Risky Melodyの日野アリスが提唱するイベント「Hotty & Rhythm」、名古屋を舞台に2会場で20組のガールズたちを迎え開催!! (八事Fairy-tales Nagoyaレポート篇)

Risky Melodyのリーダーであり、役者/モデルとしても活動中の日野アリスが主催。バンド/ソロ/アイドルという垣根を超え、次世代を担う女性アーティストたちの活躍の場として作り上げたイベントが「Hotty & Rhythm」。

これまでは東京を舞台に開催してきたが、8月6日(日)に行った第3回目となる「Hotty & Rhythm Vol.3 in NAGOYA」は、名古屋で実施。
しかも、名古屋・八事SOUND NOTE/八事Fairy-tales Nagoyaの2会場で同時に行った。
同じビルの1階と3階にあるライブハウスという地の利を活かし、タイムテーブルも移動しやすいよう交互に組み込み、すべての出演者たちを味わえるようにしていたのも特徴だ。

日野アリスは、このイベントについて以下のよう説明してくれた。

「Hotty & Rhythmも3回目。今回は名古屋で2会場サーキットということでFluo Light Archさん協賛のもと、開催させていただきました! 私達も今まで色んなイベント、サーキット、出演させていただきましたが、自分たちが出たいと思うようなイベントをイメージして作りました。お客さんはもちろん、出演者も、スタッフも、みんなが楽しいと思える気持ちがどんどん高まり繋がっていくライブイベント。今回も、いろんな場所から集まってくださったジャンルも様々なアーティストさんたち。それが一つになるってすごい素敵なことだし、すごいパワーになると思う。最初から最後まで、ワクワクして笑顔が溢れるイベント。それを目指していきたい。」(日野アリス)

 この日の「Hotty & Rhythm」へ参加したのは、AZURE♯/究極人形/EITA(Acoustic Ver.)/縁∞gage/Quince/Goofy Amanda/色彩69☆/Zestria/ナト☆カン/No.528/BIЯTH/HONEYBEE/FUN RUMOR STORY/FullMooN/MIAKA/Mr.Daisy/ミライSpeaker/RagDöllz/Risky Melody/若林倫香の全20組。
こちらでは、八事Fairy-tales Nagoyaで行われたライブの模様をお届けしよう。

★名古屋・八事Fairy-tales Nagoya篇

Zestria
【F1】Zestria
トップバッターを飾ったZestriaは、本日が始動ライブ。ヘヴィでスピーディなリズム隊の上で、歪んだギターの音がザクザクとせまってゆく。ラウド&スクリーモな音の上で朗々と歌いあげるヴォーカル。範疇として語るならガールズメタル。ダウンチューニングを施した重く激しく攻めるサウンドに、ヴォーカルは高音シャウト系。メンバーも、元GALMETなど、メタルシーンで鳴らしてきた強者たち。中には、観客たちがサークルモッシュに興じた楽曲もあるように、激しく騒いでこそZestriaのライブの持ち味。これからガールズシーンにどんな激しくも華やかな香りを振りまいてゆくのか、楽しみだ。

Mr.Daisy
【F2】MrDaisy
演奏が始まったとたん、会場に熱い夏の日射しがギラッと射し込むような感覚を覚えた。冒頭から「オーオーオーオー」と歌のやり取りを交わす様も描き出したように、Mr.Daisyのライブは、観客たちを眩しい光と熱の中へ誘い込む幸せな色に満ちていた。メンバーも観客たちも、ポップに躍動する演奏に合わせ跳ねたりと、Mr.Daisyは終始観客たちを巻き込む参加型のステージングを展開。その存在は、いろんな惑星を引き寄せ熱く燃え続けてゆく太陽のようだ。

色彩69☆
【F3】色彩69☆
ハード&ドライブしたビートロックナンバーの上で、色彩69☆はカラフルな色を放つ歌声をポップ&キュートに振りまいてゆく。勢いを持ちながらも、口づさみやすさや親しみ感を抱かせてゆくところが色彩69☆の魅力。この日も、騒ぎたい観客たちの感情を巧みに刺激。つかみを持ったビートナンバーを通し、場内に絶叫飛び交う様を作りあげていた。観客たちを巻き込みはしゃがせるノリはもちろん、時には攻める姿でメッセージを心へ打ちつける様もなんて凛々しかったことか。

