくれたところもスペース☆サイダーらしいじゃない。

浮遊する恋、それは。
浮遊する恋、それは。
甘く切ない恋愛ソングを歌う5人組男性ボーカル&ダンスユニットの浮遊する恋、それは。。ライブは、感情を一気に祭り気分へ連れだす超アッパーで明るく弾け飛ぶ『夢、また夢』からスタート。舞台上を右へ左へと派手にダイナミックに歌い踊り、観客達を熱い祭りの宴の中へグイグイ引き込んでゆく。ファンたちも最初から大きくサイリウムを振りまわし、浮遊する恋、それは。が連れだした熱狂という夢舞台の一員となり、はしゃいでいた。
すべてが全力投球。続く『バッドエンディング』でも彼らは、多少ピッチが荒くなろうが、沸き上がる気持ちをファンたちへ届けることを最優先。会場に生まれた熱い空気を、どれだけ火傷しそうなほど熱くさせるか。それが、今この会場には一番大切なこと。メンバーへ捧げる無数のカラフルなサイリウムの光。この祭り、ずっと火照りが消えそうにない。
力強くカラフルな和/祭りビートに乗せ、浮遊する恋、それは。は『神のまにまに』をプレゼント。胸をくすぐる、触れた人たちの身体を心地好く揺らすポップで上質な祭りチューンに触れていたら、何時しか顔がにやけてきた。それは、5人の眩しい笑顔に魅了されたから?!。歌に合わせくるくる踊れば、振りを真似たりと、一緒になって無邪気にはしゃぐことが楽しくって、たまんない!!!!
心がうきうきと空へ浮遊してゆくようだ。最後に彼らは、グループ名を冠した『浮遊する恋、それは。』を歌唱。テンポも一気にアップ、カラフルな歌の光を降り注ぎだした。彼らのステージングに、フロアー中の人たちは、恋した瞬間のときめきにも似た嬉しいニヤけた興奮を覚えていた。一緒にはしゃぐことで、ともに4人と青春を満喫していける。そんな青春映画の王子様とヒロインの関係へ導いてくれるのが嬉しいじゃない。彼らのライブ中、ずっと心が浮遊しっぱなしだった。

Astaroid
Astaroid
星をイメージしたダンスボーカルユニットのAstaroid。この日からAstaroidは5人編成で活動をスタート。その記念すべき一発目のライブを「Darling! Live」で飾ってくれたのが嬉しいじゃない。
 Astaroidのライブも、ど頭から観客たちのハートへ熱気を注ぎだした。彼らはFLOWのカバーナンバー『Sign』を通し、会場中の人たちを眩しい輝きの中へ連れだした。ノリ良い華やかな歌の間に間に煽りや口上を加え、会場中の人たちの騒ぎたい気持ちを一つにしてゆく。 歌声や楽曲へ爽やかさを覚えるのも、メンバー自身が「爽やか」な存在そのものだから?!
ちょっとたどたどしいMCへもフレシュさを覚えるのは、5人のキャラクターのせい?!。Astaroidのオリジナルナンバー『You are a liar』は、韓流系なスタイルにも似た浮遊感と重厚なビートが絡み合うエレクトロなダンスチューン。スペイシーな演奏の上、次々と歌をリレーすれば、サビでは5人の歌声が多彩に絡み合い、心にワクワクする絵を描いてゆく。なんてセクシーだろう。甘いマスクで絡むように歌われたら、心がとろけてしまうじゃない。とてもメロメロに酔わせてくれる歌やステージングだ。
フレンドリーなMCに続き、最後にAstaroidは軽やかに弾むポップソウルチューン『Believe in Love』を、告白するよう甘く優しい声で歌いかけた。ひと足早く心に春風を覚えるよう、華やかなで軽やかな歌声を胸の奥まで届けられるたびドキドキが膨らんでゆく。これって、不意の告白を受け、急に胸がときめいたときのよう?!。一緒に青春映画を描いてゆく、そんなワクワクをたくさん届けてくれたAstaroid。彼らを見つめる人たちが優しい笑顔だった理由も、納得だ。

