川崎クラブチッタで満員御礼!?。BANZAI JAPAN、「千人斬り」へ挑戦!!

「日本がどや顔で誇れる文化を世界に向けて発信していくプロジェクトとして結成。メンバーは、それぞれ日本の各都道府県を背負った伝道師として暗躍中」、それがBANZAI JAPAN。
 単独公演としては通算5回目、11月24日(金)川崎クラブチッタを舞台に、BANZAI JAPANは「BANZAI JAPANスペシャルライブ『千人斬り~1/1000の純情な愛情』」と題した、動員1000人を目標にしたワンマンライブを行った。当日は9月に発売した1stアルバム『一富士二鷹三ばんざい!』へ収録した楽曲や、この日が初披露となる新曲も5曲披露。はたして、BANZAI JAPANは1000名様動員を成功させたのか…。その日の模様を、ここにお伝えしよう。

ライブは『大和撫子の日が昇る』が流れると同時に幕が落ち、スタート。楽曲の持つ勢いへ重なるように彼女たちは力強く凛々しく歌い、華麗に舞い踊りだした。広いステージの上で15人が一斉に攻めゆく姿は圧巻だ。赤いタオルを振りまわし、観客たちの気持ちを熱く昂らせる伝道師(メンバー)たち。和太鼓や三味線の音色も激しい和要素満載な楽曲が気持ちを昂らせてゆく。
444A6037
「BANZAI JAPANいざ、出陣!!」、伝道師たちは手にした扇子を振り翳し、魂を鼓舞する『大江戸パレード』に乗せ華麗に、時には蹴りなどを加え、躍動的なパフォーマンスを披露。「歌え、騒げ」、その歌詞通り、始まったばかりとはいえ場内には早くも湯気立つ熱気の予感が満ちていた。軽快に弾む『なないろパラソル』が、熱した魂へ眩しい視線を注いでゆく。舞台上からカラフルな歌のシャワーを降り注ぐ伝道師たち。場内には、彼女たちの動きに合わせ扇子を振るファンたちも。後半には,「うっ、ほい」コールやフロアーにサークルも生まれていたように、騒がずにいれない感情に場内は包まれていた。
疾走する和ロックナンバー『願い星』に合わせ、扇子を手に、激しくも艶やかな踊りを魅せる伝道師たち。乙女心綴った歌詞なのに、とても感情を躍動させる歌だ。「大好きなあなたまで届いて欲しい」、その想いを大勢の人たちが熱狂に変え受け止めていた。胸をウキウキと弾ませる乙女ロマンチックな『清く正しく美しく』にハートが射抜かれた気分。清く正しく美しく咲き誇る乙女たちの姿が、とても眩しく瞼に焼きついた。続く『せんすがないっ!!!!!』では、「扇子ないけど扇子振って」と扇子を振りながら唄う伝道師たち。コミカル風に見せて、じつはグッと気持ちの昂る落ちサビを用意したりと、ワクワクした気持ちを心地好く高めてゆく歌なのが嬉しいじゃない。

