Risky Melodyが毎週水曜日に開催中の定期主催公演「Welcome to the Risky World-Road to GARDEN-」で、熱狂にまみれてみた。

 下北沢VOICE FACTORYを舞台に毎週水曜日に定期開催中、Risky Melody主催公演「Welcome to the Risky World-Road to GARDEN-」。今回、通算15回目となる7月20日(水)に行なわれたライブの模様をレポートした。

 熱い声援を受け、メンバーらが舞台上へ姿を現した。冒頭を飾ったのは、いきなり気持ちをマックスに上げてゆく解放感満載なパワーロックナンバー『スタートライン』。最初からメンバーらは目の前にいるリスメラー(ファン)たちへ拳を突き上げ、迸る感情をガツンとぶつけていた。駆け上がる演奏が、そのまま気持ちの高ぶりに直結。ヴォーカルのALICEを囲むように熱い声を上げ、スクラムを組みながら騒ぎ続けてゆくリスメラーたち。何時しかギターのMAYUも最前まで身体を乗り出し、観客たちをキュートな笑顔で魅了すれば、ベースのMAIも最初からぶち切れていた。
005
「Welcome To The Risky World!!、みんな一つになれるか!!」。ALICEの煽り受け、『Liberty』へ。しっとりとした幕開け。歌終わりで、演奏は一気に晴れな表情を持ってスキップし始めた。とても華やかな、なんて気持ちに光を注いでゆく歌なんだ。ALICEの歌声に触発され、絶叫を上げてゆく人たちも。フロントへ寄り添う3人に、同じよう熱気を持って目の前まで近づき寄り添うリスメラーたち。この一体感が、この会場特有の魅力だ。

 Rieの華やかなドラム演奏を合図に始まったのが、毎回メンバーの誰かが主役となって引っ張る「メンバーコーナー」。この日の主役はドラムのRie。彼女がメンバーに提示した題材は「目隠しお絵描き」。メンバーが目隠しをして30秒で絵を描くという、とてもシンプルな内容だ。Rieが提示した絵のお題が、「ドラえもん」「Rieの似顔絵」「Risky Melodyのロゴ」。目隠しをして描いたこともあり、みんな突拍子もない絵に…と言いたいところだが、唯一ギターのMAYUは、お題にだいぶ近い絵を描く画伯ぶりを発揮。この日の勝利を勝ち取っていた。対してヴォーカルのALICEとベースのMAIは、だいぶ混迷な画伯ぶりを示していた。さらにその後、Rieとリスメラー2人が登壇し、同じゲームに挑戦。お題として出された「ドラム」で、Rieが名画伯ぶりを発揮。このテーマの考案者らしい実力を見せてくれた。
015

 中盤には、オリエンタルな雰囲気も備えた、激しく躍動する演奏に哀愁な歌が絡み合う『CRYSTAL SNOW』を披露。とても艶やかな歌、でも楽曲が勢い満載でせまるように、気持ちが高ぶっていたのも事実。むしろ、ALICEの歌やMAYUのギターメロに心は泣きながらも、身体は興奮を求めていた。グチャグチャにまみれていた場内、そうなるのも納得だ。
 今にも壊れそうな歌からの幕開け。だが演奏は、「Pierrot」の言葉を合図に一気にパワーを炸裂。まるでメタルサウンドのように激しく唸り狂う演奏。でもALICEは、哀愁味を持って『Pierrot』を歌いあげてゆく。なんて心を掻き乱す情熱的な歌と演奏だ。舞台へ向けて伸ばした無数の手が、リスメラーたちの昂揚した想いを物語っていた。