CRIB⑥(クリブシックス)
CRIB6
 クール?!,ワイルド?!。いやいや、甘いマスクでハートフルに誘いもかけてゆく。CRIB⑥の『parallel world』が、会場中の人たちをカラフルな歌や音をまぶした楽しいパラレルワールドへ連れだした。観客たちを騒がせようと熱く煽りながら、でも、甘い歌声を重ね合わせ、触れた人たちへ優しくモーションもかけてゆく。1曲の中へ、CRIB⑥の魅力をギュッと凝縮。とても濃密なグループじゃない。爽やかさの中へ隠し持った攻めや魅せる表情。何よりダイナミックなステージングへ熱狂しながらも、視線は5人の姿に釘付けだった。
センチメンタルな音へ導かれ、内に秘めた想いを届けるように歌いだした。でも、楽曲が光を抱き始めたとたん、5人の歌声も爽やかな風を巻き起こすように駆けだした。胸はしゃがせるうきうきな想いへ導くロマンチックな『シークレット☆メモリーズ』の登場だ。5人ともテンションが昂っていたせいか、軽やかな楽曲の上で届ける歌声には力強さが漲っていた。ファンたちの熱いエールにも触発されたせい?!、それくらい、はしゃぎたい気分の5人がステージ上にいた。そのフレッシュさが、とても眩しく見えてきた。
最後は,遥か遠い先に見える光をガシッとつかもうと、CRIB⑥は『Dream Boys Anthem』を歌いだした。彼らと一緒に力強く拳を振り上げ、ともに眩しい熱狂の中へ飛び込みたい。一緒に夢をつかみたい。心が挫けそうになったとき、この歌が彼らの笑顔とセットで心の背中を力強く押してゆく。CRIB⑥自身も夢を追いかけているドリームボーイたち。だからこそ彼らと一緒に、その先へ見える光輝く明日を信じてみたくなる。その姿や答えを共に見たくなる…。

A-dnis.
A-dnis.
A-dnis.のライブは、切なくもエモーショナルさを抱いたミッドメロウな歌系ダンスナンバー『BLUE』からスタート。3人の憂いや優しさを帯びた、ときに語るような歌声が、大人の色気を持ってせまってきた。途中からはダンサーたちも登場。まるで、悲しい別れの一場面を投影するようなステージングだ。そう、A-dnis.のライブへ触れている間、誰もが映画の一場面をリアルに体感してゆく気分になれる。
楽曲が輝きを放ち弾みだしたとたん、ビートとシンクロするように、3人のソウルフルでエモーショナルな歌声もスキップを踏み出した。軽快にステップを踏みながら歌い踊るメンバーたち。HIP HOP/SOULな香りを色濃く押し出した『Stupid liar』に触れながら、何時しか彼らと共に、胸の奥で軽やかにステップを踏んでいた。A-dnis.は、触れた人たちをいろんな物語の中へ連れてゆく。何時しか僕らも、同じ物語を彩れる仲間になれるのが嬉しいじゃない。
一気にテンション上げてぶっ飛びなと煽りをかけるように、アタックの強いビートをガンガンにブースト。そう、HIP HOP系EDMナンバー『BANG BANG BANG』の登場だ。強烈なビートに乗せ、A-dnis.のメンバーらの火照った歌声が挑発するようにせまってきた。騒がずにいれない?!。何時しかA-dnis.は、この会場を熱いダンスフロアーへ塗り替えていた。煽り挑発するステージングが、たまらなく刺激的だ。
メンバーと一緒にダンスビートへ乗せて飛びまくれ。最後にA-dnis.は『My Heaven』をブースト。ハートフルでエモーショナルな歌や誘いなのに、リズムが強烈。だからこそ心の手を真っ直ぐに彼らへ伸ばしながらも、身体は躍動するビートとシンクロするように揺れていた。A-dnis.は、1曲ごとに、触れた人たちを物語のキャストにしてゆく。だから、1曲ごとに僕らも、いろんな胸騒ぐストーリーに魅了されていく。

