17代目ミニスカポリスのセンターとして歌の中核を担っているのが、工藤希。彼女が今、どんな心境なのか語ってもらった。

正式活動から一ヶ月を待たずに、世の中では「新たなミニスカポリスが誕生した」と騒がれている。その17代目ミニスカポリスの中でも高い支持率を誇り、ライブの中、グループを牽引してゆく中心人物として活動中の工藤希さんを、ここではピックアップ。
工藤希
17代目ミニスカポリスのセンターとして歌の中核を担っているのが、工藤希さん。彼女が今どんな心境なのか、ぜひ耳を傾けて欲しい。

今は17代目ミニスカポリスのメンバー一人一人の存在をとても大事に、愛おしく思っています。

―6月にメンバーが集結。7月31日にZepp Tokyoを舞台に行ったステージより、17代目ミニスカポリスは正式に活動をスタートさせました。この短期間の中、メンバー間の結束もどんどん強くなっていません??
工藤:始めたばかりの頃は、みんな個性が強いからこそ「一緒に演っていけるかな!?」と不安だったんですけど。最近では毎日のように顔を合わせれば、お仕事を終えてからも一緒にご飯を食べに行ったりとコミュケーションを取る時間も増えれば、関係性も深くなっているように、今はメンバー1人1人の存在をとても大事に、愛おしく思っています。

―メンバーそれぞれの捉え方も変わってきています??
工藤:活動を重ねるごと、お互いの性格や個性、魅力をつかめるようになってきました。みんなライバルであれば仲間でもあるように不思議な関係なんですけど、みんな目指す場所が一緒というか、それぞれに17代目ミニスカポリスを通して目指したい目標をしっかり持っていれば、17代目ミニスカポリスとしても明確に未来図を描いているように、気持ちを一丸にしていけてるんですね。同じ意識を共有していけることで、お互いの結束力を深めているのも嬉しいことなんです。

―確かに、ユニットとして明確な目標や指針が見えていると、みんなの気持ちは一つにまとまりやすいですからね。
工藤:まさに、今の17代目ミニスカポリスがそうなんです。

ミニスカポリスの制服姿でライブをやることで、「あのミニスカポリスが」と言われることが本当に多いよう、とても大きなチャンスの場をいただけたんだなと実感しています。

―工藤さん自身にも、17代目ミニスカポリスになっての反響の声は身近にいろいろ返ってきています??
工藤:じつは私、17代目ミニスカポリスのメンバーになったことをまだ誰にも言ってないんです。言ってないと言うか、まわりが自然に気づくくらいに名前が知れ渡るまではあえて言いたくないなと思っていて。それでも、さりげなくお父さんに会話の中「ミニスカポリスって知ってる??」と聴いたら「知ってるよ、昔から有名だよね」と言ってました。私、部屋に普通にミニスカポリスの衣装を置いてるから、きっとバレているような気もしています。

―それでも…。
工藤:まだ、自分からは言いたくないんです。もっともっと17代目ミニスカポリスの存在が大きくなり、まわりが気づき出してから、「私、じつはメンバーです」と言いたい。それくらいにまで成りたいからこそ、そういう意識を私は持っています。

―ライブ活動に於いては、ミニスカポリスの知名度や人気を感じることも増えているんじゃない!?
工藤:そうなんです。まだまだメンバーそれぞれの名前や顔は知られてないですけど、ミニスカポリスの制服姿でライブをやることで、「あのミニスカポリスが」と言われることが本当に多いように、とても大きなチャンスの場をいただけたんだなと実感しています。
正直、17代目ミニスカポリスとしての活動はとても忙しければ、乗り越えなきゃいけない課題も多くあるように、精神的にも体力の面でもきついところがあります。最初の頃は、それで挫けそうになったこともありましたけど、今は、これだけ多くの人たちがミニスカポリスの存在を知っているんだからという反響も感じていることから、「何があっても頑張ろう」という意識で向かっています。

17代目ミニスカポリスをもっともっと前へと進めていきたい。それくらいメンバー愛や17代目ミニスカポリス愛が深まっています。

―工藤さん自身は、アイドルとしての活動はもちろん、徐々に行ってはいることですが、エレガント系のモデルとして活動してゆく目標も抱いてるそうですね。
工藤:そうなんです。私、乃木坂46さんが大好きなんですね。乃木坂46さんって女性のファンも多いじゃないですか。中でも、白石麻衣さんがすごく好きなんです。あの姿が、私の理想でもあります。

―私服の工藤さんはエレガント系な方のように、ミニスカポリスの衣装とは嬉しいギャップを魅力にもしていますからね。
工藤:そのギャップさえも魅力にしていけるのが、今の17代目ミニスカポリスなんだと思います。

―その魅力に惚れてゆくファンたちも、ライブを通してどんどん増えています。

工藤:それが本当に嬉しいんです。とにかく私たちは、1回1回のライブを通して、観てくれる人たち全員を逮捕しちゃうくらいの勢いでファンにしていこうと思っています。実際に、ライブを演るたびに新しいファンの方も増えているよう、その勢いをもっともっと伸ばしていけるように頑張ります!!

―工藤さん自身、加入前と今とではいろんな面で変化や成長を感じてます??
工藤:加入したばかりの頃と今とでは、ぜんぜん違います。最初は17代目ミニスカポリスの中で一番になりたい気持ちでしたけど、今はメンバー一丸となって、いろんなユニットに負けない存在になろうという意識で立ち向かっているように、17代目ミニスカポリスとして勝ち上がっていきたいです。
個人的な活動にしても、最初は考えていなかったんですけど。今は17代目ミニスカポリスの工藤希として声をかけられることも増えたように、個人としてもモデル業などお仕事を頑張りながら、そこで得た成果を17代目ミニスカポリスへ返していきたい。そこで得た力や蓄積を持って、17代目ミニスカポリスをもっともっと前へと進めていきたい。それくらいメンバー愛や17代目ミニスカポリス愛が深まっています。

―今後、どんな風に工藤さん自身や17代目ミニスカポリスが躍進していくのか、そこは楽しみにしています。
工藤:まだまだ頑張りますので、応援よろしくお願いします。

TEXT:長澤智典

★オフィシャルサイト・SNS★

17代目ミニスカポリス Web
http://minisukapolice.dreamstar-agent.com/
17代目ミニスカポリス twitter
https://twitter.com/minisuka17

工藤希(くどう のぞみ)
Twitter @Nozomi_Kudo
Instagram nozomiii_kudo

★LIVE情報★

8/28 sun TwinBoxAKIHABARA TwinBoxGARAGE
9/06 tue 新宿Club science
9/10 sat TwinBoxGARAGE
9/11 sun 新宿Club science
9/12 mon「君だけLIVE!Web放送」18:00〜
9/15〜18 東京ゲームショー幕張メッセ特別ブース
「17代目ミニスカポリス スマホゲーム発売イベント」
10/09 sun 新宿Club science
10/31 mon 新宿Club science
「17代目ミニスカポリス1stワンマンLIVE!」

9月3日(土)に17代目ミニスカポリスが「SUPER WEEKEND」に出演が決定。
場所:長野県 M-wave
メンバーは、工藤希/内山沙矢香/朝比奈南/倉咲奈央/大夢真由
http://superweekend.jp/stage-info/

About FDSM編集部 866 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。