始動後わずか2ヵ月でワンマンライブを行った『Xecstage』最先端のサウンドと共に突き進む彼らの熱いライブをここに書き綴ろう。

暗転の中、会場に鳴り響くエレクトロサウンド、そこに本日の主役『Xecstage』のメンバーが姿を現した。

「さぁ、始めよう新宿!!」

Jin(ヴォーカル)の掛け声で、始まったのは彼らの代表曲『Mosaic』だ。先日ミュージックビデオがYoutube上で公開され、その再生数はいまなお伸び続けている(Mosaic FULLミュージックビデオ)ヘヴィなリフが続くだけでなく「落しの部分」「聞かせる部分」が随所に散りばめられている楽曲だ。
jin
続けて『NO GOING BACK』『Unlock』とデジロックチューンを演奏し会場のボルテージを上げて行く。その様子は、とても始動2ヵ月とは思えないほど堂々としており自信に満ち溢れていた。

Jinのアカペラから始まる『Reverb』は叙情的な歌詞が続く、そんな中sita(ギター)の胸に突き刺さるテクニカルプレイがとても印象に残った。sita初見の筆者が感じたことは「耳に休む暇を与えない」と言う事、絶妙なタイミングでザクザク刻まれるリフやソロは曲のイメージを変え「次が予想できない、さらにのめり込んで行く」そう『Xecstage』には中毒性があるのだ。

MCでは重大発表があり、サポートとして活動していたGuy(ギター)が本日付でメンバーへの正式加入が決定。guy
来年 2017年1月17日(火)には新宿HOLIDAYにてドラムZakkiのバースデー主催も発表された。さらに嬉しい知らせは続き、ミニアルバム「Paradoxial Psychology」の発表も決定し会場は大きな拍手と歓喜に沸いた。なおミニアルバムは上記バースデーイベントで先行発売されるので一足早く入手してほしい。

会場が沸いてる中、さらに『Anywhere』『Rejection crisis』と熱いナンバーを叩きつけ、これまで大人しかった男性客達は頭を振り、コブシを掲げ続ける。そこには恥じらいを捨て純粋に音楽を楽しむ者があふれ返っていた。『ホロウソング』はZakkiが叩きだすビートに合わせ全員がジャンプし、さらに一体感を増して行く。zakki

ライブは終盤に差し掛かり『Story is Mine』ではモッシュ・折り畳みの連続でメンバーとオーディエンスの掛け合いが起きていた。正式加入したGuyも遠慮なしに客をあおり続け、Ryo(ベース)はホールに降りさらに客を煽った。何度も言うが始動2ヶ月とは思えないほど全員アグレッシブに対応し会場を支配していく姿は圧巻だった。ryo『MONSTER』ではステージと会場が一つになり、今日という残された時間を全員が一音ずつ噛みしめながら過ごした。

「今日はありがとう、最後の曲です」

始まったのは『FEEL MY HATE』どこか哀愁が感じられるメロディーで会場は暖かな空気で包まれ、始動記念ワンマンは大成功のうちに幕を閉じた。

単に切ないメロディだけを奏でるバンドは大勢いるが、『Xecstage』はJin独特のメロディーや歌唱力に、sita,Guy,Ryo,Zakkiの個性豊かなサウンドがプラスされ「どこにも属さない自身の色」を持ったバンドだと確信した。

是非その姿をライブ会場に足を延ばし確かめてほしい。

◆オフィシャルサイト・SNS◆

Xecstageオフィシャル
http://www.xecstage.com/

◆セットリスト◆

1.Mosaic
2.NO GOING BACK
3.Unlock
4.Reverb
– MC –
5.Anywhere
6.Rejection crisis
7.ホロウソング
– MC –
8.Story is Mine
9.MONSTER
10.FEEL MY HATE

◆リリース情報◆

Xecstage 1st SINGLE 2016年10月1日 リリース
『STRATOSPERE』
image1
品番XTG-001/ ¥1,080(tax in)
[CD]
1.Rejection crisis
2.Mosaic
3.UNLOCK

◆STRATOSPERE SPOT動画◆

◆ライブスケジュール◆

2016.10.04 新宿Club SCIENCE
2016.10.05 池袋RUIDO K3
2016.10.26 高田馬場AREA
2016.10.27 仙台Space Zero
2016.10.31 池袋BlackHole
2016.11.09 新宿HOLIDAY
2016.11.14 池袋BlackHole
2016.11.27 新宿HOLIDAY
2016.12.05 高田馬場club PHASE
2017.01.17 新宿HOLIDAY(Zakkiバースデー主催)

About FDSM編集部 491 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。