Starwave Recordsの期待の星、実力派ビジュアル系Fixerの素顔とは!?

Starwave Recordsといえば、MisarukaやSynk;yetなどの知名度の高いバンドばかりが所属していることでも有名だ。そんな大きな事務所に、新たなる風を巻き起こしにきたのが、2016年2月23日より所属決定をした4人組ビジュアル系バンドFixer。元々事務所に所属する前から、精力的に活動をしていたこともあり、彼らのそのストイックさに注目していた方も多いのではなかろうか?そこで、今回まだまだ素顔が明かされていない彼らの素顔を暴いていこうと思う!

――Fixerのみなさんのことをまだまだ知らない方も多いと思うのでそれぞれのキャラクターを教えて下さい。
Aika:僕が一番何も変わらないかもしれないですね。見た目通りです。ただ、一番ギャップがあるのはやっぱJeyくんかKoreyくんかな。
優真:そうだね。二人はだいぶギャップがあるかもしれない。

――どんな風にギャップがあるんですか?
Aika:Jeyくんに関してはうるさいですね。ずっと喋ってます。(笑)ライブの雰囲気だといかつい人というか。ふざけたことをしなそうなイメージだけど、実際楽屋とかではずっとふざけたことしか言わないですね。
Jey:自分、コミュ障なんですよ。他のバンドさんと会話をするときに、あんまり仲良くない人だとむしろ喋ることが見つかんなくて。「そうですよねー」って終わっちゃうんですよ。なので、日ごろ喋っていない分が溜まっていくというか…。

――意外な一面がありますね。
Jey:(笑)。基本的にはそうだと思います。でも、メンバーはなんかずーっと喋っちゃうんですよね。なんでかわかんないですけど。
Aika:初対面の人と目合わせないもんね(笑)。
Jey:合わない。全然ダメです。苦手なんですよ。喋るのがそもそも。

――Aikaさんから見てKoreyくんは?
Aika:そのまんまの部分が半分と、結構フランクな所がありますね。言ったら、ステージ上のKoreyくんに冗談とか言ってるとぶん殴られそうって思うんですけど(笑)。でも、ちゃんと冗談が通じるフランクな所もありますよ。
Korey:ファンからも怖くて話しかけられないっていう言われることが多くて。全然そんなことはないんですけど、それを打破するために最近ツイキャスとかをよくやってます。それでだいぶイメージが変わりましたね。物販とかにたまに出ても、全然話しかけてくれるようになって。

――親しみやすいイメージは作っていきたいですか?
Korey:ある程度の境界線は引きたいんですけど、怖くてなんか話しかけれないんだったらそんなことはねーっていうのはありますね。

――優真さんはどんなイメージなんですか?
優真:俺は、どっちかっていうと見た目のまんまのキャラって感じ。
Aika:見た目のまんまな部分は確かにまあ、あるかもしれない。けどそれよりかは、もっと天然っていう感じ。自分の世界をね、持ってるんですよ。
Jey:良い言い方すればな。
Aika:勝手に人と会話している途中に自分の世界入っちゃうっていう。
Jey:普通に会話をぶん投げてきたと思ったら、いつの間にか、携帯をいじってたり。もう話しを聞いてないんですよ。
全員:(笑)。
Jey:みんなでセトリの事を考えているとき、「MC開けこういう感じで行こうぜ!次どうする?ラストこうやって行こうぜ」って言ってると「いやそれ変じゃない?」って話が食い違うんですよ。MCの話をまだしてたりとか(笑)。もうみんなその次行ってんだよみたいな事が結構あるんですよね。

――自分の世界に入ると周りが見えなくなってしまう?
優真:そうですね。なんかメンバーと仲良い分だけ気が緩んでるせいか、みんなが話してるのに急に考えこんじゃうことが結構ありますね。

