【ライブレポ】”やらなきゃやられる”は伊達じゃない!!IGGYが見せた熱いライブと仲間への想い『この5人でもっと高みを目指します!』

筆者はこの日『池袋の中で一番の熱量が出たライブ』と言っても過言でない程の勢いとパワーを感じた。
その様子をここに綴ろう。

この日はIGGYのメンバーAllen生誕ワンマンと言うことで、会場内は各地から駆け付けたファンで埋め尽くされていた。

開演を知らせるSEが鳴り響くと会場からは叫び声にも似た歓声が沸き上がる。
それもそのはず、流れてきたのはStarting E・Pとして発売された”EVOLUTION”・”REVOLUTION”に収録された【 world is mine 】さらに当時の衣装に身を包んだメンバーが現れると会場のボルテージは急上昇!!

そう、この日はIGGYの過去を振り返りながら行うワンマンでもあるのだ。
各リリースに合わせたセットリストと衣装でライブを行い、告知映像が流れてる間に早着替えをするユニークかつ斬新な演出は、関係者もド肝を抜かれた。

『各々の楽しみ方をしてくれ!それが俺たちのライブだろう!!』
ヴォーカルの創真から送られた熱いメッセージと共に【 懐疑性シンドローム 】【 RO-EN 】から幕が上がった。強いメッセージ性がある歌詞なだけにグッとくるファンも多いだろう。【 P.P. 】では会場がダンスフロアとなり手拍子やジャンプが続き会場の一体感を上げて行きつつ、激しくも切ない【 Alive to Pain 】に繋げる。
第一部を締めくくるのは【 胡蝶の夢 】
joe2
激しい曲だけではない大人なIGGYの一面を感じさせつつ第一部の幕は閉じた。

第二部はアルバム”BONEZ”の衣装で登場したメンバー、当時のメインビジュアルで”骨の顔”メイクだったのが印象に残ってる人も多いだろう。衝動的な【 心臓 】、デジロックな【 ANOTHER 】で会場を飲み込んでいくIGGYスタイルはさすがの一言である。loa3
その勢いは留まることを知らず【 iCON -イコン- 】【 JOKE SHOW 】でさらに加速し、”BONEZ”収録曲で最もヘビーチューンな【 覇羅密多 】が始まった。
allen2
なんと、ここで本日の主役Allenがマイクを握り『折りたため!!』とホールを煽りだしたではないか、これにはファンも黙っていられない。
最大ボリュームのコール&レスポンスが続き、それにAllenも答える。
メインサビでは 自身がウォールオブデスの中心に立つなどファンサービスも忘れないプロ魂を見せつけ熱狂の中 第二部が幕を閉じた。

 

突如スクリーンに映像が流れメンバーから発表されたのは、ギターの『リュカ birthday 主催「僕が生まれた日。」』さらに、現在3タイトル連続発売されてる”アマテラス”、”スサノヲ”、”ツクヨミ”の『購入特典無料ワンマン』の開催だ!
なお無料ワンマンは特典対象者のみが入場できるライブと、通常のワンマン2部制となっている。詳細は追って公開されるので随時オフィシャルサイトやSNSをチェックしてみてくれ。

 

嬉しい発表が続き、会場が暖かい空気に満たされたまま【 無名のバンクシー 】で第三部の幕が上がった。そこには”ORIGIN”の衣装に着替えたメンバーがステージに構え、ミュージックビデオさながらの覇気が感じられた。
『俺たちのすべてを込める!!だからお前たちのすべてを俺にくれ!!(創真)』
ライブも終盤に向かうにつれ畳みかけるように感情を吐き出すメンバーたち【 NEVER ENDING STORY 】ではファン全員がタオルを振り回し、全力でその一瞬一瞬を悔いないよう噛みしめていた。
ryuka2
本編最後の【 曼陀羅 】では再び本日の主役Allenがマイクを握りIGGY恒例の『やらなきゃやられる』を披露!
と思いきや、ステージが暗転しメンバーからのサプライズが!バースデーケーキの登場とバースデーソングの合唱でAllenを盛大に祝福した。

仕切り直しで始まった【 曼陀羅 】そこには恥じらいを捨て純粋にライブを楽しむ者だけが集まり、こぶしを挙げ、頭を振り、暴れ倒して第三部、そして本編が終了した。

アンコールではメンバー各々がAllenへ感謝の想いを述べていく。
恥じらうもの、熱く語るもの、様々なキャラクターが集まったバンドだがこれほど仲間思いで純粋なバンドは出会った事がない。

“包み隠さず腹を割って話す”と言うことは『生きていく』『行動を共にする』うえで当たり前のことだが、バンド活動を円滑にするために”そこ”が出来ない人が多いのも事実である。しかしIGGYから感じられるのは『心の素直さ』各々が思い描いてるビジョンを尊敬しあい、ともに高みへ向かう魂が感じられるメンバーである。
その魅力に気付くファン、関係者、全員で作り上げた最高のライブで『池袋の中で一番の熱量が出たライブ』と題させて頂いた。

第四部と題したアンコールは最新作”アマテラス”の衣装に身を包み表題曲【 アマテラス 】からスタート。souma3
しっとりと儚く、しかし勇気を与えてくれる一曲を歌い上げ、いよいよ最終戦【 CONTINUE 】そして【 OVER 】でワンマンを大盛況のうちに終えた。
三作リリースのツアー、インストアイベント、ワンマン、主催、止まることなく全国を走り続けるIGGY、熱いライブは各地でも巻き起こしてくれるだろう。

◆セットリスト◆

world is mine
懐疑性シンドローム
RO-EN
P.P.
Alive to Pain
胡蝶の夢

NOW LOADING
心臓
ANOTHER
iCON -イコン-
JOKE SHOW
覇羅密多

無名のバンクシー
Under”dog”s party
Overflow_
Golden ZIPANG.
NEVER ENDING STORY
曼陀羅

– アンコール –

アマテラス
CONTINUE
OVER

◆オフィシャルサイト・SNS◆

IGGY OFFICIAL WEB SITE
www.iggy-official.net/
IGGY OFFICIAL TWITTER
https://twitter.com/iggy_formal

About FDSM編集部 402 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。