重低音アイドルユニットのアンダービースティーが、2周年公演を実施。12月26日に新宿ReNYでワンマンライブを行うことを発表!!3年目の目標は、メジャーデビュー!!

アンビスの相性で親しまれている重低音ヴィジュアル系ロックアイドルユニットのアンダービースティーが、5月18日(水)に渋谷O-NESTを舞台に「アンダービースティー2周年記念公演」を行った。ゲストに、リーブルエール/CANDY GO!GO!が出演。アンダービースティーはトリとして45分に及ぶ熱狂のステージングを繰り広げてくれた。
 アンダービースティーは、4月25日に2ndシングル『UB TRY』を発売。その勢いを持って2周年公演をO-NESTで行い、1周年公演のときの倍の集客を記録。確実に支持を集めていることを証明してくれた。その成長ぶりを物語るように、この日、新たなライブを告知。それが12月26日(月)に新宿ReNYを舞台にワンマン公演を行うことだった。会場のキャパシティはこの日の倍。約7ヶ月という期間の中で、彼女たちが何処まで飛躍してゆくかに期待したい。

 ライブは、5曲連続ステージングというスタイルのもと,『beast』から幕を開けた。重低音轟かせ走りだした演奏の上で、5人は凛々しい歌声を突きつけた。挑む姿勢、まさにその通りだ。5人は野獣に変貌し、熱く熱く観客たちを煽り続けてゆく。こんな可愛い女獣たちなら、いくらでも痛く煽って欲しい。
ヘヴィでラウドな音を背に、一体化したダイナミックなダンスを魅力に、5人はファンたちをけしかけてゆく。激しさと嘆きの表情を重ね合わせた『Breaking Now』が、暴れるたけではない、胸にあつく滾る想いも与えていた。唸りを上げたギターリフが、情熱へ導く合図だった。5人の一体化したサビ歌から一気に熱狂のアクセルを踏み出した。『DIVISION』は、情熱的な恋心と自分たちの未来図を重ね描いた楽曲。だからこそ彼女たちの歌声が、熱く熱く気持ちを掻き立ててゆく、壊れるまで一緒に想いを重ね合わ続けようと誘いをかけるように…。
重低音効いたリズムが身体を躍動させた。場内には数多くの赤いサイリウムの光が大きく揺れている。心の奥底から沸き上がる情熱を、彼女たちは『last scene』を通しダイレクトにぶつけてきた。「どんなに離れていても繋がっているからね、あなたの側にいたいの」。込み上げる感情を放熱せずにはいれない、次々と沸き上がる愛しき想いを、5人は情熱的な歌声に乗せ心を打ちつけてきた。ドラマチックでハードな『occult propose』を通し、ファンたちに「この想いを受け止め、一緒に果てるまで走り続けられる」と告白するように。

「ついに2周年。いろんな壁を乗り越えてここにいれることを嬉しく思います。一生この5人でアンダービースティーとして進みたいと思います」(松下愛) 
「まだまだ下から野獣みたいに上を目指して這い上がろうと思います。この曲と共に私たちは這い上がろうという気持ちでやってきました」(植竹優亜)