――Starwave Recordsに所属し、環境に変化はありましたか?
Jey:ようやくStarwave Recordsのレーベルメイトさんたちともしゃべれるようになりましたね。所属してから3ヶ月くらい経つんですけど、みなさんとも対バンする機会が増えたりしてようやく顔と名前を覚えて、しゃべれるようになったくらい。中でも、Tokamiはよく絡んでたんでいろいろしゃべってたんですけど、もっと仲良くしていかないとなって。他のバンドさんとも。


――Tokamiの意志を継ぐ勢いで行きますか?
Jey:なります。必ずや一番激しくて、すげぇといったらFixerという感じになってもらえたら。実力派っていうか、そこもしっかり演奏しつつ、演出、ビジュアル系というところにも手を抜かずにがっちりやっていたきいですね。

――6月15日に発売される1stフルアルバム「Fixer」について教えてください。
Aika:このアルバムは、6月15日から一般発売です。会場では先行リリースもしています。
Jey:今までの集大成ですね。今まで2年間ちょっと活動していく中で、今回レーベルに入らせていただいて新しく知っていただける人たちに向けてへの、これまでのFixerの歩みを全部バーッとひとまとめにして、リマスターや再録音もされているアルバムです。MVもついてくるベスト盤ですね。新しくFixerを知っていただく方の入り口として、改めてFixerを知ってくれっていう意味合いでジャケットもデザインしています。

――6月は2マンライブ、7月は主催ライブ、11月にはワンマンライブが控えていますね。
Korey:まずは6月23日にですね、神楽坂TRASH UP!!にて、MEABLEさんとの2マンライブガ決まってます。イヘントタイトルは「黒祭-kokusai-」というんですけど、黒いバンドが2つ集まってまさに黒い祭を行います。7月20日には高田馬場AREAで僕らがずっとやり続けている「crazy show time」というvol.3の主催をやりまして。11月10日には池袋EDGEにて「心滅の宵」というタイトルのワンマンライブを行います。新制Fixerとしての第一歩が5月12日の恵比寿club aimを舞台にしたワンマンライブだったんで、次なるステップを踏むために11月10日の池袋EDGEがあるという感じですね。今はそれに視点を向けていろいろ活動をしていくつもりです。今年一番大きい展開なので、そこに向かって地方も向けてまわるので、Fixerのことをみんなに知ってもらいワンマンで長く見たい!といかに思わせるかが僕らの勝負だと思うので。いろんな面で。

――主催ライブでは多種多様なバンドさんがいっぱいですね。
Korey:主催ではいろんなバンドさんを呼んでいます。僕ら昔から、いいバンドさんしか集めないというのは結成した当時から思ってて。主催をやるんだったら。間違いないメンツが揃っているので、いろんな人に見に来ていただきたいですね。
Jey:全バンドしっかり見て欲しいね。2マンも定期的にあるとお客さんも新鮮さが常にあるかなというという感じです。2マンはお互いが絡み合ってセッションがあったりするので、それが面白いですね。合同でチェキを撮ったりなど、普段出来ないことが2マンだと出来る感じなので。

――今後やりたいことはありますか?
優真:念願のPVは取れましたけど、大きい会場でワンマンをやりたいです。それくらい大きい会場で一早く。僕らサウンドとライブにはすごく自信があるんで、より多くのオーディエンスに大きなステージで僕らを魅せたいなという気持ちはすっげぇ強いですね。自分ら洋楽も好きで、外人さんからのフォロワーさんも多いので、海外にも視点を向けてやってみたいなと思いますね。
Jey:今は攻めるしかないだろうくらいの勢いですね。
優真:Starwave Recordsのバンドはみんないいバンドさんばかりじゃないですか。僕らが入ったことで質を落とすつもりはないんで。むしろ、いいバンドさんのいるレーベルの中だからこそ、すげぇのが入ってきたと言われるくらい、いち早くもレーベルで天下を取りたいですね。気持ちはほんとぞれくらい強いですね。

