DatuRΛ、主催ライブを『偽りの魅力』を実施。当日の模様をレポート!!

 昨年12月21日に、<Vocal.怜央、Guitar.みぃる、Guitar.ギル、Bass.楓華、Drums.φ-fai->の5人で活動を行うことを発表。今年2月16日に新宿RUIDO K4で行ったDatuRΛ始動主催『ハナガ咲イタ…ヨ..』より活動をスタートさせたDatuRΛ。彼らが5月15日(月)新宿RUIDO K4を舞台にDatuRΛ主催イベント『偽りの魅力』を行った。
この日は、DatuRΛのメンバーであるベース楓華の誕生日当日。オープニングでは、彼がセッションバンドを組んで演奏。さらにこの日は、2ndシングル『imitation』を会場及び通販限定でリリース。バンドにとっても、次なるステップへ踏み出す一つの分岐点にもなっていた。

フェロモンを撒き散らし歌うその姿は、性別を超え、妖しい美の象徴にさえ見えていた。

 妖艶な色香漂わせるSEに乗せ、メンバーらが舞台へ姿を現した。アダルトなムード?!。それが、DatuRΛにはお似合いの衣装だ。
激しさを伴い、色気漂うようにダークでメロウなシャッフルビートが響きだした。その場にいる人たちを口説くよう、艶かしく歌いかける怜央。ライブは1stシングル『禁断の果実』からスタート。
楽曲が場内へ響き渡った瞬間から、DatuRΛはその場を怪しい場末の芝居小屋に様変えてゆく。ここは、触れてはいけない禁断の宴の場。観客たちもその刺激を求め、ゆっくり身体を揺らし、その色香を思いきり身体で、開いた両手で受け止めていた。
ヒステリカルな音色が身体を貫いた。演奏は一気に激しさを増した。怜央の誘いに合わせ、右へ左へモッシュや身体を揺らす観客たち。沸き上がる熱情を、妖しい香りをまといながらDatuRΛは突き付けてゆく。『厭世』が身体へ痛い刺激をチクチク刺してゆく。その痛みは、何故に心地好いのか?!。それくらい激しさの中へDatuRΛは快楽を与えてるということ?
勢いを持ったシャッフルビートが熱狂の舞踏会への合図だった。身体を揺らさずにいれない。『MASK』か与えた刺激が、心や身体を熱く濡らしてゆく。激しく跳ねる演奏に刺激され、右へ左へ揺れる観客たち。途中には怜央へ向かいヘドバンしてゆく風景も。その様は、まるで教祖に想いを捧げるようにも見えていた。舞台上の怜央のなんて艶めいていたことか。フェロモンを撒き散らし歌うその姿は、性別を超え、妖しい美の象徴にさえ見えていた。

「イケてるかー!!」「ヤレてるかー!!」「もっと激しいのブチ込んでちょー だい!!」「ヤラしい声をたくさんちょーだい!!!!!」、刺激的な言葉と艶かしい声色で観客たちを優しく罵倒する怜央。なんてエロい存在だ。

最高のSEXをしようかー!! さぁ乱交パーティの始まりだ!!!

「最高のSEXをしようかー!!」「さぁ乱交パーティの始まりだ!!!」「揺らしていこうかー!!!!!」、怜央の煽りに続き流れたのが、『アクノハナ』。この楽曲では、この日に訪れた観客たちへ動画撮影を許諾。ファンの人たちがSNSに動画をアップしている可能性もあるだけに、チェックして欲しい。
「お前たちの心に真っ黒な悪の華を咲かせよう」、身体を痛く揺さぶるデジタル/ラウドな演奏が、ヘドバンせずにいれない衝撃を与えてゆく。攻めるように観客たちを煽るメンバーたち。サビへは艶かしくもメロウな表情を投影。『アクノハナ』が、動画撮影へ夢中になっている人たち以外の観客たちを熱狂の渦へ巻き込んでいった。
 激しさと刹那、二つの魅力を携え、『秋雨ラメント』が場内で激しく踊りだした。胸に秘めた想いを独白するように歌う怜央。彼の歌に心は惹かれながらも、身体は疼く熱を覚えていた。なんてねっとり絡みつく歌声と演奏だ。何時しか感覚は、その甘美に熟した演奏へ蕩けていた。
 艶かしくもジャジーなSEが流れだした。一変、演奏が始まるや、楽曲は一気に激しい唸りを上げた。最新シングル『imitation』を通し、DatuRΛは観客たちの身体へ激しい刺激を突き付けてゆく。艶かしい歌、身体の奥底までズンッと突きつけてゆく演奏。艶かしいのに、轟く音を叩き出すからこそ暴れずにいれない。怜央が言ってたSEXしようぜという感覚、互いに熱くイキたい気持ちのまま我を忘れ熱狂をぶつけあう。まさに、そんなねっとり激しく絡み騒ぐ様が、そこには描き出されていた。
「さぁ、イクぞ!!」「すべてをココにくれ!!」「いいか、捧げろ!!」、重厚な音が炸裂。煽りナンバー『Over Dose』の演奏と怜央の指図に合わせ、モッシュやヘドバン、拳を振りまわす観客たち。何時しか怜央は客席へ降りて観客たちを刺激していた。上がり続ける熱気、騒ぎ祭る狂喜、クライマックスの絶頂へ向けて、このままイキそうだ。
「イカしてくれよー!!」「最高のフィニッシュにしようぜ!!」、最後にDatuRΛは『Liar』を叩きつけた。激しく艶かしいダンスロックに誰もが身を任せ、右手を頭上高く掲げ、陶酔の表情で飛び跳ね続ければ、頭を全力で振り続けていた。身体を揺さぶり恍惚を分かち合おうとしてイッた。