 飛び出したのが1stシングルの『raven』だ。重低音で爆走するサウンドの上、刹那さも秘めた情熱的な歌声を、5人は荒ぶる演奏に乗せてぶつけてきた。拳と歌声に込めた熱い鼓動と情熱が、夢をつかもうとする強い意志が、触れた人たちの気持ちを野獣に変えてゆく。確かな意志を持った歌声が熱い塊となって、こちら側の気持ちも熱く熱く滾らせていく。熱した情熱は、出しきるまで昂らせないことには収まらない。むしろ、もっともっと野獣に変えて欲しい。
 最新シングル『UB TRY』を通して作りあげた熱狂のエールのやり取り。場内では全力で飛び跳ねる観客たちと同時に、拳振り上げ跳ね続ける先輩CANDY GO!GO!のメンバーらの姿も。互いに限界まで騒ぎたくて、一緒に絶頂を迎えるまで、誰もが叫び、狂い続けていたかった。
アンダービースティー PHOTO 1 (1)
「長瀬夏帆だからこそ出来ることを3年目は増やしたいと思います」(長瀬夏帆)
「アンダービースティーという存在として、これからの人生を進んでいきます。私、みんなをスマイルで癒していけたらなと思っています。絶対に凛音茜から目を離さないでください」(凛音茜)
「ロックで一番大事なのは気持ちだと思います。まだまだアンダービースティーは上にいかなきゃいけないように、気持ちの部分では絶対に負けない。私たちのロ ック魂についてきてくれますか!?」 (春乃友夢)
「1日1日を全力で走りながら、1日1日のライブを大切にしていこう思ってます。アンダービースティーが私は大好きです。みなさんが大好きです。アンダービースティーはここでは終わらせません、これからも私はアンダービースティーの松下愛として活躍していきます」(松下愛)
「1年目は、たくさんのライブを経験することを。2年目は、名前を知ってもらうのをテーマにやってきました。3年目は、メジャーデビューに大手をかけたい。それがテーマです。アンダービースティーは3年目も攻め続けていきます」(植竹優亜)

最後は、絶叫と熱狂に包まれながら。ファンたちと一緒に、5人は『スポットライト』高らかに歌いあった。ファンたちとの関係性を形にした楽曲をともに歌い、大騒ぎしながら、5人はファンたちと誓いあっていた。「一緒に上を目指そう」「一緒に夢を叶えよう」「一緒に未来を描くことで、互いに人生に喜びのスポットライトを浴びようよ」と。5人に降り注ぐ熱い熱い声援と手拍子は、そん な約束のゆびきりにも見えていた。
アンダービースティー PHOTO 3
 先にも触れたように、アンダービースティーは12月26日に新宿ReNYで通算4回目のワンマンに挑戦する。この日の2周年ライブは、一緒に大きな夢を叶えようと誓いを交わしあった日だったのかも知れない。

TEXT:長澤智典

―セットリスト―

『ビースト』
『ブレイキングナウ』
『ディビジョン』
『ラストシーン』
『オカルトプロポーズ』
『raven』
『UB TRY』
『スポットライト』

アンダービースティー Web
https://twitter.com/underbeasty?lang=ja

公式アカウント チケット予約
underbeasty.ticket@gmail.com

★CD情報★

4/25発売 アンダービースティー「UB TRY」
・限定盤(OTOR20153):\1,800(税抜)
アンダービースティー

・通常盤(OTOR20152):\1,200(税抜)
アンダービースティー PHOTO 1 (2)

★イベント情報★

<アンダービースティー 新曲シングルCD「UB TRY」発売記念ミニライブ & 特典会>
http://tower.jp/store/event/2016/05/138002
2016年05月22日(日) 14:00
タワーレコード グランツリー武蔵小杉店 店内イベントスペース
出演
アンダービースティー
参加方法
5月22日(日)14:00~
ミニライブ(観覧フリー)&特典会

イベント当日会場にて、2016年4月25日(月)発売アンダービースティー「UB TRY」ご購入いただいた方に、先着でCD1枚につき特典券を1枚差し上げます。特典券をお持ちの方には、ミニライブ終了後、特典会にご参加いただけます。

<特典会内容>
1枚ご購入… 参加メンバー全員との握手会(ループOK)
2枚ご購入… 参加メンバー記念チェキ撮影(1ショットor2ショット)
3枚ご購入… 参加メンバー全員との集合記念チェキ撮影
5枚ご購入… メンバーサイン付き記念大判ポスター1枚

特典の引換はイベント時のみ行います。イベント時以外の引換は一切行えませんので、予めご了承ください。
対象商品

★Youtube★

『UB TRY』

About FDSM編集部 925 Articles
FDSM編集部は、皆様のミュージックライフを豊かなものにすべく、良質な音楽情報を配信してまいります。