 ここからは「SHOWROOOM」で行った企画より生まれたコーナーへ。「春夏秋冬企画」で勝ち残った伝道師が、四季をテーマにした楽曲のリードヴォーカルを取るというこの企画。選ばれたのが、藤崎ふみ、笹川ささ、菜花まりあ、安原めいの4人。ファンたちの誰もが、4人がどの季節の楽曲を歌い登場するのかを心待ちにしていた。
A77M2_3029787_20171124_DSC07003__LR_Web(640pix)
春を舞台にした『コノハナサクヤ姫』をフロントで歌ったのが、安原めい。彼女は3人編成で『コノハナサクヤ姫』を艶やかを秘めながらも可愛く歌い、可憐に舞い踊っていた。
ギラギラとした夏の日射しを連れてきたのが、リードに菜花まりあを据えた総勢7人のチーム。彼女たちは『Parallel Summer』を歌いながら、舞台上を目一杯使い、自分たちが夏の日射しとなり、フロアー中へ眩しい刺激のシャワーを降り注いでいった。
彩る風景を変えるようにキュンとロマンチックに秋の優しい風を吹かせたのが、リードヴォーカルを笹川ささが担当した『放課後メビウス』、4人チームの彼女たちは、恋に恋する乙女たちが集まりヒソヒソと秘めた想いをガールズトークするように歌いかけてきた。青春学園物語のような歌として心へ届いたのも、4人のピュアでロマンチックな心模様が胸をキュンとときめかせるほど美しかったから?!。
最後に、冬の季節へ誘うに相応しい『星を探して』をソロで唄ったのが藤崎ふみ。クリスマスべルの音(ね)と浪漫な音色を響かせるピアノの旋律に乗せ、藤崎ふみは白いドレス姿で一人、冬の妖精となり、ロマンチックに優しく歌いかけてきた。その姿は、真冬に現れた雪の妖精のよう?!。終盤には舞台前に座り、ファンたちと至近距離で唄う場面も、その触れ合いに心とろけそう!!
ここで5曲目の新曲を披露、それが『春夏秋冬SMILE』。凛々しくや力強い幕開け。「新しい風か背中を押した」という歌詞通り、とても力強く背中を押してゆく強い意志を示した楽曲だ。伝道師たちも扇子を振りながら、気持ちを熱く鼓舞してゆく楽曲へ込み上げる感情を重ね合わせ歌っていた。

ここでクループを代表し、安原めいがファンたちへ向けた手紙を読み始めた。長文だったように、詳しい内容は会場で直接耳にした人たちだけの素敵な想い出にしておくとうして、最期に告げたメ伝道師たちの想いのみを以下へ記そうと思う。
A77M2_3029787_20171124_DSC06676__LR_Web(640pix)
 「今、目の前にいるみなさんにとってアイドルとはどういうものでしょうか?。みなさんに私たちはどう映っているでしょうか?。出会えたみんなをワクワクさせて元気にする存在になりたいって何時も思って活動しています。アイドルとは未完成で、ファンの人たちと一緒に完成する存在のように、すごい魅力的な部分があるなって思います。私たちは今はまだ小さいグループだけど、みなさんが応援して良かったって誇れる素敵なグループになれるように、ステージに立てる毎日に感謝して、これからも日々精進していきます。私たちBANZAI JAPAN伝道師一同、みなさまの機会と愛情を全力で受け止め日進月歩挑み続けていきます。絶対に後悔はさせません。私たちの天下統一への道を見守っていてください。これからもBANZAI JAPANをよろしくお願いします」

後半戦は、激しい和メタルナンバー『新月咲く夜の隠れんぼ』からスタート。凛々しく、攻めるように唄う伝道師たちの声が「もっともっと気持ち昂らせろよ」と呼びかけてゆく。楽曲の中へ艶やかな要素も折り込みながら、BANZAI JAPANは雄々しく激しく攻めてきた。凛々しいどころじゃない、その雄々しき姿が刺激的に目の前へせまってくる。その様に刺激を受け、声を張り上げ騒がずにいれなかった。
軽快に弾むようにポップナンバー『START』が飛び出した。フワフワと空へ飛んでゆくような軽やかな気持ちに彼女たちは心を染め上げてゆく。気持ちに勇気を注ぎ込む『START』に触れていると、伝道師たちと一緒にステップ踏みながら明日へ駆けだしたくなる。そんな気持ちに、心がどんどん染まってゆく。駆けだした気持ちをさらに加速するように届けたのが、『Coordinate to Future』。彼女たちの笑顔に導かれ、感情がぐんぐん明るく染まりだした。ときめきの指数が弧を描いて上昇してゆくよう!?。このワクワクを、もっともっとスパークさせたい。伝道師たちの青春の香り抱かせるポップな歌をたらふくお腹に詰め込みながら、パンパンに気持ちを膨らませたい気分だ。
「次はみんなで一緒に歌いますよ」。カバーナンバー『明日があるさ』を通し、会場中の人たちと気持ちを一つに♪明日がある 明日がある 明日があるさ♪とウキウキな気持ちのもと歌えば、舞台上には、ゆるキャラの新宿あわわ君と安倍信三に扮したお笑い芸人ビスケッティの佐竹正史、司会のぴんきーも登場し、一緒にはしゃいでいた。いいよね、無邪気な心で一つになって騒げるって…。