 なんて妖艶なバンドだ。いや、はっきり言おう、エロいロックしているバンドだ。まずは、彼らが仕掛ける演奏の前疑に触れてみないか。そのままイカせてもらえたら、それもまた嬉しいこと。共に絶頂を迎えれらたなら、また何度も身体火照るロックなプレイを彼らと一緒に味わってくれ。 

 DatuRΛは、主催ライブを通して新しい発表をいくつか行った。それが、9月に行う「DatuRΛ 初東名阪主催ツアー〜Blooming Mad Desire〜」。そして、初の単独公演として10月5日に池袋EDGEで行う「「DatuRΛ初単独公演 孤蝶乱舞〜Drown the metel〜」だった。
さらにこの日は、当日より販売をスタートさせた2ndシングル『imitation』のフルMVも解禁(https://www.youtube.com/watch?v=KpUQh3Tb4iE)。気になる方は、まずはこの映像を通してDatuRΛに触れて欲しい。
『imitation』のPV SPOTは、6/11(日)までの期間中、10時から22時の間の毎時26分からと55分45秒から、原宿表参道ビジョンでも確認することが出来る。機会があれば、ぜひ野外でもその様を観ていただきたい。

TEXT:長澤智典

★セットリスト★

『禁断の果実』
『厭世』
『MASK』
『アクノハナ』
『秋雨ラメント』
『imitation』
『Over Dose』
『Liar』

★最新情報★

DatuRΛ 初東名阪主催ツアー
〜Blooming Mad Desire〜
2017.09.25(月) 新宿RUIDO K4
2017.09.28(木) 大阪RUIDO
2017.09.29(金) HOLIDAY NEXT NAGOYA

DatuRΛ初単独公演
孤蝶乱舞〜Drown the metel〜
2017.10.05(木) 池袋EDGE

『imitation』PV SPOT大型ビジョン放映決定
期間:5/15(月) ~ 6/11(日)
場所:原宿表参道ビジョン
時間:10:00~22:00
   毎時26分00秒~、55分45秒~

DatuRΛ『imitation』PV FULL 解禁

★映像★

■『imitation』PV SPOT

■『禁断の果実』PV FULL

★CD情報★

DatuRΛ Second Single CD
2017.05.15 Releaseimitation_jacket
『imitation』
【収録曲】(CD)
1.imitation
2.MASK
価格:¥1,000(TAXIN)
品番:DTRR-0002
販売:会場販売及び通信販売

★LIVE情報★

2017.05.25(木)秘メ事アソ日。Vol.4~東京ジャック~凜生誕祭
【日程】2017.05.25(木)
【会場】新宿RUIDO K4
2017.06.01(木)『World Making』
【日程】2017.06.01(木)
【会場】池袋Black Hole
2017.06.09(金)Ains PRESENTS「Dark in the Dark Vol.57」
【日程】2017.06.09(金)
【会場】池袋EDGE
2017.06.16(金)FWD Presents【beauty;tricker】-SS- #13
【日程】2017.06.16(金)
【会場】渋谷REX
2017.06.20(木)千歌繚乱vol.12
【日程】2017.06.20(木)
【会場】渋谷REX
2017.07.04(火)夏の大罪 vol.3
【日程】2017.07.04(火)
【会場】渋谷REX
2017.07.16(日)ジャックケイパー主催 ゆーせいたんさい
【日程】2017.07.16(日)
【会場】池袋EDGE
2017.07.19(水) KERBEROS presents “夏ケル2017大阪”
【日程】2017.07.19(水)
【会場】心斎橋FANJ
2017.07.20(木) KERBEROS presents “夏ケル2017名古屋”
【日程】2017.07.20(木)
【会場】HOLIDAY NEXT NAGOYA
2017.07.21(金) KERBEROS presents “夏ケル2017東京”
【日程】2017.07.21(金)
【会場】池袋Black Hole
2017.07.28(金)K4『R』presents「THE★WORLD-Elected Master of Nine-」
【日程】2017.07.28(金)
【会場】新宿RUIDO K4

About FDSM編集部 491 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。