 王様(Rie?)からのさまざまな課題に挑戦してゆく「リスメロクエスト」のコーナー。前回の「名古屋のイベントで動員一位を獲得」のクエストを無事達成。その達成記念の撮影からスタート。今回、王様から与えられたクエストは、一週間内に「MAIの故郷である栃木でMAIのオリジナル餃子を作り、100個完売。包み紙はRisky Melodyで」「”ALL AS ONE FESTIVAL”のポスターを作り、所沢のお店300店舗に張らせてもらう」「フェスやワンマンに向けてRisky Melody公式ツイッターのフォロワーさんを(4000人台から)6000人に増やす」の3択から、リスメラーと一緒に選ぶこと。結果、リスメラーたちによって選ばれたのが、「フェスやワンマンに向けてRisky Melody公式ツイッターのフォロワーさんを6000人に増やす」。果してこの公約、27日(水)までに実現出来るのか??。気になった方は、ぜひ、フォローお願いします。
029
 ライブは終盤戦へ。歌謡メロ生きたハード&ドライブナンバー『Light the light』が炸裂。身体を思いきり揺らし演奏しながら、観客たちを煽ってゆくメンバーたち。間奏では、MAIのスラップベースが躍動すれば、Rieのドラムも豪快にリズムを刻んでいた。MAYUの気持ちを昂らせてゆくコーラスもポイントの一つ。興奮抑えきれないリスメラーたちの無数の拳と絶叫が場内に響き渡っていたのも納得だ。
「私たちはこの絆を求めていました。お客さんらとメンバーと一緒に最高の景色を観ていきたい。この絆をもっと大きくしていこうよ」。最後は、「みんなで一つ」を胸に届けたRisky Melodyのテーマ曲『Risky Melody』。リスメラーたちの雄叫びに包まれながら、メンバーたちも凛々しく挑む姿勢のもと演奏。大サビでは、観客たちに抱えられ客席中を練り歩いたALICEが担がれながら場内で熱唱。情熱抱いた『Risky Melody』を互いに全身で感じながら、満面の笑顔を浮かべ興奮の渦に呑み込まれてゆく様が、目の前に広がっていた。
060

 演奏を通した熱狂はもちろん、「メンバーコーナー」や「リスメロクエスト」を通し、ファンたちも一緒に参加しながら作ってゆくRisky Melody主催公演「Welcome to the Risky World-Road to GARDEN-」。小箱の中で繰り広げるからこそ、メンバーもファンも想いや熱気をダイレクトに感じられる。ぜひ、このイベントを体感していただきたい。その後に行なわれる第二部では、メンバーらをもっと身近に感じれるはずだ。その理由は何かって?。この日、それも含めて名古屋から足を運んだ人もいたように、それは直接足を運んで知ってくれ。損はさせないよ。

PHOTO:橋本美波
TEXT:長澤智典
 

★セットリスト★

『スタートライン』
『Liberty』
『CRYSTAL SNOW』
『Pierrot』
『Light the light』
『Risky Melody』

★オフィシャルサイト・twitter★

Risky Melody
http://risky-melody.com/
Risky Melody twitter
@_risky_melody_

★Risky Melody情報★

【定期ライブ】
「Welcome to the Risky World」〜Road to GARDEN〜
定期ライブが復活!!
リスメロの定期ライブはライブだけじゃない!!
2月の3周年ワンマンまで、ほぼ毎週水曜日!

【主なライブ】
7/31(日)豊洲アスレチック「あみゅ博」特設ステージ スペシャルライブ
8/28(日)ZeppTokyo「GIRLS ROCK SUMMER SPLASH!! 2016」

【舞台出演】
Vo.日野ありす主演、Dr.Rie出演、Risky Melody全公演演奏
“STRAY DOG”Pro「問題のない私たち」
原作:牛田麻希/木村文 脚本/演出:森岡利行
東京/シアターグリーンBIG TREE THEATER
8/16(火)~21(日)
大阪/HEP HALL
9/2(金)~4(日)

【初大阪ワンマン】
1/15(日)
WELCOME TO THE RISKY WORLD~ROAD TO GARDEN~大阪編
Risky Melody ONE MAN LIVE!
アメリカ村CLAPPER

【Risky Melody3周年ワンマン】
2017/2/12(日)
Risky Melody 3rd Anniversary
ONE MAN LIVE!
@下北沢GARDEN

★「ALL AS ONE FESTIVAL」情報★

日時:2016/08/27(SAT)
OPEN : 11:00 START : 12:00
LIVE会場:航空公園野外ステージ(メイン・サブ)
※所沢航空公園オフィシャルHP http://www.parks.or.jp/tokorozawa-kokuu/※
主催:埼玉ALL AS ONE FESTIVAL実行委員会
協力:株式会社ARIGAI、下北沢ボイスファクトリー、株式会社オフィス彩
TICKETS発売日:7/16 12:00
販売サイト:DMM.E(https://event.dmm.com/)
チケット料金:前売¥5,000 / 当日¥5,500

「ALL AS ONE FESTIVAL」
http://allasone-fes.info
Risky Melody
http://risky-melody.com/
Reaction the Buttha
http://rtb-music.com/
Beat Buddy Boi
http://beatbuddyboi.com/
川島ケイジ
http://www.keiji-kawashima.com/
如月なつき
http://natsuki0619.com/

「ALL AS ONE FESTIVAL」関連ニュース記事はこちら
■Risky Melodyが主催&プロデュース!! 8月27日に、航空公園野外ステージを舞台に音楽フェスティバル「ALL AS ONE FESTIVAL」を開催!! 元AKB48メンバーも登場!! あなたもこの日は1日中パリピしちゃえ!!

About FDSM編集部 755 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。