空想リアリティ
空想リアリティ 
4分間のラブストーリーを歌の中に描く、少女漫画系ラブソングユニットの空想リアリティの登場だ。何時もは3人だが、この日は2人で登場。『転校初日のプロブレム』が流れたとたん、僕らの感情は一気に二次元の世界へダイブ!!。ここは2.5次元な、リアルと空想が入り交じるドキドキの空間。思いっきりハートをときめかせるポップでラブリーな歌世界に触れていたら、何時しか学園ドラマの欠かせないキャストになったように、2人と一緒に学園生活を満喫していた。テンション高く、めっちゃ晴れた楽曲を通し、天真爛漫に誘い   をかけてくる空想リアリティ。早くも一緒にドキドキな物語の中へいる気分だ。
ときめきの魔法を振りかけるように空想リアリティが届けたのが、『あいことば』。胸がバクバクするのは、キミの姿から心も視線も外せなくなったから?!。恋したときのラブリーなときめきを、彼らは歌を通し、触れた人の全身へ一気に注入してゆく。一瞬にして恋した乙女に大変身。2人の誘いや告白にも似た歌へ、ずっとずっとドキドキしていたい気分だ。
 感情を一気にググーンと上昇させるように、空想リアリティは情熱ナンバーの『君の好きな…』をせまるように歌いかけてきた。凛々しい二次元のイケメンがそのまま飛びだしたような2人の華麗で熱情的なステージングに、フロアーからは熱いエールも飛び交っていた。こんなにも情熱的に想いをぶつけられたら、ハートはずっと沸騰しっぱなしだ。
キラキラと輝く音色が、もっともっと騒いじゃえと誘いをかけてきた。心臓の鼓動が早鐘を打つようだ。空想リアリティの歌う『ガチLOVE♡口上曲』に触発され, 会場中の人たちが大きくサイリウムを振り回し、ラブリーなポップチューンへ飛び込み、一緒に熱い恋のやりとりを交わしていた。お姫様(ファン)たちへ向けて熱く告白する2人。その気持ちへ思いきり甘えたいからこそ、つい「ヤダヤダ」とわがままを言いたくなる。この瞬間だけは、空想リアリティと一緒に恋人気分を満喫出来たのが最高じゃない。そう、空想リアリティのライブに触れている間は、あなたも少しだけわがままな彼女になれる。それが嬉しいじゃない。

イベントの模様は、後半戦へ…。

TEXT:長澤智典

★ライブデータ★

【タイトル】Darling! Live Vol.10 WHITE DAY SPECIAL supported by DESEO
【日時】2018年3月2日(金)
【会場】SHIBUYA DESEO
【出演者】
くろいひつじ/Vortex/Red Rose/CRIB⑥/FUNtoSTiCK/浮遊する恋、それは。/Vir Leyenda/Astaroid/A-dnis./スペース☆サイダー/社会ノ窓/空想リアリティ
MC:ニシガキ、唯丸®(くろいひつじ)
【お問い合わせ】SHIBUYA DESEO 03-5457-0303 (15:00〜22:00)
■公式URL
http://www.lovemen.top/darlinglive/vol10/

★オフィシャルサイト・SNS★

スペース☆サイダー twitter
https://twitter.com/spacesider
浮遊する恋、それは。 twitter
https://twitter.com/fuyukoi_staff
Astaroid Web
http://and-project.net/artist/astaroid/
Astaroid twitter
https://twitter.com/astaroid_info
CRIB⑥ twitter
https://twitter.com/crib6_dp
A-dnis. twitter
https://ameblo.jp/a-dnis/
空想リアリティ twitter
https://twitter.com/kuso_reality

-セットリスト-

スペース☆サイダー
『旅路の森』
『Na Take Galaxy』
『花鳥風月』
『サササ サイダー』

浮遊する恋、それは。
『夢、また夢』
『バッドエンディング』
『神のまにまに』
『浮遊する恋、それは。』

Astaroid
『Sign』
『You are aliar』
『Believe in Love』

CRIB⑥(クリブシックス)
『parallel world』
『シークレット☆メモリーズ』
『Dream Boys Anthem』

A-dnis.
『BLUE』
『Stupid liar』
『BANG BANG BANG』
『My Heaven』

空想リアリティ
『転校初日のプロブレム』
『あいことば』
『君の好きな』
『ガチLOVE♡口上曲』

About FDSM編集部 752 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。