6月23日に神楽坂TRASH UP!!にて2マンライブ、7月20日に高田馬場AREAで主催ライブ、11月10日には池袋EDGEにてワンマンライブを行う彼らはこれからのStarwave Recordsの期待の星として走り続けることは間違いない。そして、2016年6月15日には1stフルアルバム [Fixer] を発売する。ビジュアル系界にどんな新しい風を巻き越していくのか!?今後の動きが非常に楽しみだ。

インタビュアー:長澤智典
TEXT:橋本美波

 

★ライブ情報★

Fixer
2016年6月23日 神楽坂TRASHUP!
MEABEL VS Fixer ツーマン「黒祭-kokusai-」
OPEN 18:30/ START 19:00
ペアチケット前売り¥3,000/ペアチケット当日3,500(D代別)
出演 MEABEL/Fixer(各バンド60分ステージ)
※チケットはペアチケットになりますのでお二人のご入場が可能です!
※コラボチェキ、コラボ撮影企画あり!
〔チケット〕
■A;Eプラス(5月21日発売開始)
http://sort.eplus.jp/sys/

■B:当日券
[入場順]A→B
※バンド予約無し

2016年7月20日 高田馬場AREA
Fixer 主催イベント「CRAZY SHOW TIME Vol.3」
Starwave Records Presents
OPEN 16:00/START 16:30
前売り ¥3,500/当日 ¥4,000 ※Drink 代別

出演 Fixer、THE BLACK SWAN、MEABEL、シュヴァルツカイン、KILLANETH、マーブルヘッド、JILUKA
[チケット]
■A;イープラスプレオーダー
[情報公開日]16/5/13(金)00:00
[受付期間]16/5/13(金)12:00~16/5/19(木)18:00
[抽選日] 16/5/20(金)
[入金期間]16/5/21(土)~16/5/23(月)
[確定日]16/5/25(水)
■B:Eプラス(一般発売日2016年6月11日10:00~)
http://sort.eplus.jp/sys/
■C:当日券
※バンド予約無し
入場順:整理番号順

2016年11月10日 池袋EDGE
Fixerワンマン「心滅の宵」
Starwave Records Presents
OPEN: 18:00 / START 18:30
前売 ¥3,500 / 当日 ¥4,000 ※Drink代別
出演:Fixer
【チケット】
■A:イープラスプレオーダー
受付期間:5/13(金)12:00~5/22(日)18:00
抽選:5/23(月)18:00
入金期間:5/24(火)13:00~5/26(木)21:00
確定日:5/28(土)
■B:Eプラス (チケット発売日2016年6月18日10:00~)
http://sort.eplus.jp/sys/
■C:当日券
※バンド予約無し
入場順:整理番号順

★リリース情報★

Fixer 1stフルアルバム [Fixer] 2016年6月15日発売

「Fixer」
型番:SWFX-1
発売元:Starwave Records
販売元:FWD Inc.
価格:3,300円(税抜き)/3,564円(税込)
仕様:16ページブックレット+CD+DVD二枚組
限定:完全限定1000枚

CD 収録曲:
1.beginning(opening)
2.Drop
3.深淵
4.F.P.D
5.shadow
6.believe
7.Decaying beauty
8.THE END
9.Black and White(prologue)
10.PARADOX
11.Libido
12.Verity
13.孤慟 -into the vortex-
14.故慟 -silence of the void-

DVD 収録曲:
1.孤慟 -into the vortex-(MV)

Official WebSite:
http://www.fixer-net.com/

ご購入方法:
オンラインショップでのご購入
http://dlonline.ocnk.net/

全国のCDショップでのお取り寄せ:
全国のCDショップにて取り寄せが可能です。
取り寄せをされる時にはお店のほうに「流通 FWD Inc.」「アーティスト名 Fixer」「タイトル名 Fixer」「型番 SWFX-1」をお伝え下さい。

About FDSM編集部 402 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。