d-girls、秋に全国ツアー、来年にTSUTAYA O-EASTワンマンに挑戦!!喜屋武里奈、12月に耳の手術のために一時休養。無事、復帰を願いたいが…。ところで、「1000枚ではなく1000人に届けたい!!チャレンジ」の結果は…!?

d-girlsが、3月に発売した1stアルバム『d-girls’16』を手に始めた「1000枚ではなく1000人に届けたい!!1stアルバム『d-girls’16』チャレンジ」。その中で、もう一つの目標として掲げていた「5月末日までに500人に500枚販売したら、東京でのワンマンライブを開催する」約束。その約束を果たすべく行ったのが、8月27日(土)に渋谷クラブクアトロを舞台に行った「d-girls単独公演~1000人チャレンジ500人達成記念公演~」だった。しかもこの日は、先に掲げた「1000人に1000枚を届けたい!!チャレンジ」の、もう一つの約束の期限の日でもあった。
開催一週間前の時点で、販売枚数は880枚を記録。この日に120人の新規販売を行えれば、目標の達成となっていた。先に結果を語ると、当日は新たに48名が購入。残念ながら、期限までに達成することは叶わなかった。この挑戦は達成するまで続くので、引き続き応援していただきたい。

四つの大切な発表!

さらにこの日は、新しい発表も相次いだ。まずは、d-girlsの候補生としてこだま霞と百瀬めい2名のお披露目が行われた。しかも候補生の2名は、アンコールのステージに登場。早くも舞台上で初々しい姿を披露してくれた。
続いて、「北海道/大阪/名古屋と続く全国ツアー」の発表だ。全公演とも、アルバム『d-girls’16』を購入した際に受け取った入場チケットがあれば無料で何度でも観ることができる。当日に観たい方は、2000円のアルバムを買ってもらえれば同じく入場チケットを手に出来るので、ご安心を。
三つ目が、来年にTSUTAYA O-EASTでの単独公演に挑戦するという発表だ。この日も多くのファンたちが来場したとはいえ、TSUTAYA O-EASTは倍以上のキャパシティを誇るように、これからd-girlsが何処まで支持を集められるのか!?。これもまた、メンバーらにとって大きなチャレンジになる。
四つ目の発表が、この日の舞台上でみずから語ったように、オリジナルメンバーの喜屋武里奈がメニエール病のため、全国ツアー後に休養を取ることになった。12月に手術。本人はTSUTAYA O-EAST公演までに戻ってくる意志を固めているが、こればかりは手術の結果と術後の経過次第だけに、復帰が何時になるか現状定かではない。が、あくまでも休養のように、復帰の時を待ってていただきたい。
IMG_0673
当日の会場も、満員に至らなかったとはいえ、多くのファンが来場。メンバーとファンたちとの気迫と気合いをぶつけあったライブは、”熱狂”という言葉が本当に相応しい姿で終始場内を包み込んでいた。

今日はその笑顔を預かっておくよ。その変わり笑顔で君に返すから、絶対に戻ってきて。

 この日のライブは、合間にゲストとして呼び入れた東京ロケッツのライブを挟む形のもと、二部構成で行われた。
前半部に披露した『alive』では、ポイ(紐の先にボールを付けたもの)を用いリズミカルに振りまわすポイダンスを組み込んだパフォーマンスも披露。ポイの技術指導や演出には、世界で活躍するポイアーティストYutaにお願いするという徹底ぶりで、彼女たちの意気込みも伺えた。その他にも、d-girlsな新たな一面を見せた新曲の『stream』や、ゲストとして招き入れたMilleFaceがこの日の為に書き下ろしたという、d-girlsとのコラボナンバー『永遠なんてない』を披露。後半には『See you again』や『stay』『Happy Go Go』など、d-girlsのライブへ華やかさと興奮の風景を作り続けているキラキラとしたEDMナンバーを次々投影。アンコールでは、研究生2人も加えた6人編成で、2ndシングルの『moment』。触れた人に夢や希望、何より前向きな力をキラキラまぶしてくれる『dreamer』。新たな舞台へ航海するように『Voyage』を届けてくれた。最後の最後には、みずからの未来について大切な発表をした喜屋武里奈がリードのもと、『with smile』を想いを宣言するように歌ってくれた。
喜屋武里奈は『with smile』を通し「笑顔を見せて」とファンたちに歌いながら、この曲を、これからの運命へ立ち向かうためのみずからの勇気に変えたかったのかも知れない。歌の中に記された、「不安を蹴飛ばし、とびっきりの笑顔を見せて」という言葉を、今は喜屋武里奈に贈りたい。手術までの期日はまだあるとはいえ、ここにいる人たちは、足を運べずに各地で応援していた人たちは、絶対に彼女の復帰を待っている、喜屋武里奈がまた満面の笑顔で舞台に立って歌ってくれることを。
「とびっきりの笑顔をあげる」。今日はその笑顔を預かっておくよ。その変わり笑顔で君に返すから、絶対に戻ってきて欲しい。そんな心境にもなっていた、この日のワンマンライブだった。

さぁ、これから全国ツアーだ。そして、12月より休息に入る喜屋武里奈か復帰してくれるだろう、渋谷TSUTAYA O-EASTでのワンマン公演だ。

喜屋武里奈、舞台上での発言コメント

「私は、メニエール病になってしまいました。今、右耳がほとんど聴こえない状態で、躍ってても平衡感覚が上手く取れなかったり、目眩がして上手く躍れないのが現状です。そのため、12月に耳の手術をすることになりました。その前にある全国ツアーは、どんなに体調がつらくてもステージに立っていたいし、みんなとずっと一緒にいたい。何より、メンバーと離れるのは嫌だから、その手術のときまでは自分の出来る範囲でステージに立とうと思っています。2月にずっと目標で、憧れていたTSUTAYA O-EASTのワンマンが決まったので、絶対それまでに直して復帰したいと思っています。本当に戻ってこれるかは正直まだわからない…。だから、今は私が活動休止をするまでのライブを全力で頑張っていくので応援してくれたら嬉しいです。よろしくお願いします」
3G5A2732
LIVE PHOT:遠藤真樹                         
TEXT:長澤智典

★オフィシャルサイト・SNS★

d-girls Web
http://futuredrive.jp/d-girls/web/
d-girls twitter
https://twitter.com/d_girls_FD

Mille Face Web
http://www.milleface.com/
東京ロケッツ Web
http://rockets.tokyo/
Yuta Web
http://www.yutapoi.com/

―セットリスト―

『stream』
『NEGAI』
『noemi』
『alive』
『CHANGE THE WORLD』
『永遠なんてない』(MilleFace×d-girlsコラボ)
『Core』
『とかげJUMP!』
『Brilliant sky』
『Bright』
『STAR☆JET』
『Smile again』
『See you again』
『stay』
『brave heart』
『Happy Go Go』
―アンコール+映像―
『moment』
『dreamer』
『Voyage』
『with smile』

About FDSM編集部 620 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。