ライブはラストスパートへ。伝道師たちが次々とマイクをリレー、キュートにハートフルに届けた『トコロマンス』。全員の心が一つに重なりあった歌声や「大好きよ」の声に、胸の昂りを抑えられなかった。好きが止まらない気持って、こんな風にロマンチックな色へ心が染まったときに感じるのかも知れない。「大好きよ」「俺もー」の掛け合いも最高じゃない。
最後にBANZAI JAPANは,『バンザイじゃぱん!』をバースト!!。一気に会場全体を祭りの会場へと塗り変え、彼女たちは「うっ、ほい!!」の声飛び交う空間へ染め上げていった。サビでは、伝道師たちもファンたちも大きく手にした扇子を振り、一緒に「BANZAI」気分を満喫。 みんなで一緒に「BANZAI!!」と声を上げはしゃいでいるとき、誰しもの心が無邪気な少年少女に戻っていた。何より、伝道師たちが伝えた「満員御礼ありがとう」の言葉が本当に嬉しかった。

 熱狂的なアンコールの声を受け、メンバーらがふたたび舞台に姿を表した。披露したのが、明るく弾け飛んだ和ディスコ曲『今夜とってもダンスでざんす!』。15人のメンバーが「そいやっそー!!」と掛け声を上げ、ふたたび会場を華やかな宴の場へ染め出した。観客たちも伝道師たちと一緒に飛び跳ね続けていたように、心がパリピ色に染まり、扇子片手に大はしゃぎ。「テンション上げて踊りましょ」の歌詞通り、場内は踊り騒ぐ宴の場へ塗り変えられていた。
444A6163
「ふつつかもんの私たちですが、最高の大和撫子になってみせます」、最後は『大和撫子の日が昇る』だ。可憐で凛々しい大和撫子になることを宣言するように、15人の大和撫子候補生たちが艶やかに、凛々しい歌声を響かせ、熱狂の中、ファンたちに未来へ突き進む誓いを立てていた。BANZAI JAPANが天下を統一するまではまだまだ長い道のりが続くだろう。でもきっと彼女たちなら、その誓いを胸にこれからも走り続けてくれるに違いない。

来年は日本全国を舞台にした活動も予定しているBANZAI JAPAN。この勢いを全国へと広げ、天下統一へ向け、これからも躍進し続けて欲しい。彼女たちのこれからの活躍、乞ご期待だ。

PHOTO: YUSUKE YAMANAKA(Chiap!)/KIDA MINATO(Chiap!)
TEXT:長澤智典

アイドルを応援するPictureマガジン Chiap!-ちあっぷ!-

http://chiap.info
(こちらでロングバージョンの記事を読めます)

★オフィシャルサイト・SNS★

BANZAI JAPAN Web
http://cospanic.com/banzai-japan/
BANZAI JAPAN twitter
https://twitter.com/BANZAIJAPANPJT

-セットリスト-

『大和撫子の日が昇る』
『大江戸パレード』
『なないろパラソル』
『願い星』
『清く正しく美しく』
『せんすがないっ!!!!!』
『コノハナサクヤ姫』
『Parallel Summer』
『放課後メビウス』
『星を探して』
『春夏秋冬SMILE』
『新月咲く夜の隠れんぼ』
『START』
『Coordinate to Future』
『明日があるさ』(ショート)
『トコロマンス』(ショート)
『バンザイじゃぱん!』
-ENCORE-
『今夜とってもダンスでざんす!』
『大和撫子の日が昇る』

About FDSM編集部 588 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。