HONEYBEE
【F4】HONEYBEE
浴衣姿で登場したHONEYBEE。若干1名着ぐるみ姿というのも気になるポイント。気になるのは編成だけではない、キューでコケテッシュ、でもバンドらしい激しさも抱いたその演奏は、アドレナリンをかなり刺激するようで、舞台上へ絶叫をぶつけてゆく人たちも多かった。アイドルとバンドの境界線に立ち、どちらの魅力も巧みに取り込んでいるところがHONEYBEEの魅力。可愛らしらの中に隠し持ったハードさが顔を覗かせたとたん、騒ぎたくて身体がウズウズ反応するのも、HONEYBEEの楽曲が持つ素敵なマジック。笑顔に包まれたい方、HONEYBEEを味わっては如何だろう。

ミライSpeaker
ミライ
いきなり台風が巻き起こったような勢いで、ライブはスタート。歪みを上げた音が激しく唸るのに対し、ヴォーカルがとても肌触りよくガーリーな歌声をしているからだろう、つい笑顔で轟音の中へ飛び込みたくなる。激しいと言ってもけっしてラウドなわけではない、疾走するロックナンバーに色を描くうえで、演奏面でのダイナミクス感が際立っているからのこと。むしろ、ハイトーンも綺麗に伸びるSARAHの歌声へ意識は吸い寄せられていた。爆裂したガーリーなポップチューンの数々に刺激された観客たちが次々飛び跳ねてゆく、タオル振りまわし声を張り上げていく。理屈はいらない。感じたまま騒ぐことがミライSpeakerのライブでは正解だ。
 
AZURE♯
【F6】AZURE#
エレクトロでダンサブルな楽曲を刺激的かつ攻撃的な音に乗せ、AZURE♯の2人は突き付けてゆく。冒頭、トランス要素の強いアニソンナンバーをAZURE♯流のEDMスタイルにアレンジ。アタックの強いダンスビートと凛々しい2人の歌声に刺激され、観客たちは声を張り上げ、想いを返していた。さすが、進化系ガールズユニットと名乗るだけのことはある。AZURE♯はオリジナルナンバーでも、ドープからパーティまで多彩なEDMスタイルを投影。口つさみやすい歌謡ポップな歌と先鋭的なEDM SOUNDとの融合を通し、AZURE♯は親しみやすくも刺激的なダンス空間を場内へ作りあげていった。

究極人形
【F7】究極人形
究極人形のライブが始まると同時に、ファンたちの熱いコールが場内中へ飛び交いだした。熱狂するファンたちとは裏腹に、メンバーらは楽曲の持つ世界観へ浸りながらファンタジックなポップワールドを描き出してゆく。全員の歌声が重なりあったときの、気持ちをドキドキ弾ませるコケテッシュな歌声。清楚な魅力を打ち出しながらも、全員が一体化したどきに放つオーラ(存在感)へ気持ちが引き込まれていく。躍動する楽曲を通し飛び交った無数のコール。どんどん熱を上げてゆく観客たちへ笑顔を振りまきながら、究極人形はつねに楽曲の持つ世界観の中、自分たちのあるべき姿で生を謳歌していた。

ナト☆カン
【F8】ナト☆カン
最初から最後まで全力投球?!。そんなのナト☆カンにとっては常識だ。手にしたタオルを振りまわし、ステージ中を駆けまわり、つねに120%のパワーを放熱しながら、ナト☆カンは観客たちと一緒に大騒ぎの楽しい宴を作り出していた。ナト☆カンは何時だって爽やかでがむしゃらだ。汚れなき無邪気さで歌を届けてゆくからこそ、観客たちも肩を組み合い、メンバーと一緒に歌声を張り上げていく。気持ちの導くままにはしゃぐ少女たちの姿がとても眩しく見えていた。その姿に気持ちを重ね合わせたくて、観客たちもフロアーで無垢な少年に戻り、感情のストッパーを壊し騒ぎ続けていた。

FUN RUMOR STORY
【F9】FUN_RUMER_STORY
触れた瞬間、ポップでキャッチーなガールズバンドのツボを抑えた存在と感じたのがFUN RUMOR STORYに対する第一印象。ひと言でいえば爽やか。その中へ、青春模様にも似た少女特有の心模様を覚えていた。眩しいんだよ、真っ直ぐな想いで歌や演奏を届けてゆくその姿がとても輝いて見えれば、そこへ憧れの視線を向けたくなっていた。FUN RUMOR STORYの音楽を感じている間、何より歌い演奏している彼女たちの姿が青春の輝きに包まれていた。その姿に同じよう青春の匂いを覚えようと、タオル振りまわし熱狂する観客たち。拙さも含め、今の自分たちの等身大な心模様を、FUN RUMOR STORYは歌や演奏へストレートに投影してゆく。演奏中に浮かべる笑顔に触れていると、一緒に寄り添い続けたくなる。ともに未来の輝きの答えを見たくなってきた。

Quince
【F10】Quince
ヴォーカルが欠席というアクシデントに見舞われた状態のもとQuinceのライブは行われた。ハンデ?、確かにそうだろう。だけど、それさえも跳ね返す魅力をどれだけ発揮していけるかが大事なこと。ライブが始まったとたん、フロアーに生まれた大きなサークルモッシュ。メンバーも慣れない歌だろうが、そこは気迫で押してゆく。メンバーもファンたちも、バンドが不利な環境へ陥っているからこそ、最初から高いテンションでぶつかりあっていた。メンバーと一緒に「オーオーオーオー」と雄叫びを上げていた。リフトも生まれるくらいに滾るエナジーが渦巻き迸るライブが悪い内容のわけがない。感情と感情を、魂と魂をぶつけあった中で生まれたバトルは、初めて触れる人たちの興味関心の視線さえしっかり惹きつけていた。たとえバンドがベストな状態ではなかろうと、場内に生まれた熱気と興奮が、初見の人たちの気持ちもグッと引き寄せていた。その姿をQuinceが見せていたことが嬉しい収穫だった。もちろん場内には、最後の最後までメンバーと観客たちの絶叫がこだましていた。

次回の「Hotty & Rhythm」は、8月20日(日)のTSUTAYA O-WESTを舞台に「Hotty & Rhythm vol.4 Special Summer」と題して開催。出演は、Risky Melody/Chewing High!!/CANDY GO! GO!/みならいモンスター/眠らない兎/MAZIC STAR/HONEYBEE/969/AIBECK/チャオ ベッラ チンクエッティ/未解少女(O.A)。8月26日には日立 PAERY×PARTYで。27日には宇都宮 BIG APPLEで「Hotty & Rhythm」が行われる。こちらも楽しみにしていてくれ。

TEXT:長澤智典

★オフィシャルサイト★

Hotty & Rhythm Web
http://www.hotty-rhythm.com/

★ライブ情報★

「Hotty & Rhythm vol.4 Special Summer」
Surpported by ODYSSEY
8/20(日)渋谷TSUTAYA O-WEST
OPEN/START 11:30/12:00
ADV/DOOR ¥3,500/¥4,000(+1D)
【出演】Risky Melody/Chewing High!!/CANDY GO! GO!/みならいモンスター/眠らない兎/MAZIC STAR
HONEYBEE/969/AIBECK/チャオ ベッラ チンクエッティ/未解少女(O.A)

「Hotty & Rhythm vol.5 in IBARAKI 北関東2DAYS!」
8/26(土)茨城日立PARTY×PARTY
OPEN/START 15:30/16:00(仮)
ADV/DOOR ¥2,500/¥3,000
【出演】Risky Melody、HONEYBEE、深月るな、Goofy Amanda、MISSIW、Shallm♡Cat、けみゅ(Mike☆miKe)&兎月ひめ乃 他

「Hotty & Rhythm vol.6 in TOCHIGI 北関東2DAYS!」
8/27(日)栃木宇都宮BIG APPLE
OPEN/START 15:30/16:00(仮)
ADV/DOOR ¥2,500/¥3,000
【出演】Risky Melody、HONEYBEE、深月るな、Lovin&S、ViviD★RinG、MISSIW、FullMooN 他

About FDSM編集部 491 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。